AMD EPYC 7282 詳細レビュー

2023-12-12 20:39:18

総合評価

54.7/100

(総合順位: 2037/3271)

評価項目点数
TDP
25/100
通常利用時の最大周波数
54/100
ブースト時の最大周波数
26/100
三次キャッシュ
90/100
コア数
66/100
スレッド数
66/100
総合評価54.7/100

評価レビュー

基本情報

TDP

TDPにおいてAMD EPYC 7282は120Wというデータであるといえます。全てのCPUの中でもTDPのスコア評価はまあまあ物足りない水準にあるCPUで、本サービスのレビューワーによる評価では100点中25.6点です。これは平均的なCPUより、TDPが比較的大きいと考えられそうです。

TDPが小さいCPUには、利用価値が高いメリットがあります。TDPが小さいCPUは、熱発生量が少なく、省電力性が高いため、長時間の稼働でも問題なく使えます。そこで、大規模サーバーやデータセンター等、稼働時間が長いのに静かな環境が求められる場所に最適です。また、省エネ効果が高く、企業のコスト削減にも貢献します。さらに、TDPが小さいCPUは、高いパフォーマンスを発揮するため、性能にも優れています。

TDPについて実際に使う場合AMD EPYC 7282はまあまあ低い水準にあると思われます。このCPUはオススメできません。また、TDPが重要な場合、このCPUはイマイチな選択と言うことができます。いずれにしてもTDPを考慮することは、最適な決定をする上で大きな要素と思います。ただし、絶対的とまでは保証できないことが分かります。

TDP評価
AMD EPYC 7282120W25/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数に関してAMD EPYC 7282は2.8GHzというデータであるといえます。すべてのCPUの中でも平均に位置するでしょう。これはまあまあといったレベルということができるCPUであると思われます。このCPUは、高い通常利用時の最大周波数が特筆すべき点の一つです。そのため、ユーザーに高速でスムーズな動作を提供することができます。

私が最近注目しているCPUは、通常利用時の最大周波数が非常に高いものです。このCPUを使用することで、パソコンを高いパフォーマンスで動作させることができます。特に、動画編集やゲームプレイといった高負荷な作業を行う場合に、このCPUは大きなメリットを発揮します。また、このCPUを使用することで省電力化も実現可能です。省電力化により、エコなライフスタイルを追求しているユーザーにも最適なCPUと言えます。

通常利用時の最大周波数において実際に利用する上で、AMD EPYC 7282は標準と比較して極めて似ていると感じられると言えるかもしれません。他の観点から比較する必要性がありそうと言えるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
AMD EPYC 72822.8GHz54/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数において、AMD EPYC 7282は3.2GHzというデータであるといえます。これはブースト時の最大周波数が比較的よくないでしょう。すべてのCPUの中でもブースト時の最大周波数に関する評点はまあまあ微妙なレベルにあるCPUでありKuraberu.com[クラベル]における評価では100点中26点というスコアをつけています。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、マルチタスクを効率的に実行することができます。例えば、複数のアプリを同時に動かすことができ、快適な作業環境を提供します。また、ビデオ編集や画像処理などの高度な作業にも対応できるため、クリエイターにとっても優れた選択肢となります。

この評価情報から明らかなように、ブースト時の最大周波数に関して実用的な観点から見るとAMD EPYC 7282はまあまあ物足りないレベルなCPUと言うことができます。従って、このCPUは選択肢からはずれると思います。また、このCPUはブースト時の最大周波数に配慮する人にとって微妙な選択肢と言うことができそうです。ともあれ、ブースト時の最大周波数を加味することで、より正確な決断ができると言えるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
AMD EPYC 72823.2GHz26/100

三次キャッシュ対応

AMD EPYC 7282は三次キャッシュに対応しているといえるでしょう。三次キャッシュに対応しているこのCPUは、膨大な量のデータをスムーズに処理することができます。高速かつ効率的な処理が可能であり、作業の生産性が向上します。

三次キャッシュに対応しているCPUを使用することで、処理速度と省電力性が共存できます。これは、最新のCPU設計によって実現されたものであり、高速処理と同時に電力消費量の削減が可能となりました。また、CPU温度の上昇も抑えられるため、長時間の使用にも耐えうる優れた性能を発揮します。

三次キャッシュ

三次キャッシュにおいて、AMD EPYC 7282は64MBというデータとなっています。すべてのCPUの中で三次キャッシュの点数は特に抜きん出たCPUの代表格といっても過言ではなく、本サービス上の独自評価では100点中90点をつけています。平均と比べる場合これは遥かに上位にあるCPUと言えるでしょう。このCPUの多い三次キャッシュは、処理速度に重要な影響をもたらします。多くのアプリケーションの実行に最適で、高速かつ順調に動作します。

三次キャッシュが多いCPUのもう一つのメリットは、省エネルギー性が高いことです。三次キャッシュは、CPUの中でのデータ転送回数を減らすことができるため、電力消費量を低減することができます。また、C-stateテクノロジーにより、CPUの省エネルギー性が高まります。三次キャッシュが多いCPUを使用することで、省エネルギーに配慮しながら高性能を発揮することができます。

実地的な視点から考えると三次キャッシュについてAMD EPYC 7282は断然上位にあると思います。そのためこのCPUは三次キャッシュを気にするのであれば最適の選択でしょう。

三次キャッシュ評価
AMD EPYC 728264MB90/100

コア数

コア数について、AMD EPYC 7282は16コアというデータです。弊サイトのレビューワーによるスコアは100点中66点というデータです。これは幾分かコア数が多いCPUであるといえるでしょう。多くのコア数は、このCPUが扱う大容量のデータ処理において、優れたパフォーマンスを発揮します。数多くのアプリケーションを同時に処理できるため、ワークフローの効率化に貢献するでしょう。また、著しく省エネに優れているため、業務コストの削減にも一役買うでしょう。

コア数が多いCPUのメリットは、マルチタスク処理能力が高くなることです。複数のアプリケーションを同時に起動した場合でも、処理速度が遅くなることが少なくなります。また、高負荷のゲームや3Dモデリングなどの作業を行う場合にも、スムーズな動作が期待できます。

AMD EPYC 7282は高いグレードに位置すると言うことができます。一方で絶対的とまではいえない点を考慮する必要性があると言うことができるでしょう。

コア数評価
AMD EPYC 728216コア66/100

マルチスレッド対応

AMD EPYC 7282はマルチスレッドに対応しているCPUであると言うことができます。マルチスレッドは、複数の作業を同時に行うためのものですが、このCPUはそれを完璧にサポートしています。つまり、あなたが大量のデータを処理する場合でも、スムーズに高速処理することが可能です。マルチタスクをこなすことで、生産性の向上が期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUには、複数のタスクを同時に処理できるため、処理速度が大幅に向上します。特に、ビデオ編集やゲームプレイなど、重い処理を必要とする作業においては、その効果が顕著です。また、マルチタスクで作業を効率的に行いたい場合にも、快適に作業が行えます。マルチスレッドに対応したCPUを必要とする方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

スレッド数

スレッド数においてAMD EPYC 7282は32スレッドというデータといえます。通常のCPUよりスレッド数が比較的多いCPUといえそうです。全CPUの中でも幾分か上位グレードに位置します。

この評価から分かるように、スレッド数についてAMD EPYC 7282はそこそこ高いレベルに位置すると言えます。しかし、確定的とまでは必ずしもいい切ることができないため気を付けて比べる必要があると言えます。

スレッド数評価
AMD EPYC 728232スレッド66/100

スペック

AMD EPYC 7282
画像AMD EPYC 7282
TDP120W
通常利用時の最大周波数2.8GHz
ブースト時の最大周波数3.2GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ64MB
コア数16コア
マルチスレッド対応
スレッド数32スレッド

AMD EPYC 7282 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

AMD EPYC 7282 と評価が同程度のCPUを探す

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:24MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:96MB, 三次キャッシュ:384MB, コア数:96コア, スレッド数:192スレッド

TDP:280W, 通常利用時の最大周波数:2.45GHz, ブースト時の最大周波数:3.5GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:360W, 通常利用時の最大周波数:2.25GHz, ブースト時の最大周波数:3.1GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:128コア, スレッド数:256スレッド

TDP:225W, 通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:4GHz, 三次キャッシュ:60MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

通常利用時の最大周波数:3.9GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:6MB, コア数:2コア, スレッド数:4スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報