Ryzen Threadripper PRO 7975WX 徹底評価

2023-06-04 00:54:37 (更新日時: 2023-10-23 17:10:48)

総合評価

79.8/100

(総合順位: 2003/3270)

評価項目点数
TDP
9/100
通常利用時の最大周波数
90/100
ブースト時の最大周波数
92/100
二次キャッシュ
95/100
三次キャッシュ
91/100
コア数
90/100
スレッド数
90/100
総合評価79.8/100

評価レビュー

基本情報

TDP

TDPについてRyzen Threadripper PRO 7975WXは350Wです。これはTDPがとてもイマイチな水準にあるCPUの中の一つといえるでしょう。すべてのCPUの中でも断然下位に見られ評価点数は100点中9.2点といえます。

TDPが小さいCPUの長所TDPが小さいCPUの長所として、消費電力が少ないため省エネに貢献できることが挙げられます。また、その消費電力の少なさから、パソコンの発熱も抑えられるため、静音性が高いという利点もあります。さらに、TDPが小さいCPUでも高性能な製品があるため、性能と省電力性能を両立させることができます。バッテリー駆動での使用や省電力志向のシステムに適し、環境にも優しい製品といえます。

これらの評価情報でわかるようにRyzen Threadripper PRO 7975WXはかなり下回っているCPUであることがわかります。このCPUは選択肢から取り除くべきと言えそうです。TDPを基準に考えることが、より正確な選択をすることにつながると言えるでしょう。

TDP評価
Ryzen Threadripper PRO 7975WX350W9/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen Threadripper PRO 7975WXにおける通常利用時の最大周波数において4GHzというデータになっています。これは通常利用時の最大周波数が秀でていると言えるかもしれません。全てのCPUの中でも優秀であると言えるでしょう。このCPUは、高い通常利用時の最大周波数を持っています。これにより、高負荷な作業や複数のアプリケーションを同時に使用しているときでも、スムーズで快適な動作を実現します。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリットは、作業効率が向上することです。多くの人々が普段使ってるソフトウェアは、CPUの通常利用時にあまり多くのリソースを使用しませんが、非常に人気のあるソフトウェアで何かを実行する場合には、最大周波数が高いCPUが余裕を持って処理することができます。最大周波数が高いCPUを搭載したパソコンを使用すると、作業がスムーズに行えるため、ストレスなく快適に作業を継続することができます。

この評価情報から明らかなようにRyzen Threadripper PRO 7975WXは普通よりとても優秀であると感じとれるでしょう。このためこのCPUは強力な選択肢の一つです。通常利用時の最大周波数は欠かせない手掛かりになると言えます。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 7975WX4GHz90/100

ブースト時の最大周波数

Ryzen Threadripper PRO 7975WXに関するブースト時の最大周波数については5.3GHzとなっています。全てのCPUの中でも最上位にあります。100点中92.5点をブースト時の最大周波数につけています。普通より優秀であると言えそうです。簡明で要約的な文章このCPUには、高いブースト時の最大周波数があります。これは処理速度を向上させるために重要な要素であり、高いパフォーマンスを発揮することができます。このCPUを選択することは、強力で高速な処理が必要な用途に適しています。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、エネルギー効率にも優れています。短時間で高パフォーマンスを発揮し、省エネルギーにもつながるため、環境にも優しく経済的な選択肢となります。

実際の使用において考えるとブースト時の最大周波数に関してRyzen Threadripper PRO 7975WXは一般的なCPUと比べる場合すばらしいと感じとれると思います。したがって、このCPUにする上で、一つの決め手になります。また、ブースト時の最大周波数に配慮する人にとって、このCPUは適していると考えられそうです。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 7975WX5.3GHz92/100

二次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 7975WXは二次キャッシュに対応しているCPUと言えるでしょう。ユーザーにとって重要なのは、処理速度の向上です。このCPUは、二次キャッシュに対応しているため、処理速度が向上し、快適な動作が期待できます。

二次キャッシュに対応しているCPUを使用することで、省電力が実現できます。二次キャッシュにより、CPUが必要なデータをキャッシュから取得できるため、メモリにアクセスする必要が減り、省電力につながります。このため、バッテリー駆動型のデバイスであるノートパソコンやタブレットのようなモバイルデバイスに最適です。

二次キャッシュ

Ryzen Threadripper PRO 7975WXに関する二次キャッシュについては32MBというデータになっています。全てのCPUの中で二次キャッシュについての評価得点は最も優れたCPUの代表といっても過言ではなく、スコアは100点満点中95点であると言うことができます。これは二次キャッシュがずば抜けて高い水準にあります。多い二次キャッシュが搭載されたこのCPUは、高速で快適なコンピューティング環境を提供します。処理時間を短縮し、効率的な作業が可能なため、ビジネスや個人ユーザーにオススメです。

二次キャッシュが多いCPUのメリットは、処理速度を高めることができることです。キャッシュが増えることで、CPUがデータを早く読み込め、処理がスムーズになるため、より多くのアプリケーションを高速で実行することが可能になります。また、キャッシュの容量が大きくなることで、多くのデータをプロセッサ上で保持することができます。これにより、CPUにアクセスするためのアクセス時間を短縮できるので、より高速なパフォーマンスを得ることができます。

実際の現場で考えると二次キャッシュにおいてRyzen Threadripper PRO 7975WXはかなり上位レベルに位置すると思われます。このCPUは一つの選択肢であるということが分かります。二次キャッシュは判断を下す上で必要不可欠な材料の1つになります。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 7975WX32MB95/100

三次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 7975WXは三次キャッシュに対応していると言うことができます。このCPUは、三次キャッシュに対応していることにより、大きなデータ処理も快適にこなすことができます。何らかの処理に時間がかかることが少なく、ストレスなく作業ができます。

三次キャッシュに対応しているCPUを利用することで、大量のデータを素早く処理することができます。このようなCPUは、プログラムが要求するデータをすばやく取得できるため、より高速で正確な処理が可能です。さらに、マルチタスクの実行に適しており、同時に複数のアプリケーションを使用することができます。

三次キャッシュ

三次キャッシュにおいて、Ryzen Threadripper PRO 7975WXは128MBというデータとなっています。三次キャッシュがずば抜けて凄いであることが分かります。すべてのCPUの中で最上位グレードにあります。このCPUの多い三次キャッシュは、処理速度に重要な影響をもたらします。多くのアプリケーションの実行に最適で、高速かつ順調に動作します。

三次キャッシュが多いCPUのメリットは、処理能力の向上です。三次キャッシュは、CPUに搭載されたメモリーであり、処理速度を高速化するために利用されます。三次キャッシュが多いCPUは、大量のデータの処理や複雑なアプリケーションの実行などに優れたパフォーマンスを発揮します。また、プログラムを高速に読み込むことができるため、コンピューターの応答性が改善されます。

これらの評価から明確に分かるように、三次キャッシュについていえばRyzen Threadripper PRO 7975WXは最上位グレードに位置すると言えます。このため、三次キャッシュを重視する人の場合、このCPUにした方が良いと考えることができそうです。ともあれ、三次キャッシュを見ておくことが、より的確な選択につながるでしょう。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 7975WX128MB91/100

コア数

コア数において、Ryzen Threadripper PRO 7975WXは32コアになります。これは普通のCPUと比べると、はるかに秀逸であると考えられるかもしれません。全CPUの中ではるかに上位に位置するでしょう。多くのコア数を持つこのCPUは、高い処理性能を発揮します。マルチタスクの処理や高負荷なアプリケーションでも、非常にスムーズな動作が期待できます。

コア数が多いCPUには、省エネ性にもメリットがあります。例えば、省電力設計が施されている場合、高い性能を発揮しながらも、電力消費を抑えることができます。また、高性能であるからといって、冷却ファンなどが必要な場合もありますが、省エネ設計がされている場合、冷却ファンの使用頻度も低くなり、静かで快適な環境を実現できます。

実際の使用場面を考えるとRyzen Threadripper PRO 7975WXは極端に秀でているCPUであることが分かるでしょう。そのためこのCPUを選択する際に基準の一つになるでしょう。このCPUはコア数を気にする人にとってはピッタリと言うことができそうです。

コア数評価
Ryzen Threadripper PRO 7975WX32コア90/100

マルチスレッド対応

Ryzen Threadripper PRO 7975WXはマルチスレッドに対応しているCPUとなります。マルチスレッドは、複数の作業を同時に行うためのものですが、このCPUはそれを完璧にサポートしています。つまり、あなたが大量のデータを処理する場合でも、スムーズに高速処理することが可能です。マルチタスクをこなすことで、生産性の向上が期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUを搭載したパソコンは、マルチタスクに優れた快適な作業環境を提供できます。たとえば、複数のウィンドウを同時に開いても、動作が遅くなることなく素早く切り替えることができます。また、ビデオストリーミングやゲームなども高速かつ安定して再生できます。

スレッド数

スレッド数について、Ryzen Threadripper PRO 7975WXは64スレッドです。平均的なCPUと比較する場合これは際立って高い水準であるCPUだとわかります。最上位に位置づけられ、得点評価は100点中90点となっています。

この評価から明確なように、スレッド数についてRyzen Threadripper PRO 7975WXは非常に高いグレードに位置すると思います。そのためスレッド数にこだわる人の場合このCPUを選択した方がいいと考えることができるかもしれません。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper PRO 7975WX64スレッド90/100

スペック

Ryzen Threadripper PRO 7975WX
画像Ryzen Threadripper PRO 7975WX
TDP350W
通常利用時の最大周波数4GHz
ブースト時の最大周波数5.3GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ32MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB
コア数32コア
マルチスレッド対応
スレッド数64スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報