Core i7 14700KF 徹底評価

2023-06-04 01:36:51 (更新日時: 2023-10-17 22:06:25)

総合評価

79.3/100

(総合順位: 2006/3270)

評価項目点数
通常利用時の最大周波数
76/100
ブースト時の最大周波数
95/100
二次キャッシュ
92/100
三次キャッシュ
75/100
コア数
74/100
スレッド数
62/100
総合評価79.3/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数においてCore i7 14700KFは3.4GHzとなっています。これは通常利用時の最大周波数がそれなりに秀逸であると考えられそうです。全CPUの中でも通常利用時の最大周波数の得点評価はそれなりに抜きん出たCPUで、専門家による独自評価では100点満点中76.1点をつけています。このCPUの高い通常利用時の最大周波数について評価します。性能が求められる作業においては、高い周波数を必要とする場合がありますが、このCPUは通常利用時でも高い周波数を維持し、スムーズな作業が行える点でおすすめです。それに加え、省エネルギー性にも優れており、環境にも配慮できる点が魅力的です。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリットは、処理速度が非常に向上することです。通常のタスクも非常にスムーズに実行できるため、ユーザーエクスペリエンスが大きく向上します。また、多くのアプリケーションやゲームにおいて、高速な処理が求められるため、このようなCPUは非常に重要な存在となっています。

実際に使うことを考えると、Core i7 14700KFは割と勝っています。一方で、決定的とまではいい切れない点を留意する必要性があると言えます。

通常利用時の最大周波数評価
Core i7 14700KF3.4GHz76/100

ブースト時の最大周波数

Core i7 14700KFに関して、ブースト時の最大周波数は5.6GHzというデータです。すばらしいです。これは一般的なCPUと比べる場合ブースト時の最大周波数は際立って高いといえます。味わい深く緻密な文章このCPUの高いブースト時の最大周波数は、使用者にとって非常に有益です。高速処理を可能にし、処理速度を向上させます。そのため、このCPUを選択することは優れた選択肢の一つであり、強力で快適なパフォーマンスが期待できます。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、パソコンやタブレット、スマートフォンなどのデバイスにおいて、高い処理速度を実現するために欠かせない要素です。多くのユーザーにとって、高速な動作や快適な処理が何よりも重要であるため、ブースト時の最大周波数の高いCPUは、非常に重要なメリットを持っています。

この評価情報から明らかであるようにブースト時の最大周波数について実際の使用場面を考えるとCore i7 14700KFは標準より素晴らしいと感じると思います。このCPUはブースト時の最大周波数を気にする人にとっては選択肢にあがると考えられます。

ブースト時の最大周波数評価
Core i7 14700KF5.6GHz95/100

二次キャッシュ対応

Core i7 14700KFは二次キャッシュに対応しているといえるでしょう。このCPUは、二次キャッシュに対応しているため、処理速度が向上し、パフォーマンスが向上します。二次キャッシュは、CPUがアクセスするメモリの一部です。機能が向上していることにより、効率的な処理が可能になります。CPUのレビューサイトでは、このような詳細な情報を提供しています。

二次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、高速処理が可能になることです。二次キャッシュは、CPUが処理する際に頻繁に使用されるデータを一時的に保存するための領域で、CPUが必要なデータをすばやく取得して処理を開始できるようになります。これにより、CPUの処理能力が向上し、ビジネスアプリケーションやゲームなどの多くのアプリケーションをよりスムーズに実行することができます。

二次キャッシュ

二次キャッシュに関してCore i7 14700KFは28MBというデータです。通常と比べると、これは際立って抜きん出ていると言えるCPUだと分かります。すべてのCPUの中で二次キャッシュの点数評価は際立って抜きん出ているCPUの代表です。得点は100点満点中92.5点であると言うことができます。多い二次キャッシュを搭載しているこのCPUは、処理速度が改善され、より快適な使用感を提供します。また、長時間の使用でも発熱が少なく、省エネ性にも優れています。

多くのメーカーが採用するCPUには、二次キャッシュが多く搭載されています。この二次キャッシュが多いことにより、処理速度が向上し、ユーザーがプログラムを実行する際のストレスを軽減します。また、二次キャッシュが多いCPUは、マルチタスクを行う場合にも優れたパフォーマンスを発揮し、快適な操作環境を提供します。

二次キャッシュにおいて実際の使用上のことを考えると、Core i7 14700KFは最上位グレードに位置づけられるといえます。このため、このCPUをお勧めすることができる一つの重視すべきポイントといえそうです。二次キャッシュは、判断を下す際に不可欠な指標の1つになります。

二次キャッシュ評価
Core i7 14700KF28MB92/100

三次キャッシュ対応

Core i7 14700KFは三次キャッシュに対応していると言うことができます。三次キャッシュに対応したこのCPUは、膨大なデータのやり取りが多い業務においても高速かつ安定した動作を可能にします。また、環境に優しい省電力機能も搭載しており、ビジネスの現場においても大きなメリットをもたらすでしょう。

三次キャッシュに対応しているCPUは、高速な処理を可能にし、快適なPC環境を実現します。さらに、より大量のデータを処理する際にも、キャッシュメモリの効果により、高速なデータアクセスが可能になります。三次キャッシュに対応したCPUを選ぶことで、パワフルなPC環境を構築することができます。

三次キャッシュ

Core i7 14700KFに関して、三次キャッシュは33MBです。三次キャッシュについては、全CPUの中でも高いレベルにあります。標準的なCPUと比較する場合、これはある程度高い水準であるCPUといえそうです。このCPUの多い三次キャッシュは驚くべきものでした。性能が高く、処理速度が飛躍的に向上しました。このCPUを使用することで、業務の効率が大幅に向上することが期待できます。

三次キャッシュが多いCPUのもう一つのメリットは、省電力性です。三次キャッシュが多いCPUは、高負荷状態においても効率的に動作するため、カスタマイズされた省エネ機能を備えたモバイルCPUに最適です。省電力性が高いため、バッテリ寿命を延ばすことができます。さらに、省電力性が高いCPUは、熱を発生せず、システム全体のクーリング要件を低減することができます。

この評価から分かるように、三次キャッシュにおいてCore i7 14700KFはまあまあ優れた水準にあるCPUであることが分かるでしょう。しかし、絶対的とまでは必ずしもいい切れないため要注意と言えます。

三次キャッシュ評価
Core i7 14700KF33MB75/100

コア数

Core i7 14700KFにおけるコア数は20コアとなっています。全てのCPUの中でコア数に関するスコアはそこそこ優れたCPUです。100点満点中74点というデータです。これはコア数がそこそこ勝っているCPUということがわかります。多くのコア数を持つこのCPUは、高い処理能力を誇ります。複数の作業を同時に行う際にも、快適な動作を実現します。

コア数が多いCPUの最大のメリットは、高速処理能力です。複数のコアを備えたCPUは、同時に複数のタスクを処理できるため、一つのタスクにかかる時間が短縮されます。また、ゲームや動画編集などの高負荷な作業でも、スムーズに処理することができます。コア数が多いCPUを採用することで、パソコンの快適性が向上し、作業効率もアップします。

この評価情報で分かるように、コア数という点に関してCore i7 14700KFは高いレベルといえるでしょう。ただ、絶対的とまでは断定できないため要注意であると言うことができます。

コア数評価
Core i7 14700KF20コア74/100

マルチスレッド対応

Core i7 14700KFはマルチスレッドに対応しているということができます。マルチスレッドは、複数の作業を同時に行うためのものですが、このCPUはそれを完璧にサポートしています。つまり、あなたが大量のデータを処理する場合でも、スムーズに高速処理することが可能です。マルチタスクをこなすことで、生産性の向上が期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUのメリットは、複数のタスクを同時に実行できることです。例えば、動画編集ソフトを使用しているときに、動画のレンダリングと同時に他の作業をすることができます。これによって、作業効率が大幅に向上し、時間を節約できます。また、マルチスレッドに対応しているCPUは、ゲームプレイ時にも優れたパフォーマンスを発揮します。これは、複数の処理を同時に行うことができるため、ゲームの高いグラフィックや処理能力を要求する場合にも対応できるからです。

スレッド数

スレッド数に関して、Core i7 14700KFは28スレッドです。スレッド数でいえば全てのCPUの中でもまあまあ優れた水準にあります。100点中62点となっています。平均と比べる場合これはまあまあ高いレベルにあるCPUと言えるでしょう。

実際に利用する上で考えるとCore i7 14700KFは高いレベルであると感じとれるでしょう。ただし、確定的とまでは必ずしも言い切れない点は気を付けるべきです。

スレッド数評価
Core i7 14700KF28スレッド62/100

スペック

Core i7 14700KF
画像Core i7 14700KF
シリーズ名Raptor Lake Refresh
ソケットの形状LGA1700
通常利用時の最大周波数3.4GHz
ブースト時の最大周波数5.6GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ28MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ33MB
コア数20コア
マルチスレッド対応
スレッド数28スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報