Ryzen Threadripper PRO 7965WX 評価

2023-10-23 18:32:50

総合評価

77.5/100

(総合順位: 2010/3271)

評価項目点数
TDP
9/100
通常利用時の最大周波数
95/100
ブースト時の最大周波数
92/100
二次キャッシュ
90/100
三次キャッシュ
91/100
コア数
82/100
スレッド数
82/100
総合評価77.5/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen Threadripper PRO 7965WXに関する通常利用時の最大周波数については4.2GHzになります。通常利用時の最大周波数という角度から考えると、全CPUの中でも優秀といえるでしょう。典型的なCPUと比べる場合、このCPUの飛び抜けて通常利用時の最大周波数が高いCPUとなるかもしれません。このCPUは高い通常利用時の最大周波数を誇っており、処理速度が非常に速いです。しかも、その安定性は非常に高く、熱暴走の心配もありません。

通常利用時の最大周波数が高いCPUは、日常的なアプリケーションやタスクにおいて快適な使用感を提供します。特に高速な処理能力が求められる作業においては、その恩恵が一層顕著に現れます。長時間の作業や、大量のデータを扱う場合でもストレスなく行うことができ、生産性の向上にも繋がります。

この評価からわかるように、通常利用時の最大周波数についてRyzen Threadripper PRO 7965WXははるかに上回っているCPUと言えます。このためこのCPUを考えるべき一つの決め手といえそうです。通常利用時の最大周波数を検討することはより賢明な選択を下す上で欠かせない判断材料といえるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 7965WX4.2GHz95/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数についてRyzen Threadripper PRO 7965WXは5.3GHzというデータとなっています。一般的なCPUと比べると秀逸であるCPUと言えます。全てのCPUの中で最上位水準と言えます。第一のパターン: このCPUの高いブースト時の最大周波数は驚くべき性能を持っています。ユーザーは、この高性能CPUの恩恵を受け、より高速な処理を実現することができます。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、マルチタスク処理にも有利です。たとえば、複数のプログラムを同時に実行する際には、CPUへの負荷がかかりますが、高性能なCPUであれば、それらの処理をスムーズに行えます。さらに、高周波数により、ビデオや音楽のエンコードなど、高度な仕事をより短時間でこなすことができます。

実際の使用においてはブースト時の最大周波数に関してRyzen Threadripper PRO 7965WXは体感的にいって、比べ物にならないくらい高い水準といえそうです。したがって、このCPUを考える上で、一つの重要なヒントとなります。また、ブースト時の最大周波数を気にする場合、このCPUを選択したほうがいいと考えられるかもしれません。ともあれブースト時の最大周波数で比較することが、最適な選択をすることにつながると言えるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 7965WX5.3GHz92/100

二次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 7965WXは二次キャッシュに対応しているCPUとなります。二次キャッシュに対応することで、このCPUは高速な処理を可能にします。さらに、難しい作業やマルチタスクにも対処し、生産性の向上に繋がります。

二次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、高速処理が可能になることです。二次キャッシュは、CPUが処理する際に頻繁に使用されるデータを一時的に保存するための領域で、CPUが必要なデータをすばやく取得して処理を開始できるようになります。これにより、CPUの処理能力が向上し、ビジネスアプリケーションやゲームなどの多くのアプリケーションをよりスムーズに実行することができます。

二次キャッシュ

Ryzen Threadripper PRO 7965WXについて、二次キャッシュは24MBというデータであるといえます。通常と比べると、これは際立って抜きん出ていると言えるCPUだと分かります。すべてのCPUの中で二次キャッシュの点数評価は際立って抜きん出ているCPUの代表です。得点は100点満点中90点であると言うことができます。このCPUの多い二次キャッシュは、高速処理をサポートします。高いパフォーマンスを求める方にはおすすめです。また、大容量のデータ処理にも適しています。

二次キャッシュが多いCPUのメリットは、高速な処理が可能になることです。CPUは、プログラムやデータを扱うときに、データをメモリで保持する必要がありますが、二次キャッシュが多いCPUは、大量のデータを高速に処理できるため、処理速度が向上します。また、アプリケーションの起動やファイルの読み込みがスムーズになることも特徴です。

二次キャッシュについて実用性を最優先するならばRyzen Threadripper PRO 7965WXは飛びぬけて上位に位置するといえるでしょう。このCPUは一つの有力な候補に加えるべきであると言えます。このCPUは二次キャッシュにこだわるなら魅力的な選択と考えられるかもしれません。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 7965WX24MB90/100

三次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 7965WXは三次キャッシュに対応しているといえるでしょう。このCPUは、三次キャッシュに対応していることで、省電力化が果たせます。処理速度を維持しながら電力消費を抑えることができ、高性能とエコの両立ができる優れた製品です。

三次キャッシュに対応しているCPUは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでも優れた性能を発揮します。三次キャッシュによって、高速なアプリケーション起動や高速なデータ処理が可能なため、モバイルデバイスでもストレスなく作業ができます。また、低消費電力で効率的な処理ができるため、バッテリーの持ち時間も延長されます。

三次キャッシュ

Ryzen Threadripper PRO 7965WXにおいて、三次キャッシュは128MBというデータであるといえます。平均より、ひときわ三次キャッシュは多いと考えられるかもしれません。100点満点中91.7点を三次キャッシュにつけています。これはすべてのCPUの中で抜きん出ていると言うことができます。このCPUの多い三次キャッシュは非常に優れています。高速な処理能力が期待でき、複雑なタスクにも対応可能です。また、省エネルギー性にも優れているため、環境にも優しいCPUです。

三次キャッシュが多いCPUのメリットはいくつかあります。まず第一に、アプリケーションの速度が向上します。三次キャッシュは、CPUのメモリの一種で、キャッシュの中でも最も大きく、遅延時間が短いため、CPUが必要なデータをより早く取得できるためです。そのため、アプリケーションの読み込み速度が高速化し、スムーズな動作が期待できます。次に、多くのデータを同時に処理できるため、大量の計算を必要とするアプリケーションでも、高速化が期待できます。最後に、CPUの処理負荷が低減されるため、省エネにもつながります。このように、三次キャッシュが多いCPUは、高速処理や省エネに優れることがメリットとして挙げられます。

これらの評価で明白に分かるように、三次キャッシュという点に関して実用上の点で言えばRyzen Threadripper PRO 7965WXは比較にならないくらい勝っているCPUであることが分かります。そのため、このCPUを選んだほうがよい大きなポイントの一つになるでしょう。また、このCPUは三次キャッシュを重要視するのであればお勧めの選択肢と考えることができそうです。三次キャッシュは、不可欠な要素の1つになります。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 7965WX128MB91/100

コア数

Ryzen Threadripper PRO 7965WXに関して、コア数は24コアというデータであるといえます。典型的なCPUと比べる場合このCPUのコア数が比較にならないくらい多いCPUとなるでしょう。すべてのCPUの中でもコア数における評価点は比較にならないくらい優位にあるCPUのひとつで、本サイトの得点は100点満点中82点というデータです。このCPUの多いコア数について、私たちのメディアでは高く評価しています。コア数が多いほど、複雑なタスクを効率的に処理できるため、パフォーマンスが向上します。また、将来的なアップグレードや拡張にも対応しやすくなります。

コア数が多いCPUは、動画編集や3Dゲームなど、処理が多いアプリケーションの実行に最適です。処理速度が速くなるため、作業時間が短縮できるだけでなく、高クオリティな作品を制作することができます。また、ビジネス用途でも効率的に作業することができます。

これらの評価情報から分かるように、実際の使用上のことを考えると、コア数に関してRyzen Threadripper PRO 7965WXは上位と言うことができるでしょう。このCPUにするうえで、一つの決め手といえるかもしれません。また、このCPUはコア数を重要視する人にとっておすすめの選択と考えられるかもしれません。ともあれ、コア数で比較することは、最適な決断を下す上で欠かせない材料といえるでしょう。

コア数評価
Ryzen Threadripper PRO 7965WX24コア82/100

マルチスレッド対応

Ryzen Threadripper PRO 7965WXはマルチスレッドに対応しているCPUとなります。マルチスレッドは、複数の作業を同時に行うためのものですが、このCPUはそれを完璧にサポートしています。つまり、あなたが大量のデータを処理する場合でも、スムーズに高速処理することが可能です。マルチタスクをこなすことで、生産性の向上が期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUのメリットは、複数のタスクを同時に実行できることです。例えば、動画編集ソフトを使用しているときに、動画のレンダリングと同時に他の作業をすることができます。これによって、作業効率が大幅に向上し、時間を節約できます。また、マルチスレッドに対応しているCPUは、ゲームプレイ時にも優れたパフォーマンスを発揮します。これは、複数の処理を同時に行うことができるため、ゲームの高いグラフィックや処理能力を要求する場合にも対応できるからです。

スレッド数

Ryzen Threadripper PRO 7965WXに関して、スレッド数は48スレッドとなっています。これはスレッド数が勝っています。スレッド数に関してすべてのCPUの中でも上位20%以内に位置し、スコアは100点中82点となっています。

実際の利用を想定したときRyzen Threadripper PRO 7965WXははるかに抜きん出ているCPUです。このCPUはスレッド数を重視するのならぴったりな選択肢と考えることができます。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper PRO 7965WX48スレッド82/100

基本情報

TDP

Ryzen Threadripper PRO 7965WXに関するTDPについて350Wとなっています。すべてのCPUの中でも最低グレードに位置するでしょう。これはTDPが特に飛びぬけて大きいCPUのひとつです。

低消費電力による省エネは、現代のPCシステムにおいて必要不可欠な要素です。TDPが小さいCPUは、低消費電力を実現する上で重要な役割を果たしています。省エネの効果により、コスト削減やエコロジーへの貢献につながるなど、社会的にも非常に有益な製品です。

実際に使うことを考えるとTDPに関してRyzen Threadripper PRO 7965WXは基本的なCPUと比較する場合とてもよくないと感じとれるでしょう。従って、このCPUはオススメしないです。このCPUはTDPを優先するのであればイマイチな選択肢と言えそうです。

TDP評価
Ryzen Threadripper PRO 7965WX350W9/100

スペック

Ryzen Threadripper PRO 7965WX
画像Ryzen Threadripper PRO 7965WX
TDP350W
通常利用時の最大周波数4.2GHz
ブースト時の最大周波数5.3GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ24MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB
コア数24コア
マルチスレッド対応
スレッド数48スレッド

Ryzen Threadripper PRO 7965WX の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Ryzen Threadripper PRO 7965WX と評価が同程度のCPUを探す

通常利用時の最大周波数:3.4GHz, ブースト時の最大周波数:5.6GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:24MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:96MB, 三次キャッシュ:384MB, コア数:96コア, スレッド数:192スレッド

TDP:280W, 通常利用時の最大周波数:2.45GHz, ブースト時の最大周波数:3.5GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:360W, 通常利用時の最大周波数:2.25GHz, ブースト時の最大周波数:3.1GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:128コア, スレッド数:256スレッド

TDP:225W, 通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:4GHz, 三次キャッシュ:60MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報