Ryzen 5 7600 のスペックレビュー

作成日時: 2023-01-05 17:41:29

 Ryzen 5 7600 を徹底評価

Ryzen 5 7600 についての詳細な情報を関心度別に広い観点からカバーします。どのような面で良し悪しがあるかを評価。ほかと比較して Ryzen 5 7600 はどの程度おススメなのかについてまとめてみました

Ryzen 5 7600は、AMD Ryzen 5 5600Xの日本向け名称です。TDPが65Wという低消費電力で、高性能なCPUとして注目を集めています。6つのコアと12スレッドで処理能力が高く、通常利用時の最大周波数は3.8GHz、ブースト時の最大周波数は5.1GHzとなっており、速い動作が期待できます。二次キャッシュ対応もあり、6MBの二次キャッシュと32MBの三次キャッシュを備えています。内蔵グラフィックスには、Radeon Graphicsが採用されており、グラフィック性能も高いです。また、ソケットの形状はSocket AM5になっており、マザーボードに取り付けることができます。このCPUは、パフォーマンスの高さや消費電力の少なさから、ゲームや作業用途にも適しています。ただし、Socket AM5に対応しているマザーボードがまだ少ないことが欠点として挙げられます。全体としては、Ryzen 5 7600は高性能でパワフルなCPUであり、おすすめできます。

メリット

  • 比較的小さいTDP
  • もの凄く高い通常利用時の最大周波数
  • トップレベルに位置づけられるほど高いブースト時の最大周波数
  • 割と多い二次キャッシュ
  • 三次キャッシュがものすごく多い

デメリット

    -

特徴

  • 二次キャッシュに対応している
  • 三次キャッシュに対応している
  • マルチスレッドに対応している

Ryzen 5 7600 に関する詳細

Ryzen 5 7600
画像Ryzen 5 7600
内蔵グラフィックスRadeon Graphics
ソケットの形状Socket AM5
TDP65W
通常利用時の最大周波数3.8GHz
ブースト時の最大周波数5.1GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ6MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ32MB
コア数6コア
マルチスレッド対応
スレッド数12スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較する

価格をチェック

Ryzen 5 7600 の特色と特長をレビュー

基本情報について

TDPについて

サイズが小さくて内部が狭く放熱性が良くないパソコンにも搭載できる点でTDPが小さいCPUは秀でていると言えるかもしれません。発熱や消費電力を抑制するときに向いていると思います。

TDPについて「Ryzen 5 7600」は65Wです。このCPUの放熱量はやや小さい部類に分けられるCPUだと言えるでしょう。発熱を抑えて安定化できるため、この商品はどちらかと言うと良い部類に入ると思います。「Ryzen 5 7600」は消費電力が小さくすることで放熱量を小さくして発熱防止したい時に割とお勧めだと思います。

TDPという視点に関する使用感はややよいといえるかもしれません。従ってTDPという点で見る場合、このCPUは一つの候補です。

TDP評価
Ryzen 5 760065W76/100

Ryzen 5 7600 のCPU性能についての評価

通常利用時の最大周波数について

動作周波数の動的な向上を実現できるという点で高い通常利用時の最大周波数のCPUは優れていると言えるでしょう。例えばより素早く高速に処理するため快適に使用したいような時にオススメです。

通常利用時の最大周波数について「Ryzen 5 7600」は3.8GHzです。これは凄く高い通常利用時の最大周波数と言えるでしょう。プロセッサの処理を高速にできるため、この商品は大変秀でています。高性能で高速に使用するようなとき「Ryzen 5 7600」はオススメと言えるでしょう。

通常利用時の最大周波数という視点で見たとき実際のところ「Ryzen 5 7600」はとても秀でているでしょう。そのためこのCPUを選ぶ大きな理由の一つとなるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 5 76003.8GHz97/100

ブースト時の最大周波数について

プロセッサの処理を高速にできるという点で高いブースト時の最大周波数のCPUは良いといえるかもしれません。高速演算処理を実現したいような時に向いています。

「Ryzen 5 7600」のブースト時の最大周波数は5.1GHzです。このCPUのブースト時の最大周波数は上位に位置づけられるほど高い部類に入るCPUでしょう。高負荷のワークロードに対して CPU が動作する速度を速くできるのでこの商品はとても良いかと思います。消費電力等に余裕がある場合に処理性能を向上するような場合に「Ryzen 5 7600」はかなり適しています。

従ってこのCPUにする大きな理由の一つになります。ブースト時の最大周波数という観点でこれより高いCPUを選んでもほとんど「Ryzen 5 7600」との差を体感出来ないと思われます。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 5 76005.1GHz98/100

二次キャッシュ対応について

「Ryzen 5 7600」は二次キャッシュに対応しているCPUです。

二次キャッシュについて

二次キャッシュについて「Ryzen 5 7600」は6MBです。これはやや多い二次キャッシュと言えます。

二次キャッシュという点についての実際の「Ryzen 5 7600」はどちらかといえば秀でた部類に入るでしょう。そのため二次キャッシュという点で見るならこのCPUは一つの候補です。

二次キャッシュ評価
Ryzen 5 76006MB78/100

三次キャッシュ対応について

「Ryzen 5 7600」は三次キャッシュに対応しているCPUです。

三次キャッシュについて

三次キャッシュが多いCPUはCPUの処理を速くすることができるという点で優れているといえなくもありません。二次キャッシュまでしかもたないプロセッサよりも処理速度が速いためより高速化するような時、適しています。

三次キャッシュについて「Ryzen 5 7600」は32MBです。これは極めて多いと言えます。複数段階の異なるキャッシュメモリを搭載したプロセッサにおいて、2次キャッシュに収まりきらないデータを格納できるためこの商品は秀でているかもしれません。「Ryzen 5 7600」は一次キャッシュや2次キャッシュで処理できないような沢山のデータのメモリを処理したいような時にオススメです。

「Ryzen 5 7600」は実際の所三次キャッシュという点について極めて優秀です。従ってこのCPUはかなり有力な候補の一つに挙がるでしょう。三次キャッシュという点でこれ以上多いCPUでもほぼ意味がないと思われます。

三次キャッシュ評価
Ryzen 5 760032MB86/100

コア数について

コア数が多いCPUは並列で重い処理を実行できるため快適に使用できる点において秀でた部類に入るといえなくもありません。同時にいくつかの作業を高速で行う事が出来るので、色々な作業を同時進行で行いたいという人が使用したいような時にオススメと言えるでしょう。

「Ryzen 5 7600」のコア数は6コアです。これは同じくらいと言えるでしょう。同時進行で違う処理の作業をしたい場合について通常のケースであれば「Ryzen 5 7600」を選んでも多分問題に感じることはないと思います。

コア数に関する実際「Ryzen 5 7600」は使用感はまあまあといったレベルです。全くストレスを感じたくない人には物足りなさを感じる可能性が高く、もうワンランク上のCPUを検討をお勧めします。

コア数評価
Ryzen 5 76006コア50/100

マルチスレッド対応について

マルチスレッドに対応しているCPUは作業を複数同時処理することができるので優れているかと思います。複数の処理を同時に操作する場合、おすすめだと思います。

「Ryzen 5 7600」はマルチスレッドに対応しているCPUです。そのため複数の処理方法を同時に行うのでエラーが起きにくく利用できる点において優れていると言えそうです。複数の処理を並行して進めることで効率的に作業するなら「Ryzen 5 7600」はオススメだと思います。

スレッド数について

多いスレッド数のCPUは複数のデータを同時に処理できるので優れた部類に入るといえなくもありません。マルチタスク処理能力を向上したいようなときにお勧めです。

スレッド数について「Ryzen 5 7600」は12スレッドです。これは一般的なCPUよりほぼ同じくらいと言えます。マルチタスク処理能力を更にアップしたい場合について通常の場合なら「Ryzen 5 7600」でも多分大丈夫と思います。

実の所の「Ryzen 5 7600」はスレッド数という点から見たとき中程度な感じです。普通に使う分には比較的問題になりにくいくらいのものであるため、特別に優れているという程でもありません。

スレッド数評価
Ryzen 5 760012スレッド48/100

Ryzen 5 7600 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。