Ryzen Threadripper 7960X レビュー

2023-10-23 14:32:44

総合評価

77.5/100

(総合順位: 2011/3271)

評価項目点数
TDP
9/100
通常利用時の最大周波数
95/100
ブースト時の最大周波数
92/100
二次キャッシュ
90/100
三次キャッシュ
91/100
コア数
82/100
スレッド数
82/100
総合評価77.5/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数において、Ryzen Threadripper 7960Xは4.2GHzというデータになっています。全てのCPUの中で素晴らしく上位にあると言うことができるでしょう。普通と比べると、このCPUの相当通常利用時の最大周波数は高いCPUと言えそうです。当メディアでは、このCPUの高い通常利用時の最大周波数について評価しました。結果として、他のCPUと比較しても優秀な性能を発揮していることが確認できました。高負荷なタスクでも、快適に作業が行えることが利点です。

CPUはパソコンの性能に直結する大切なパーツの一つですが、通常利用時の最大周波数が高いCPUはメリットがあります。その最大周波数が高いため、快適な使用感や高速な処理を実現することができます。また、高いクロック数があることで、プログラムの起動やサーバーの負荷にも耐えることができます。

実際的な意味合いで考えると、通常利用時の最大周波数に関してRyzen Threadripper 7960Xは体感上かなり優れた水準にあると思います。このCPUは通常利用時の最大周波数に注目する人にとってはオススメと考えられるかもしれません。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper 7960X4.2GHz95/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数について、Ryzen Threadripper 7960Xは5.3GHzとなります。これは通常のCPUと比べる場合極端にブースト時の最大周波数が高いと考えられそうです。ブースト時の最大周波数における評価スコアは100点中92.5点というデータです。当社が今回レビューするCPUは、高いブースト時の最大周波数に関して優れた性能を持っています。このCPUは先進的な技術が取り入れられており、高速処理が可能となっています。多くのアプリケーションにおいて、優れたパフォーマンスを発揮することが期待されます。

ブースト時の最大周波数が高いCPUには、高いパフォーマンスが期待できます。多くのアプリケーションでは、CPUが高速動作することで応答が向上し、作業効率が向上します。また、ゲーミングや3Dグラフィックスにおいても、高い周波数が処理性能を向上させ、よりリッチな映像や音声を楽しむことができます。

この評価情報から明らかであるようにブースト時の最大周波数について実際の使用場面を考えるとRyzen Threadripper 7960Xは標準より素晴らしいと感じると思います。このCPUに着目する方が良い一つの決め手となります。ブースト時の最大周波数は、商品決定に関する不可欠な基準の1つになります。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper 7960X5.3GHz92/100

二次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper 7960Xは二次キャッシュに対応しているといえるでしょう。このCPUは、二次キャッシュに対応しています。二次キャッシュとは、CPU内部にある短期的なメモリーであり、処理速度の向上が期待できます。このCPUを選ぶことで、より高速なパフォーマンスを実現することができます。

二次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、処理速度が飛躍的に向上することです。二次キャッシュは、主記憶装置が遅くなる際にデータを一時的に保持するための高速なストレージです。このような装置を持つCPUは、高速な演算処理をすることができます。効果を実感するためには、メモリクロック速度やFPU性能とのバランスが重要です。

二次キャッシュ

二次キャッシュにおいてRyzen Threadripper 7960Xは24MBというデータといえます。通常と比べる場合、このCPUの二次キャッシュはかなり多いCPUと言えるでしょう。全CPUの中で二次キャッシュの評価点数は最も優れたCPUの一つといっても過言ではなく、本サービス上の独自評価では100点中90点であると言えます。このCPUの多い二次キャッシュは、処理速度を大幅に向上させます。特に、複数のアプリケーションを同時に使用する場合には、その効果が顕著に現れます。このCPUは多くの方々にお勧めできる製品です。

二次キャッシュが多いCPUのメリットの一つは、処理の高速化が容易になることです。CPUが処理するデータの大部分は二次キャッシュによって格納されるため、高速にアクセスできるようになります。これにより、CPUの動作速度が維持され、アプリケーションの起動速度が向上します。

二次キャッシュに関してRyzen Threadripper 7960Xはひときわ秀でているCPUということが分かります。このCPUを判断するうえで決め手の一つとなるでしょう。またこのCPUは二次キャッシュを重要視するなら採用すべきと言うことができそうです。ともあれ二次キャッシュを基準に考えることはより正確な決断をする上で不可欠な要素と思います。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper 7960X24MB90/100

三次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper 7960Xは三次キャッシュに対応しているといえます。このCPUは、三次キャッシュに対応しているため、高速な処理が可能です。さまざまな用途に利用する場合でも、効率的に動作するために最適です。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、高速処理が可能であることです。CPUが3つのキャッシュメモリを持っているため、データを高速に受け取り、効率的に処理することができます。また、処理速度が向上するため、アプリケーションの起動時間が短縮され、快適な作業環境が提供されます。

三次キャッシュ

三次キャッシュにおいてRyzen Threadripper 7960Xは128MBというデータです。全CPUの中で三次キャッシュに関するスコア評価はずば抜けて秀でているCPUの代表といっても過言ではなく、当サイト上では100点満点中91.7点という得点評価を三次キャッシュにつけています。通常より秀でているCPUと思われます。多い三次キャッシュを搭載したこのCPUは、非常に快適な使用感を提供してくれます。また、高速処理が求められるタスクにおいても、高い効果を発揮します。

近年、三次キャッシュが多いCPUが注目を集めています。その理由は、三次キャッシュが多いCPUが持つ優れた性能と機能にあります。三次キャッシュが多いCPUを使用することで、大量のデータを扱う際の処理時間を短縮することができ、高速・高品質な処理が可能となります。そのため、ビジネスマンやクリエイターなど、高度な処理能力を必要とするユーザーにおいて、三次キャッシュが多いCPUは欠かせない存在となっているのです。また、三次キャッシュが多いCPUは省エネルギー性に優れているため、負荷がかかる処理を行う際にも消費電力が抑えられます。このため、長時間の使用においても省エネルギー化が果たせるため、エコロジー志向のユーザーにもオススメです。

三次キャッシュにおいてRyzen Threadripper 7960Xはかなり上位グレードといえます。そのため、このCPUは三次キャッシュに注目する人にとって採用すべきと思われます。このCPUは一つの強力な選択肢になるでしょう。いずれにしても、三次キャッシュを検討することで、最適な決定を下すことができると言えます。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper 7960X128MB91/100

コア数

コア数において、Ryzen Threadripper 7960Xは24コアになります。コア数が優位にあります。最高水準にあります。このCPUの多いコア数は、処理能力に大きな影響を与えます。コア数が多いほど、複数のタスクを同時に処理することができ、より高速なパフォーマンスを実現できます。しかし、コア数が多いほど消費電力も増加するため、バランスを考えた選択が求められます。

コア数が多いCPUには、データの処理スピードが向上するため、大量のデータ処理を短時間で行うことが可能です。特に、ビジネスシーンにおいては、多くのデータを扱うことが多いため、作業効率を高めるためにもコア数が多いCPUは有利と言えます。さらに、動画の編集や3Dグラフィックスの作成など、クリエイティブな作業にも役立ちます。

これらの評価情報から分かるように、実際の使用上のことを考えると、コア数に関してRyzen Threadripper 7960Xは上位と言うことができるでしょう。そのためコア数が重要な場合このCPUはおすすめの選択肢と考えられそうです。いずれにしても、コア数は欠かせないヒントになると言えます。

コア数評価
Ryzen Threadripper 7960X24コア82/100

マルチスレッド対応

Ryzen Threadripper 7960Xはマルチスレッドに対応しているということができます。このCPUはマルチスレッドに対応しているため、多くのタスクを同時に処理することができます。そのため、パフォーマンスの向上が期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUは、複数のタスクを同時に処理することができるため、効率的な作業が可能です。また、マルチタスクに必要な処理能力を向上させることができるため、時間の短縮につながります。

スレッド数

スレッド数においてRyzen Threadripper 7960Xは48スレッドです。全てのCPUの中でもスレッド数の評価スコアは特に抜きん出たCPUの中のひとつであり100点満点中82点という評価点をスレッド数につけています。スレッド数が最高レベルで多いCPUの代表的存在であるといえます。

体感上にはRyzen Threadripper 7960Xはかなり高いレベルに位置づけられると言えます。したがってこのCPUはスレッド数を優先する人の場合お勧めの選択肢と考えることができそうです。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper 7960X48スレッド82/100

基本情報

TDP

TDPについてRyzen Threadripper 7960Xは350Wです。これは通常より、劣っているでしょう。すべてのCPUの中でTDPにおける点数は非常に劣っているCPUで、100点中9.2点をつけています。

TDPが小さいCPUの魅力に、高い性能が挙げられます。TDPが小さいCPUは、省電力性があるだけでなく、クロック数やキャッシュの量など、性能面でも優れています。それにより、高速処理・高負荷の作業にも対応することができ、パフォーマンスの向上が期待できます。

実際に使用する場合に考えると、TDPにおいてRyzen Threadripper 7960Xはかなり低いレベルなCPUであることがわかります。そのため、このCPUはTDPにこだわるならイマイチな選択と言えるかもしれません。TDPは、欠かせない意味を与えると言えるでしょう。

TDP評価
Ryzen Threadripper 7960X350W9/100

スペック

Ryzen Threadripper 7960X
画像Ryzen Threadripper 7960X
TDP350W
通常利用時の最大周波数4.2GHz
ブースト時の最大周波数5.3GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ24MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB
コア数24コア
マルチスレッド対応
スレッド数48スレッド

Ryzen Threadripper 7960X の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Ryzen Threadripper 7960X と評価が同程度のCPUを探す

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:20MB, 三次キャッシュ:24MB, コア数:14コア, スレッド数:20スレッド

通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:20MB, 三次キャッシュ:24MB, コア数:14コア, スレッド数:20スレッド

通常利用時の最大周波数:3.4GHz, ブースト時の最大周波数:5.6GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:3.4GHz, ブースト時の最大周波数:5.6GHz, 二次キャッシュ:28MB, 三次キャッシュ:33MB, コア数:20コア, スレッド数:28スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:4GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:32コア, スレッド数:64スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:64MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

TDP:350W, 通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:96MB, 三次キャッシュ:384MB, コア数:96コア, スレッド数:192スレッド

TDP:280W, 通常利用時の最大周波数:2.45GHz, ブースト時の最大周波数:3.5GHz, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報