【2023年最新】 AMD EPYC 9634 評価

2023-06-04 02:25:59

総合評価

62.9/100

(総合順位: 1054/3243)

評価項目点数
TDP
9/100
通常利用時の最大周波数
36/100
ブースト時の最大周波数
46/100
三次キャッシュ
95/100
コア数
95/100
スレッド数
95/100
総合評価62.9/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

AMD EPYC 9634について、通常利用時の最大周波数は2.25GHzというデータとなっています。全CPUの中でも通常利用時の最大周波数の評価点はまあまあ劣ったCPUで、Kuraberu.com[クラベル]の独自評価では100点中36点という評価得点をつけています。これは通常より通常利用時の最大周波数は比較的低いといえそうです。

ハイエンドな作業用PCやゲーム用PCには、通常利用時の最大周波数が高いCPUが必要不可欠です。高い周波数により、短時間で多くの処理を行うことができ、高速かつスムーズな動作を実現することができます。また、多くのゲームはCPU能力を必要とするので、高性能なCPUを搭載することで快適なゲームプレイが可能になります。

通常利用時の最大周波数において実現可能な観点から見るとAMD EPYC 9634は比較的下位レベルにあると考えられます。このCPUはお勧めできません。通常利用時の最大周波数を基準に考えることが、合理的な選択につながると言えます。

通常利用時の最大周波数評価
AMD EPYC 96342.25GHz36/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数に関してAMD EPYC 9634は3.7GHzです。これはブースト時の最大周波数が標準グレードな感じであるということが分かるでしょう。全CPUの中でもブースト時の最大周波数における点数評価は標準グレードな感じであり、専門家による独自評価では100点中46点という評点をつけています。このCPUは、高いブースト時の最大周波数が優秀です。また、その性能の安定性も高く、長時間使用してもパフォーマンスが落ちることがありません。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、エンジニアリングやデザインなどの高負荷な作業においても効果を発揮します。大容量ファイルの扱いや複雑な操作を行う場合でも、スムーズな処理が可能となり、作業効率が向上します。高性能なCPUは、ビジネスにおいても高い生産性をもたらすことができます。

実際の使用場面では、ブースト時の最大周波数という点について、AMD EPYC 9634は中程度に位置すると言えます。ブースト時の最大周波数の情報を検討しても商品を選択するうえで全くといえるほど参考になりません。

ブースト時の最大周波数評価
AMD EPYC 96343.7GHz46/100

三次キャッシュ対応

AMD EPYC 9634は三次キャッシュに対応しているCPUであると言えます。このCPUは、三次キャッシュに対応することで省電力設計にも繋がっています。高速データアクセスのために必要な電力を抑え、省エネルギーを実現することができます。

三次キャッシュに対応したCPUのメリット三次キャッシュに対応しているCPUは、大容量のキャッシュメモリを搭載しているため、高速な処理が可能となります。また、三次キャッシュは、キャッシュメモリの中でも最も遅い部分であり、高速なアクセスが求められます。三次キャッシュに対応したCPUは、この部分を高速化することで、処理速度が向上します。これにより、CPUの性能が飛躍的に向上し、高速な処理が可能です。

三次キャッシュ

AMD EPYC 9634において、三次キャッシュは384MBというデータであるといえます。これは標準と比較する場合、三次キャッシュはとても多いということがわかります。Kuraberu.com[クラベル]上では100点満点中95.3点というデータです。多い三次キャッシュを搭載したこのCPUは、他のCPUに比べて優れた処理速度を実現しています。また、マルチタスクに対する対応も十分であり、その性能は非常に高いと評価できます。

三次キャッシュが多いCPUは、CPUがキャッシュメモリからデータを読み込む頻度を減らし、メインメモリにアクセスする回数を減らすことができます。これにより、CPUの処理速度が向上するとともに、省電力化にもつながります。また、キャッシュメモリの大容量化によって、CPUの処理速度が安定して維持されるため、高負荷下でも快適なコンピューター操作が可能です。

三次キャッシュという点で体感上で考えると、AMD EPYC 9634は普通のCPUと比べる場合非常に優位にあると感じとれるでしょう。したがって、三次キャッシュに配慮するなら、このCPUが適していると考えることができそうです。

三次キャッシュ評価
AMD EPYC 9634384MB95/100

コア数

AMD EPYC 9634に関するコア数は84コアというデータになっています。コア数に関して最上級に位置します。これは一般的なCPUよりコア数が断然多いと思われます。このCPUが特徴的なのは、多いコア数です。多くのアプリケーションを効率的に動かすことができ、処理速度の向上が期待できます。大規模なタスクもスムーズにこなせるため、高い生産性が求められる作業環境に最適です。

コア数が多いCPUの利点は、耐久性にもあります。1つのコアが故障した場合でも、他のコアが代替の役割を果たすため、パフォーマンスが低下することがありません。さらに、大量のデータや処理が必要な場合でも、ストレスフリーで作業ができます。

実用的な視点から判断すると、AMD EPYC 9634は一段と優秀であることが分かるでしょう。したがって、このCPUは強力な選択肢と言えそうです。また、コア数にこだわるのであれば、このCPUのほうがいいと考えられるかもしれません。コア数を基準に考えることは、より賢明な判断を下す上で不可欠な材料でしょう。

コア数評価
AMD EPYC 963484コア95/100

スレッド数

スレッド数においてAMD EPYC 9634は168スレッドというデータになっています。これはスレッド数が比べ物にならないほど勝っています。全てのCPUの中で優れています。

この評価から明確なように、スレッド数についてAMD EPYC 9634は非常に高いグレードに位置すると思います。スレッド数にこだわる人の場合このCPUはお勧めな選択と言うことができそうです。そうでなくともこのCPUの採用を推奨することができる一つの注目すべき理由と言えるかもしれません。

スレッド数評価
AMD EPYC 9634168スレッド95/100

基本情報

TDP

TDPにおいて、AMD EPYC 9634は290Wになります。これはとてもTDPが劣っているCPUの中のひとつであると言うことができるでしょう。全てのCPUの中でもTDPの評点は特に物足りないレベルにあるCPUであり、Kuraberu.com[クラベル]の独自評価では100点中9.5点をTDPにつけています。

TDPが小さいCPUには、省電力性があり、エネルギー効率が高く、環境負荷も低いというメリットがあります。また、ファンレスであるため、静音性が高く、オフィスや家庭で使う際にも快適に使えます。さらに、発熱が少ないため、冷却のためのコストが削減でき、コンパクトな設計が可能であるため、設置場所の選択肢も増えます。

実際に使用する場合に考えると、TDPにおいてAMD EPYC 9634はかなり低いレベルなCPUであることがわかります。従って、このCPUにするべきでない注目すべき理由の一つと言えるでしょう。TDPにこだわる場合、このCPUにするべきでないと言えそうです。TDPは、商品選択において大きな判断材料になります。

TDP評価
AMD EPYC 9634290W9/100

スペック

AMD EPYC 9634
画像AMD EPYC 9634
TDP290W
通常利用時の最大周波数2.25GHz
ブースト時の最大周波数3.7GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ384MB
コア数84コア
スレッド数168スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報