Core i9 13900 のメリットとデメリットをレビュー

作成日時: 2023-01-03 15:50:31

 Core i9 13900 を徹底評価

Core i9 13900は、IntelのRaptor LakeシリーズのCPUです。内蔵されているグラフィックスは、Intel UHD Graphics 770を採用しており、高品質なグラフィックス処理が可能です。通常利用時の最大周波数は2GHzで、ブースト時の最大周波数は5.6GHzとなっています。また、二次キャッシュ対応で32MBのキャッシュが搭載されており、高速な演算処理が可能です。さらに、三次キャッシュ対応で36MBのキャッシュも搭載されており、より高速な演算処理が可能になっています。このCPUは、24コアに対応しており、マルチスレッドによる処理が可能です。スレッド数も32スレッドまでサポートしており、高速な演算処理が期待できます。

このCPUは、一般的なPCの使用において十分な処理能力を発揮します。グラフィックス処理にも優れた性能を持っているため、ゲームや動画編集にも適しています。また、高速な演算処理を必要とする業務や学術分野においても、十分な性能を発揮します。

総合的に見ると、Core i9 13900は高性能であり、幅広い用途に適しているCPUです。十分な処理能力を持つため、一般的なPC使用から専門的な業務や学術分野まで、幅広く活躍できます。弊社では、Core i9 13900を強くお勧めします。

Core i9 13900 のメリット

  • ブースト時の最大周波数は並外れて高い
  • 極めて多い二次キャッシュ
  • かなり多い三次キャッシュ
  • コア数がトップレベルに位置づけられるほど多い
  • とても多いスレッド数

Core i9 13900 のデメリット

  • 通常利用時の最大周波数が非常に低い

Core i9 13900 の特徴

  • 二次キャッシュに対応している
  • 三次キャッシュに対応している
  • マルチスレッドに対応している

Core i9 13900 の特色や特長を詳しく評価

CPU性能に関する Core i9 13900 の徹底評価

通常利用時の最大周波数について

より性能の高い状態で使用できるといった点で高い通常利用時の最大周波数のCPUは秀でた部類に入るかと思います。たとえばデータの処理が速く、ゲームなどでのパフォーマンスをよくするのに適しています。

「Core i9 13900」の通常利用時の最大周波数は2GHzです。これは平均よりもものすごく低い方のCPUです。

通常利用時の最大周波数評価
Core i9 139002GHz8/100

ブースト時の最大周波数について

消費電力等に余裕がある場合に処理性能を向上できるという点でブースト時の最大周波数が高いCPUはよい部類に入るといえなくもないでしょう。特に高負荷がかかる複雑なタスクを快適に作業するようなときに適していると言えそうです。

ブースト時の最大周波数について「Core i9 13900」は5.6GHzです。これは普通より極めて高いほうに入るブースト時の最大周波数と言えるでしょう。ゲーム等一時的に処理が重くなるのを防止できるので、この商品は極めて良いです。消費電力等に余裕がある場合に処理性能を向上するような場合に「Core i9 13900」はかなり適しています。

ブースト時の最大周波数に関する使用感はもの凄く優れています。これよりも高いクロック数のCPUでもほとんど意味がないと思います。

ブースト時の最大周波数評価
Core i9 139005.6GHz99/100

二次キャッシュ対応について

「Core i9 13900」は二次キャッシュに対応しているCPUです。

二次キャッシュについて

「Core i9 13900」の二次キャッシュは32MBです。このCPUのキャッシュ容量は並外れて多いでしょう。

二次キャッシュという視点で見たとき実際のところの「Core i9 13900」は並外れて優れた部類に入るでしょう。従ってこのCPUはかなり有力な候補の一つになるでしょう。

二次キャッシュ評価
Core i9 1390032MB98/100

三次キャッシュ対応について

「Core i9 13900」は三次キャッシュに対応しているCPUです。

三次キャッシュについて

より高速で処理することができるので、多い三次キャッシュのCPUは優れた部類に入るかと思います。とくによく使うサイトへのアクセスをより早くしたい人が使用する時、向いています。

「Core i9 13900」の三次キャッシュは36MBです。これは極めて多いと言えます。CPU内部で多くのデータをキャッシュできる為、この商品はとても優れていると言えるかもしれません。質の高い作業を意識している人が使用する場合に「Core i9 13900」はかなりおすすめといえるかもしれません。

従ってこのCPUを選ぶ大きな理由の一つとなります。三次キャッシュという観点でこれ以上多いCPUを選んでもあまり意味がないでしょう。

三次キャッシュ評価
Core i9 1390036MB90/100

コア数について

音楽を聴きながらほかのアプリを開いたり役割を分けて処理できるので複数の処理を同時にできる点で多いコア数のCPUは優れているといえなくもありません。とくに同時に多くの処理を実行したい人が使用するなら適しているといえるかもしれません。

コア数について「Core i9 13900」は24コアです。このCPUのコア数は非常に多いと言えるCPUでしょう。高速処理をしたりできるためこの商品は大変良い部類に入ると言えるでしょう。「Core i9 13900」は複数のアプリを実行するときにおすすめだと思います。

実際の所コア数についての実際の使用感はすごく優れています。そのためこのCPUに決める大きな要因になると思います。これ以上多いコア数のCPUでもあまり意味がないと思われます。

コア数評価
Core i9 1390024コア97/100

マルチスレッド対応について

マルチスレッドに対応しているCPUは作業を複数同時処理することができるので優れているかと思います。複数の処理を同時に操作する場合、おすすめだと思います。

「Core i9 13900」はマルチスレッドに対応しているCPUです。そのため複数の処理方法を同時に行うのでエラーが起きにくく利用できる点において優れていると言えそうです。「Core i9 13900」は複数の処理を同時に効率よく処理したい時にお勧めといえるかもしれません。

スレッド数について

多いスレッド数のCPUは複数のデータを同時に処理できるので優れた部類に入るといえなくもありません。マルチタスク処理能力を向上したいようなときにお勧めです。

スレッド数について「Core i9 13900」は32スレッドです。これはかなり多い方に入るCPUです。マルチな作業効率化できるのでこの商品は非常に優れています。「Core i9 13900」は複数の作業を同時にする場合にかなりおすすめといえそうです。

これ以上多いスレッド数のCPUでもほぼ意味がないと思われます。

スレッド数評価
Core i9 1390032スレッド82/100

表で Core i9 13900 の情報一覧を見る

Core i9 13900
画像Core i9 13900
シリーズ名Raptor Lake
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics 770
通常利用時の最大周波数2GHz
ブースト時の最大周波数5.6GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ32MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ36MB
コア数24コア
マルチスレッド対応
スレッド数32スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較する

価格をチェック

Core i9 13900 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。