Ryzen Threadripper 7980X 徹底評価

2023-10-23 19:28:06

総合評価

78.4/100

(総合順位: 2009/3271)

評価項目点数
TDP
9/100
通常利用時の最大周波数
69/100
ブースト時の最大周波数
88/100
二次キャッシュ
97/100
三次キャッシュ
95/100
コア数
95/100
スレッド数
95/100
総合評価78.4/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen Threadripper 7980Xの通常利用時の最大周波数について3.2GHzとなります。すべてのCPUの中でも通常利用時の最大周波数の点数評価は割と抜きん出たCPUであり得点評価は100点満点中69.5点と言えます。通常と比較すると抜きん出ていると言うことができるCPUであると思います。高い通常利用時の最大周波数を持つこのCPUは、高性能な処理能力を誇ります。多くのアプリケーションや作業に対応できるため、多忙なビジネスマンやクリエイターにおすすめです。安定した動作をするため、作業効率の向上が期待できます。

通常利用時の最大周波数が高いCPUを搭載したPCは、高速な処理性能が得られるため、作業効率が向上します。多くのビジネスマンやクリエイターが、PC選びの際にCPUの性能を重視しています。CPUの最大周波数が高いと、プログラムの起動時間が速くなり、データの読み込み速度も早くなります。

この評価で明確なように通常利用時の最大周波数についてRyzen Threadripper 7980Xはまあまあ優れた水準にあるCPUであるといえます。このCPUを一つの候補に考慮すべきです。通常利用時の最大周波数を気にするなら、このCPUが最適と考えることができそうです。通常利用時の最大周波数は、大きな基準になるといえるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper 7980X3.2GHz69/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数について、Ryzen Threadripper 7980Xは5.1GHzというデータになっています。これは通常のCPUと比べる場合極端にブースト時の最大周波数が高いと考えられそうです。ブースト時の最大周波数における評価スコアは100点中88点というデータです。中立的で的確な文章このCPUで最高のブースト時の最大周波数は、その性能において重要な要素です。高い周波数は処理速度を確保し、高いパフォーマンスを発揮することができます。そのため、このCPUに関する評価を行う際には高い周波数を考慮する必要があります。

ブースト時の最大周波数が高いCPUには、高い処理能力があるというメリットがあります。より高速で応答することができるため、メインストリームのアプリケーションやゲームを実行する際に多くの利益を生むことが期待されます。さらに、CPUの負荷が高い場合でも、スロットリングが発生することが少なく、よりパフォーマンスを発揮することができます。

この評価から明らかであるようにRyzen Threadripper 7980Xはとても優れているCPUです。このCPUはブースト時の最大周波数に注目するのであれば適していると考えられるかもしれません。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper 7980X5.1GHz88/100

二次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper 7980Xは二次キャッシュに対応していると言えます。当社のレビューによると、このCPUには二次キャッシュに対応しています。これにより、高速なアプリケーションの実行を促進し、処理速度を向上させることができます。

二次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、処理速度が飛躍的に向上することです。二次キャッシュは、主記憶装置が遅くなる際にデータを一時的に保持するための高速なストレージです。このような装置を持つCPUは、高速な演算処理をすることができます。効果を実感するためには、メモリクロック速度やFPU性能とのバランスが重要です。

二次キャッシュ

二次キャッシュに関してRyzen Threadripper 7980Xは64MBというデータとなっています。これは標準と比較する場合優れているでしょう。全CPUの中で上位20%以内に位置づけられます。当サイトの専門家による評点は100点満点中97点であるといえます。このCPUの多い二次キャッシュは、質の高さと処理速度を支えています。特に、多くのマルチタスクやプログラムの同時実行を必要とするユーザーにとって、このCPUは優れた性能を発揮し、生産性を向上させることができます。

高い二次キャッシュ容量を持つCPUは、大量のデータ処理や3Dグラフィックスを扱う場合にも威力を発揮します。CPUの内部キャッシュメモリが増加することで、外部メモリへの頻繁なアクセスが減り、高速で開発作業に打ち込むことができます。さらに、CPUの寿命も長くなり、継続して高性能な処理を行うことができます。

これらの評価で分かるように二次キャッシュにおいてRyzen Threadripper 7980Xは極端に勝っているCPUであるということが分かるでしょう。したがってこのCPUを有力選択肢に考慮すべきです。このCPUは二次キャッシュを気にするのならぴったりな選択肢でしょう。ともあれ二次キャッシュは大きな手掛かりの1つになるでしょう。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper 7980X64MB97/100

三次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper 7980Xは三次キャッシュに対応していると言うことができます。三次キャッシュに対応したこのCPUは、処理速度において優れた性能を発揮します。さらに、省エネ機能も備えており、電力消費量を抑えながら高速な処理が可能です。そのため、このCPUは、省エネルギーに配慮しつつ、高速処理を必要とするユーザーから支持されています。

三次キャッシュに対応しているCPUは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでも優れた性能を発揮します。三次キャッシュによって、高速なアプリケーション起動や高速なデータ処理が可能なため、モバイルデバイスでもストレスなく作業ができます。また、低消費電力で効率的な処理ができるため、バッテリーの持ち時間も延長されます。

三次キャッシュ

三次キャッシュにおいて、Ryzen Threadripper 7980Xは256MBというデータとなっています。当サイト上の得点は100点中95点です。これは三次キャッシュがひときわ優秀であると思われます。このCPUは多い三次キャッシュを搭載しており、高速な処理能力が期待できます。また、省エネルギー性にも優れており、消費電力を抑えながら高いパフォーマンスを発揮します。

パターン1: 三次キャッシュが多いCPUのメリットとして、プロセッサの処理速度が向上し、大容量ファイルの読み込みがスムーズになります。更に、マルチタスク処理にも適しており、同時に複数のプログラムを実行しても処理速度の低下を抑えることが可能です。

三次キャッシュにおいて実際に使用する場合には、Ryzen Threadripper 7980Xは最上位にあると言うことができます。このCPUにするための決め手の一つになります。三次キャッシュは商品を選択する上で欠かせないヒントになります。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper 7980X256MB95/100

コア数

Ryzen Threadripper 7980Xに関するコア数は64コアというデータです。これは比較にならないくらいコア数が秀逸であるCPUの中の一つといえるでしょう。コア数を見てみると全CPUの中で最上級に位置づけられます。コア数が多いこのCPUは、処理速度に優れています。複数のタスクを同時に実行する場合でも、スムーズな作業が可能です。また、ゲームなどの高負荷アプリケーションでも安定して動作し、快適な使用感が得られます。

コア数が多いCPUのメリットは、複数の処理を同時に行うことができることです。これにより、複数のアプリケーションを同時に実行したり、複雑な作業を効率的にこなしたりすることが可能となります。また、コア数が多いCPUは高速処理が可能であるため、高負荷のゲームや動画編集などにも最適です。

コア数の点でいえば、Ryzen Threadripper 7980Xはとても優位にあるCPUであると言うことができるでしょう。このためこのCPUは有力選択肢の一つということが分かります。コア数を基準に考えることでより賢明な選択を下すことができると言えます。

コア数評価
Ryzen Threadripper 7980X64コア95/100

マルチスレッド対応

Ryzen Threadripper 7980Xはマルチスレッドに対応しているといえるでしょう。このCPUは、マルチスレッドに対応しています。CPUがマルチスレッドに対応しているということは、複数のタスクを同時に処理することができます。このCPUなら、複雑な処理や多重タスクにも対応できるので、快適なパソコンライフを送ることができます。

マルチスレッドに対応しているCPUは、複数のタスクを同時に処理することができるため、効率的な作業が可能です。また、マルチタスクに必要な処理能力を向上させることができるため、時間の短縮につながります。

スレッド数

Ryzen Threadripper 7980Xのスレッド数は128スレッドとなっています。全CPUの中でひときわ勝っていると考えることができるかもしれません。これはスレッド数がひときわ勝っていると考えることができるかもしれません。

この評価から明確なように、スレッド数についてRyzen Threadripper 7980Xは非常に高いグレードに位置すると思います。従ってスレッド数を重視したいならこのCPUは最適といえるかもしれません。ともあれ、スレッド数で比較することでより賢明な判断を下せると思います。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper 7980X128スレッド95/100

基本情報

TDP

Ryzen Threadripper 7980Xに関するTDPは350Wです。これは普通と比較する場合極端にTDPが大きいと言えるかもしれません。すべてのCPUの中でTDPについての評価点はとても低いレベルにあるCPUです。100点中9.2点であるといえるでしょう。

TDPが小さいCPUのメリットは、静音性と冷却性能が優れていることです。TDPが小さいCPUは、低発熱のため、クーラーの性能に依存せずに冷却することができます。これにより、ファンの騒音が抑えられ、非常に静音で快適に使用することができます。また、省電力性が高いため、電気代の節約にもつながります。

実際に使う場面で、Ryzen Threadripper 7980Xはとても物足りないレベルにあるCPUであるということが分かります。そのためTDPが重要な場合このCPUを選択するべきではないと考えられそうです。このCPUを選択するべきではない一つの着目すべき理由となります。ともあれ、TDPは商品決定に関する必要不可欠なヒントの1つになると思います。

TDP評価
Ryzen Threadripper 7980X350W9/100

スペック

Ryzen Threadripper 7980X
画像Ryzen Threadripper 7980X
TDP350W
通常利用時の最大周波数3.2GHz
ブースト時の最大周波数5.1GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ64MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ256MB
コア数64コア
マルチスレッド対応
スレッド数128スレッド

Ryzen Threadripper 7980X の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Ryzen Threadripper 7980X と評価が同程度のCPUを探す

通常利用時の最大周波数:3.4GHz, ブースト時の最大周波数:5.6GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:3.4GHz, ブースト時の最大周波数:5.6GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:24MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:96MB, 三次キャッシュ:384MB, コア数:96コア, スレッド数:192スレッド

TDP:280W, 通常利用時の最大周波数:2.45GHz, ブースト時の最大周波数:3.5GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:360W, 通常利用時の最大周波数:2.25GHz, ブースト時の最大周波数:3.1GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:128コア, スレッド数:256スレッド

TDP:225W, 通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:4GHz, 三次キャッシュ:60MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報