Ryzen Threadripper PRO 7985WX 徹底評価

2023-10-23 18:03:28

総合評価

78.4/100

(総合順位: 2008/3271)

評価項目点数
TDP
9/100
通常利用時の最大周波数
69/100
ブースト時の最大周波数
88/100
二次キャッシュ
97/100
三次キャッシュ
95/100
コア数
95/100
スレッド数
95/100
総合評価78.4/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen Threadripper PRO 7985WXについて、通常利用時の最大周波数は3.2GHzとなります。すべてのCPUの中でも通常利用時の最大周波数の評価スコアはまあまあ優れたCPUで、100点中69.5点です。普通のCPUと比べる場合まあまあ有利にあるCPUでしょう。高い通常利用時の最大周波数を誇るこのCPUは、高性能なパソコンの実現に貢献するであろう。

CPUの中でも、通常利用時の最大周波数が高いものは多く開発されています。これによって、通常業務やインターネットサーフィンなどで必要以上の性能を使わず、エネルギー消費の削減にもつながります。また、最大周波数が高いということは、CPUの処理速度も速くなり、快適な作業や高負荷なアプリケーションの動作にも負けない性能を発揮します。

実際に使うことを考えると、Ryzen Threadripper PRO 7985WXは平均と比べると優秀であると感じとれると思います。このため、このCPUに決めるための一つの重要な手掛かりになるでしょう。また、このCPUは通常利用時の最大周波数を気にする人にとってオススメできると考えられそうです。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 7985WX3.2GHz69/100

ブースト時の最大周波数

Ryzen Threadripper PRO 7985WXについて、ブースト時の最大周波数は5.1GHzです。普通と比較する場合、このCPUのブースト時の最大周波数が一回り高いCPUかもしれません。専門家によるブースト時の最大周波数に関する評価点数は100点満点中88点です。このCPUの高いブースト時の最大周波数について、当社のレビューでは高い評価をつけています。その周波数は、優れたパフォーマンスを発揮し、高速かつ正確な処理を可能にするため、重要な役割を果たしています。このCPUの性能に関心がある方には、ぜひおすすめです。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、高い処理能力を持っています。これによって、多くのアプリケーションをスムーズに実行することが可能となります。また、ゲームなどの高負荷なアプリケーションにおいても、ストレスなくプレイすることができます。

ブースト時の最大周波数について実際に使用する場合Ryzen Threadripper PRO 7985WXは非常に上位グレードに位置すると言うことができるでしょう。したがって、このCPUはブースト時の最大周波数が重要な場合魅力的な選択と考えられそうです。そうでなくとも、このCPUを使用したほうがよい決め手の一つといえるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 7985WX5.1GHz88/100

二次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 7985WXは二次キャッシュに対応しているCPUとなります。当社のレビューによると、このCPUには二次キャッシュに対応しています。これにより、高速なアプリケーションの実行を促進し、処理速度を向上させることができます。

二次キャッシュ対応CPUは、処理速度を上げるだけではなく、省エネ効果にも優れています。二次キャッシュの搭載により、CPUがメインメモリにアクセスする回数が減るため、エネルギーの無駄な消費を抑えることが可能です。さらに、省エネ機能が強化されているデスクトップPCなどでは、二次キャッシュ対応CPUを搭載することで、消費電力の削減が期待できます。

二次キャッシュ

二次キャッシュについて、Ryzen Threadripper PRO 7985WXは64MBになります。これは平均と比較する場合、かなり二次キャッシュが多いといえるかもしれません。当サイトにおける独自評価では100点満点中97点となります。これは全CPUの中で最上位グレードにあります。多い二次キャッシュが搭載されたこのCPUは、高速で快適なコンピューティング環境を提供します。処理時間を短縮し、効率的な作業が可能なため、ビジネスや個人ユーザーにオススメです。

二次キャッシュが多いCPUを利用することで、クラウドコンピューティングやオンライン動画などの高負荷なアプリケーションを実行する際に、快適な体験を提供します。大容量のキャッシュメモリがあることで、読み取りと書き込みの速度が向上し、処理速度が大幅に向上します。これらのメリットを享受するために、二次キャッシュの多いCPUの使用をお勧めします。

二次キャッシュにおいて体感上の観点で言えばRyzen Threadripper PRO 7985WXは非常に上位に位置するといえるでしょう。このCPUは二次キャッシュに配慮するのであればお勧めの選択と考えられるかもしれません。このCPUが選択肢に挙がる決め手の一つになるでしょう。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 7985WX64MB97/100

三次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 7985WXは三次キャッシュに対応しているといえるでしょう。三次キャッシュに対応したこのCPUは、高速な処理だけでなく、大容量のデータを扱う際にも優れたパフォーマンスを発揮します。また、高精度な演算にも対応しており、幅広い用途に対応します。そのため、このCPUは、企業や個人のユーザーから多くの支持を得ていることが特徴です。

三次キャッシュに対応しているCPUは、ゲームや動画編集など、高負荷なアプリケーションを使用するユーザーには必要不可欠な存在です。また、無駄な処理を排除するため、CPUの動作時間も短縮され、必要以上に発熱することもありません。

三次キャッシュ

三次キャッシュについて、Ryzen Threadripper PRO 7985WXは256MBというデータです。普通よりこれは一回り勝っているCPUとなるでしょう。本サイト上の独自評価では100点満点中95点という評価点をつけています。このCPUには、多い三次キャッシュが装備されています。三次キャッシュは、CPUが高速に処理を行うために必要なコアな技術であり、このCPUは高度な処理能力を発揮できます。

三次キャッシュが多いCPUは、データの読み書き速度の向上により、ビデオ編集やバーチャルマシンの利用など、高度な処理を要するタスクにおいても高いパフォーマンスを発揮します。高速でスムーズな処理を行うことができるため、専門分野での作業や趣味での創作活動においても、ストレスを感じずに作業を続けることができます。

これらの評価情報を見ると、Ryzen Threadripper PRO 7985WXは飛び抜けて優れた水準にあるCPUであると言えるでしょう。したがって、このCPUにするための一つの決め手といえるでしょう。三次キャッシュは、判断に関する必要不可欠な手掛かりの1つになります。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 7985WX256MB95/100

コア数

コア数に関して、Ryzen Threadripper PRO 7985WXは64コアとなります。平均的なCPUより比べ物にならない程コア数が多いといえそうです。コア数に関して最上位グレードに位置するでしょう。(商品名)のCPUを使ってみた感想ですが、このCPUは多いコア数を備えており、処理能力が非常に高いです。特に、複数のプログラムを同時に使用する場合や、ビデオ編集などの処理が必要な場合には、非常におすすめです。

コア数が多いCPUのうち、特にマルチコアプロセッサは、複数のタスクを同時に処理することが可能です。これにより、セキュリティソフトウェアの実行や、モバイルデバイスのブラウジングなど、常に複数のタスクを行っているユーザーにとって、大きなメリットとなります。

Ryzen Threadripper PRO 7985WXはかなり上位グレードにあると考えることができます。したがって、このCPUを考慮する上での決め手の一つになります。コア数は、必要不可欠な存在であるでしょう。

コア数評価
Ryzen Threadripper PRO 7985WX64コア95/100

マルチスレッド対応

Ryzen Threadripper PRO 7985WXはマルチスレッドに対応していると言うことができます。マルチスレッドは、複数の作業を同時に行うためのものですが、このCPUはそれを完璧にサポートしています。つまり、あなたが大量のデータを処理する場合でも、スムーズに高速処理することが可能です。マルチタスクをこなすことで、生産性の向上が期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUには、多数のタスクを同時に実行できるため、作業効率の向上が期待できます。また、複数のアプリケーションを同時に起動しても、快適な動作が可能となります。さらに、ビデオ編集や3Dゲームなど、高負荷の作業でもストレスフリーな動作を実現できます。

スレッド数

Ryzen Threadripper PRO 7985WXに関して、スレッド数は128スレッドとなっています。平均的なCPUと比較する場合これは際立って高い水準であるCPUだとわかります。最上位に位置づけられ、得点評価は100点中95点となっています。

スレッド数に関して実際に利用する上での観点から見ると、Ryzen Threadripper PRO 7985WXは最上位にあると考えられます。このためこのCPUはスレッド数を重要視するのなら適していると言えそうです。スレッド数は商品選択に関する不可欠な基準の1つになります。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper PRO 7985WX128スレッド95/100

基本情報

TDP

Ryzen Threadripper PRO 7985WXに関するTDPは350Wです。これは普通と比較する場合極端にTDPが大きいと言えるかもしれません。すべてのCPUの中でTDPについての評価点はとても低いレベルにあるCPUです。100点中9.2点であるといえるでしょう。

TDPが小さいCPUの特長としてTDPが小さいCPUは、省エネルギー性に優れ、長時間使用する場合や待機時間が長い場合に大変有効です。また、高性能でありながら熱の発生が少ないため、冷却装置が要らず、静音性が高いのが特長です。同時に省スペース化が可能であるため、スペースに制約のある環境でも低コストで導入できます。

TDPにおいて実際に活用する場面を考えるとRyzen Threadripper PRO 7985WXは低い水準に感じられると思います。TDPを重要視する人にとっては、このCPUは全くといえるほど良くないでしょう。そうでなくとも、このCPUを選択肢の一つから除外すべきであると思います。

TDP評価
Ryzen Threadripper PRO 7985WX350W9/100

スペック

Ryzen Threadripper PRO 7985WX
画像Ryzen Threadripper PRO 7985WX
TDP350W
通常利用時の最大周波数3.2GHz
ブースト時の最大周波数5.1GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ64MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ256MB
コア数64コア
マルチスレッド対応
スレッド数128スレッド

Ryzen Threadripper PRO 7985WX の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Ryzen Threadripper PRO 7985WX と評価が同程度のCPUを探す

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:24MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:96MB, 三次キャッシュ:384MB, コア数:96コア, スレッド数:192スレッド

TDP:280W, 通常利用時の最大周波数:2.45GHz, ブースト時の最大周波数:3.5GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:360W, 通常利用時の最大周波数:2.25GHz, ブースト時の最大周波数:3.1GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:128コア, スレッド数:256スレッド

TDP:225W, 通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:4GHz, 三次キャッシュ:60MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

通常利用時の最大周波数:3.9GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:6MB, コア数:2コア, スレッド数:4スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:5MB, 三次キャッシュ:12MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報