Ryzen 9 7950X3D の徹底レビュー。良い点悪い点を検証しました!

作成日時: 2023-01-05 16:47:51、更新日時: 2023-01-05 19:45:59

Ryzen 9 7950X3D にはどのような点において良い点・悪い点があるCPUなのかについて検証。使い勝手について徹底検証してみました。Ryzen 9 7950X3Dにすべきか考えているなら必見です

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

85.1/100

(総合: 1008位)

項目評価
TDP
32/100
通常利用時の最大周波数
98/100
ブースト時の最大周波数
99/100
二次キャッシュ
97/100
三次キャッシュ
98/100
コア数
85/100
スレッド数
82/100
総合評価85.1/100

Ryzen 9 7950X3Dは、AMD Ryzenに対抗するためにIntelが発表した、最新のスペックを持つCPUである。内蔵グラフィックスにRadeon Graphicsを搭載しており、高性能なグラフィックスを得ることができる。ソケットの形状はSocket AM5であり、これが新しいマザーボードに搭載されることを前提に設計されている。TDPは120Wであり、十分な冷却装置が必要となる。通常利用時の最大周波数は4.2GHzであり、ブースト時の最大周波数は5.7GHzまで到達可能である。二次キャッシュ対応/二次キャッシュ16MB/三次キャッシュ対応/三次キャッシュ128MBと、キャッシュメモリの面でも高性能を発揮する。コア数は16コア、スレッド数は32スレッドであり、マルチスレッドに対応しており、複数の処理を効率的に行うことができる。

このCPUは、他のCPUと比較して、高性能なグラフィックスを搭載しているのが大きな魅力である。また、キャッシュメモリにも力を入れており、処理速度を高めている点が高く評価される。しかし、TDPが120Wであるため、冷却装置にも十分な注意が必要である。さらに、Socket AM5はまだ普及していないため、マザーボードの選択肢が限られている点も欠点と言える。

総合的に考えると、Ryzen 9 7950X3Dは高性能なCPUであり、グラフィックス性能も高いため、ゲームや動画編集など、グラフィックスを多用する作業に向いている。ただし、TDPの高さやSocket AM5の普及度合いを考慮する必要があり、各自の用途や環境に合った検討が必要である。

このCPUを選ぶことをおすすめするが、個人の用途や環境によっては、十分な検討と注意が必要である。

Ryzen 9 7950X3D を選ぶべき9つの理由

  • 通常利用時の最大周波数は極めて高い
    (14位/2133製品)
  • ブースト時の最大周波数は並外れて高い
    (8位/726製品)
  • 上位に位置づけられるほど多い二次キャッシュ
    (40位/1246製品)
  • 三次キャッシュがものすごく多い
    (32位/1180製品)
  • コア数がトップレベルに位置づけられるほど多い
    (123位/2135製品)
  • とても多いスレッド数
    (108位/803製品)
  • 二次キャッシュに対応している
  • 三次キャッシュに対応している
  • マルチスレッドに対応している

Ryzen 9 7950X3D に関する詳細

Ryzen 9 7950X3D
画像Ryzen 9 7950X3D
内蔵グラフィックスRadeon Graphics
ソケットの形状Socket AM5
TDP120W
通常利用時の最大周波数4.2GHz
ブースト時の最大周波数5.7GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ16MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB
コア数16コア
マルチスレッド対応
スレッド数32スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較する

価格をチェック

Ryzen 9 7950X3D の特性と特長を徹底評価する

基本情報について

TDPについて

サイズが小さくて内部が狭く放熱性が良くないパソコンにも搭載できる点でTDPが小さいCPUは秀でていると言えるかもしれません。発熱や消費電力を抑制するときに向いていると思います。

TDPについて「Ryzen 9 7950X3D」は120Wです。これはどちらかといえば大きい放熱量と言えるでしょう。

TDP評価
Ryzen 9 7950X3D120W32/100

Ryzen 9 7950X3D のCPU性能についての評価

通常利用時の最大周波数について

CPUの処理速度を速くすることができる点で通常利用時の最大周波数が高いCPUは良いと言えるかもしれません。たとえばデータの処理が速く、ゲームなどでのパフォーマンスをよくするのに適しています。

通常利用時の最大周波数について「Ryzen 9 7950X3D」は4.2GHzです。これは上位レベルに位置づけられるほど高いほうの通常利用時の最大周波数でしょう。プロセッサの処理を高速にできるため、この商品は大変秀でています。「Ryzen 9 7950X3D」は高速処理を実現するときにとてもオススメと言えるかもしれません。

通常利用時の最大周波数に関する実際の使用感は凄く優秀です。そのためこのCPUにする大きな判断材料の一つとなります。通常利用時の最大周波数という視点でこれより高いCPUを選んでもほとんど意味がないと思います。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 9 7950X3D4.2GHz98/100

ブースト時の最大周波数について

ブースト時の最大周波数が高いCPUは時間当たりの処理回数が多く高速化できる点で良いといえなくもないでしょう。特に高負荷がかかる複雑なタスクを快適に作業するようなときに適していると言えそうです。

ブースト時の最大周波数について「Ryzen 9 7950X3D」は5.7GHzです。このCPUのブースト時の最大周波数はかなり高い部類に分けられるCPUだと言えるでしょう。高負荷のワークロードに対して CPU が動作する速度を速くできるのでこの商品はとても良いかと思います。「Ryzen 9 7950X3D」は動画編集などの重たい処理を加速するのにとても適していると言えるかもしれません。

ブースト時の最大周波数に関する使用感はもの凄く優れています。そのためこのCPUはかなり有力な候補の一つになるでしょう。これよりも高いクロック数のCPUでもほとんど意味がないと思います。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 9 7950X3D5.7GHz99/100

二次キャッシュ対応について

「Ryzen 9 7950X3D」は二次キャッシュに対応しているCPUです。

二次キャッシュについて

二次キャッシュについて「Ryzen 9 7950X3D」は16MBです。これはかなり多いと言える二次キャッシュでしょう。

従ってこのCPUはかなり有力な候補の一つになるでしょう。

二次キャッシュ評価
Ryzen 9 7950X3D16MB97/100

三次キャッシュ対応について

「Ryzen 9 7950X3D」は三次キャッシュに対応しているCPUです。

三次キャッシュについて

三次キャッシュが多いCPUはCPUの処理を速くすることができるという点で優れているといえなくもありません。とくによく使うサイトへのアクセスをより早くしたい人が使用する時、向いています。

三次キャッシュについて「Ryzen 9 7950X3D」は128MBです。これは普通のCPUより非常に多い部類の三次キャッシュと言えるでしょう。CPU内部で多くのデータをキャッシュできる為、この商品はとても優れていると言えるかもしれません。「Ryzen 9 7950X3D」は三次元処理により確実に使用したいような場合にかなり向いていると思います。

三次キャッシュという視点でみたときの実際の使用感はすごく優れているといえそうです。そのためこのCPUはかなりおすすめでしょう。三次キャッシュという観点でこれ以上多いCPUを選んでもあまり意味がないでしょう。

三次キャッシュ評価
Ryzen 9 7950X3D128MB98/100

コア数について

コア数が多いCPUは並列で重い処理を実行できるため快適に使用できる点において秀でた部類に入るといえなくもありません。高速でストレスなく使用したいなら適していると言えるかもしれません。

コア数について「Ryzen 9 7950X3D」は16コアです。このCPUのコア数は非常に多いと言えるCPUでしょう。高速処理をしたりできるためこの商品は大変良い部類に入ると言えるでしょう。「Ryzen 9 7950X3D」は複数のアプリを実行するときにおすすめだと思います。

コア数という観点でみたとき実際「Ryzen 9 7950X3D」は極めて秀でているといえるかもしれません。従ってこのCPUにする大きな要因となります。コア数という視点でこれより多いCPUでもほぼ意味がないと思います。

コア数評価
Ryzen 9 7950X3D16コア85/100

マルチスレッド対応について

マルチスレッドに対応しているCPUは複数の情報処理を並行して行うことができるという点で秀でています。例えば配列演算処理を行うことで作業を効率化したいならおすすめと思います。

「Ryzen 9 7950X3D」はマルチスレッドに対応しているCPUです。そのため複数の処理方法を同時に行うのでエラーが起きにくく利用できる点において優れていると言えそうです。「Ryzen 9 7950X3D」は複数の処理の流れを並行して実行するような場合に向いています。

スレッド数について

多いスレッド数のCPUは複数のデータを同時に処理できるので優れた部類に入るといえなくもありません。マルチタスク処理能力を向上したいようなときにお勧めです。

スレッド数について「Ryzen 9 7950X3D」は32スレッドです。普通と比べるとこのCPUのスレッド数はもの凄く多い部類のCPUでしょう。同時に複数の処理ができ作業効率を上げることができる為、この商品はすごく優れていそうです。複数のデータを同時に処理するような場合「Ryzen 9 7950X3D」はとてもおすすめだと思います。

スレッド数についての実際「Ryzen 9 7950X3D」は使用感は非常に優れた部類に入るでしょう。そのためこのCPUはかなり有力な候補の一つに挙げられるでしょう。スレッド数という視点でこれ以上多いCPUでもほとんど意味がないでしょう。

スレッド数評価
Ryzen 9 7950X3D32スレッド82/100

Ryzen 9 7950X3D の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Ryzen 9 7950X3D と評価が同程度のCPUを探す

通常利用時の最大周波数:2GHz, ブースト時の最大周波数:5.6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.8GHz, ブースト時の最大周波数:5.1GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.8GHz, ブースト時の最大周波数:5.3GHz, 二次キャッシュ:8MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:120W, 通常利用時の最大周波数:5GHz, ブースト時の最大周波数:5GHz, 二次キャッシュ:8MB, 三次キャッシュ:96MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.7GHz, ブースト時の最大周波数:5.4GHz, 二次キャッシュ:12MB, 三次キャッシュ:64MB, コア数:12コア, スレッド数:24スレッド

TDP:120W, 通常利用時の最大周波数:4.4GHz, ブースト時の最大周波数:5.6GHz, 二次キャッシュ:12MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:12コア, スレッド数:24スレッド

TDP:253W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:6GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.8GHz, ブースト時の最大周波数:4GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:4MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:4.6GHz, 三次キャッシュ:30MB, コア数:12コア, スレッド数:24スレッド

通常利用時の最大周波数:3.1GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 三次キャッシュ:33MB, コア数:16コア, スレッド数:32スレッド

通常利用時の最大周波数:2.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.8GHz, 三次キャッシュ:37MB, コア数:20コア, スレッド数:40スレッド

通常利用時の最大周波数:2.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.8GHz, 三次キャッシュ:45MB, コア数:24コア, スレッド数:48スレッド

Ryzen 9 7950X3D の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

Ryzen 9 7950X3D

85.1-TDP:120W, 通常利用時の最大周波数:4.2GHz, ブースト時の最大周波数:5.7GHz, 二次キャッシュ:16MB, 三次キャッシュ:128MB, コア数:16コア, スレッド数:32スレッド

Ryzen 5 3500

52.7TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.1GHz, コア数:6コア, スレッド数:6スレッド

Ryzen Threadripper 3990X

72.7TDP:280W, 通常利用時の最大周波数:2.9GHz, ブースト時の最大周波数:4.3GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:256MB, コア数:64コア, スレッド数:128スレッド

Ryzen 5 1600 (AF) BOX with Wraith Stealth Cooler

48.2TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.2GHz, ブースト時の最大周波数:3.6GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

Ryzen 3 3100

48.5TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:3.9GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

Ryzen 3 3300X

51.0TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.8GHz, ブースト時の最大周波数:4.3GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:16MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

Ryzen 5 3600XT

55.5TDP:95W, 通常利用時の最大周波数:3.8GHz, ブースト時の最大周波数:4.5GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

Ryzen 9 3900XT

65.2TDP:105W, 通常利用時の最大周波数:3.8GHz, ブースト時の最大周波数:4.7GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:64MB, コア数:12コア, スレッド数:24スレッド

定格周波数

画像製品名評価比較したときのおススメ度定格周波数

Ryzen 9 7950X3D

98.3-通常利用時の最大周波数:4.2GHz

Ryzen 5 3500

82.0通常利用時の最大周波数:3.6GHz

Ryzen Threadripper 3990X

58.0通常利用時の最大周波数:2.9GHz

Ryzen 5 1600 (AF) BOX with Wraith Stealth Cooler

69.5通常利用時の最大周波数:3.2GHz

Ryzen 3 3100

82.0通常利用時の最大周波数:3.6GHz

Ryzen 3 3300X

86.0通常利用時の最大周波数:3.8GHz

Ryzen 5 3600XT

86.0通常利用時の最大周波数:3.8GHz

Ryzen 9 3900XT

86.0通常利用時の最大周波数:3.8GHz

ブースト時の周波数

画像製品名評価比較したときのおススメ度ブースト時の周波数

Ryzen 9 7950X3D

99.5-ブースト時の最大周波数:5.7GHz

Ryzen 5 3500

58.0ブースト時の最大周波数:4.1GHz

Ryzen Threadripper 3990X

66.0ブースト時の最大周波数:4.3GHz

Ryzen 5 1600 (AF) BOX with Wraith Stealth Cooler

42.0ブースト時の最大周波数:3.6GHz

Ryzen 3 3100

52.7ブースト時の最大周波数:3.9GHz

Ryzen 3 3300X

66.0ブースト時の最大周波数:4.3GHz

Ryzen 5 3600XT

71.3ブースト時の最大周波数:4.5GHz

Ryzen 9 3900XT

78.0ブースト時の最大周波数:4.7GHz

スレッド数

画像製品名評価比較したときのおススメ度スレッド数

Ryzen 9 7950X3D

82.8-スレッド数:32スレッド

Ryzen 5 3500

26.0スレッド数:6スレッド

Ryzen Threadripper 3990X

95.0スレッド数:128スレッド

Ryzen 5 1600 (AF) BOX with Wraith Stealth Cooler

34.0スレッド数:12スレッド

Ryzen 3 3100

28.7スレッド数:8スレッド

Ryzen 3 3300X

28.7スレッド数:8スレッド

Ryzen 5 3600XT

34.0スレッド数:12スレッド

Ryzen 9 3900XT

58.0スレッド数:24スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報