Core i9 13900 評価レビュー

2023-06-04 00:58:56

総合評価

74.1/100

(総合順位: 1010/3270)

評価項目点数
通常利用時の最大周波数
26/100
ブースト時の最大周波数
95/100
二次キャッシュ
95/100
三次キャッシュ
79/100
コア数
82/100
スレッド数
66/100
総合評価74.1/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Core i9 13900について、通常利用時の最大周波数は2GHzです。本サイトの独自評価では100点満点中26点を通常利用時の最大周波数につけています。典型的なCPUよりこれはややイマイチなCPUとなるでしょう。

CPUの最大周波数は、パソコンのスペックを決定する上で重要な要素です。特に、通常利用時の最大周波数が高いCPUはメリットが多いです。例えば、重い作業をしている場合でもストレスを感じることがなく、快適な環境で作業を続けることができます。加えて、高速処理によって、作業の効率も向上することでしょう。

この評価情報で明らかなように、Core i9 13900は物足りない水準に感じるでしょう。従ってこのCPUを選択肢の一つから排除すべきと思われます。通常利用時の最大周波数は商品選びにおいて必要不可欠な要因となるでしょう。ただ確定的とまでは必ずしも言えないため注意が必要であると言えるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Core i9 139002GHz26/100

ブースト時の最大周波数

Core i9 13900に関するブースト時の最大周波数については5.6GHzというデータと言えます。ブースト時の最大周波数について特に素晴らしく上位に位置づけられます。普通と比較するとこれは一段と優れているCPUと言えるでしょう。このCPUの高いブースト時の最大周波数を確認したところ、非常に優れた性能を発揮していることがわかりました。その周波数は、CPUの処理速度を向上させ、複雑なタスクでも快適に動作することができます。これにより、ハイエンドな作業環境でも、CPUの性能が向上することが期待できます。

CPUを選ぶ際には、ブースト時の最大周波数が高いものを選択することがおすすめです。なぜなら、プログラムの処理速度やゲームの快適さに直結するからです。また、ブースト時の最大周波数が高くなることで、より多くの作業を短時間に行うことが可能になります。高い性能を求めるユーザーには、必見のCPUです。

ブースト時の最大周波数について実際の利用を考えると、Core i9 13900は際立って優れた水準にあるCPUであることが分かるでしょう。このCPUに着目する方が良い一つの決め手となります。ブースト時の最大周波数は、商品決定に関する不可欠な基準の1つになります。

ブースト時の最大周波数評価
Core i9 139005.6GHz95/100

二次キャッシュ対応

Core i9 13900は二次キャッシュに対応しているCPUであると言うことができるでしょう。このCPUは二次キャッシュに対応しており、処理速度が向上します。また、高い負荷でも安定した性能を発揮することができます。

二次キャッシュに対応しているCPUには、効率的な処理が可能なため、省電力化にもつながります。例えば、セレロンやAtomなどの低消費電力CPUでは、二次キャッシュによってパフォーマンスの向上を実現しながら、省電力化を図ることができます。また、CPUが生成する熱を抑えることにも繋がり、延命化にも役立ちます。

二次キャッシュ

Core i9 13900における二次キャッシュについては32MBというデータとなっています。二次キャッシュが最も群を抜いて多いCPUの代表といっても過言ではないことが分かります。二次キャッシュに関してすべてのCPUの中ではるかに優れた水準にあります。多い二次キャッシュを搭載するこのCPUは、データを高速に読み込むことができるため、快適な使用感を提供します。また、省電力性能も優れており、エネルギー効率の高いパソコンに適しています。

二次キャッシュが多いCPUには、複数のアプリケーションを同時に実行しても高速な動作が可能になります。その理由は、二次キャッシュ内に必要なデータが保存されることにより、CPUがデータを取得するための待ち時間が短くなるからです。一方で、二次キャッシュが少ないCPUは、同様の処理でも時間がかかり、作業効率が低下してしまいます。

これらの評価情報で分かるように、二次キャッシュにおいて実際に活用する上で考えるとCore i9 13900は感覚的に、遥かに優秀であると思います。したがってこのCPUをお勧めすることができる一つの決め手になります。またこのCPUは二次キャッシュを気にする人の場合お勧めと言うことができそうです。

二次キャッシュ評価
Core i9 1390032MB95/100

三次キャッシュ対応

Core i9 13900は三次キャッシュに対応しているといえるでしょう。このCPUは、三次キャッシュに対応しており、高速なデータ処理が可能です。 ゲームやビジネスにおいても、十分に使用することができ、多くのユーザーから高い評価を得ています。

三次キャッシュに対応しているCPUは、ゲームや動画編集など、高負荷なアプリケーションを使用するユーザーには必要不可欠な存在です。また、無駄な処理を排除するため、CPUの動作時間も短縮され、必要以上に発熱することもありません。

三次キャッシュ

Core i9 13900の三次キャッシュについては36MBとなっています。基本的なCPUより、三次キャッシュは比較的多いということが分かります。すべてのCPUの中でも三次キャッシュについての評価スコアはそれなりに秀でたCPUであり、専門家による評価では100点中79.8点となっています。このCPUは、多い三次キャッシュを備えているため、高速なデータ処理ができます。大規模なビジネスアプリケーションやデータベースのような重い作業でも、滑らかに動作します。

パターン1: 三次キャッシュが多いCPUのメリットとして、プロセッサの処理速度が向上し、大容量ファイルの読み込みがスムーズになります。更に、マルチタスク処理にも適しており、同時に複数のプログラムを実行しても処理速度の低下を抑えることが可能です。

実際的なメリットを考慮するとCore i9 13900は普及しているCPUと比べる場合それなりに優れた水準にあるといえます。したがってこのCPUは三次キャッシュに注目するのなら最適の選択と言うことができそうです。しかし絶対的とまでは必ずしも断定できない点には注意が必要であると言えるでしょう。

三次キャッシュ評価
Core i9 1390036MB79/100

コア数

コア数において、Core i9 13900は24コアになります。全てのCPUの中でもコア数の評価スコアは最も優れたCPUの代表です。レビューワーによる評価点数は100点満点中82点となります。これは標準的なCPUと比べると、高い水準にあるということが分かるでしょう。このCPUの多いコア数は、処理能力に大きな影響を与えます。コア数が多いほど、複数のタスクを同時に処理することができ、より高速なパフォーマンスを実現できます。しかし、コア数が多いほど消費電力も増加するため、バランスを考えた選択が求められます。

コア数が多いCPUを搭載したパソコンは、プロフェッショナルな作業にも向いています。例えば、3Dモデリングや映像編集など、高度な作業を行う場合も、快適に処理することができます。さらに、高負荷なゲームにも対応でき、スムーズなプレイを楽しむことができます。

この評価情報を考えると、コア数の視点において実際に使う場合を考えるとCore i9 13900はとても高い水準であると感じるでしょう。このCPUを検討した方が良い大きなポイントの一つと言えるかもしれません。また、コア数にこだわる人にとって、このCPUを考えた方が良いでしょう。ともあれコア数で比較することは、合理的な決定を下す上で必要不可欠な指標と思います。

コア数評価
Core i9 1390024コア82/100

マルチスレッド対応

Core i9 13900はマルチスレッドに対応しているといえるでしょう。マルチタスク処理が必要な場合には、このCPUの使用が非常に効果的であることが確認されています。

マルチスレッドに対応しているCPUのメリットは、複数のタスクを同時に実行できることです。例えば、動画編集ソフトを使用しているときに、動画のレンダリングと同時に他の作業をすることができます。これによって、作業効率が大幅に向上し、時間を節約できます。また、マルチスレッドに対応しているCPUは、ゲームプレイ時にも優れたパフォーマンスを発揮します。これは、複数の処理を同時に行うことができるため、ゲームの高いグラフィックや処理能力を要求する場合にも対応できるからです。

スレッド数

Core i9 13900に関するスレッド数は32スレッドです。全CPUの中でそこそこ高いグレードに位置し、100点満点中66点というデータです。これは標準と比べると、そこそこ優れた水準にあると考えられるかもしれません。

スレッド数について実際に活用する場面を考えると、Core i9 13900は普通のCPUと比較する場合まあまあ秀逸であると言うことができます。このCPUを検討した方がいい一つの決め手となるでしょう。このCPUはスレッド数を気にする人の場合オススメと考えられるかもしれません。スレッド数を見ておくことが、より的確な決断につながるといえます。

スレッド数評価
Core i9 1390032スレッド66/100

スペック

Core i9 13900
画像Core i9 13900
シリーズ名Raptor Lake
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics 770
通常利用時の最大周波数2GHz
ブースト時の最大周波数5.6GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ32MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ36MB
コア数24コア
マルチスレッド対応
スレッド数32スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報