Ryzen Threadripper PRO 5945WX の良い点・悪い点を検証。徹底評価しました!

作成日時: 2022年07月23日 15時46分54秒、更新日時: 2022年07月23日 16時02分46秒

Ryzen Threadripper PRO 5945WX にはどういった良し悪しがあるCPUなのか?どのような点においてメリットやデメリットがあるかを評価レビュー。どういう点でメリット・デメリットがあるCPUなのかを網羅的にレビューしました。

Ryzen Threadripper PRO 5945WX の特徴と特色についての徹底評価

基本情報について

TDPについて

消費電力を抑え経済的に使用できるため、小さいTDPのCPUは優秀です。とくにサイズが小さくて内部スペースが狭く放熱性が悪いパソコンにも適用するならおすすめと言えるでしょう。

TDPについて「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は280Wです。このCPUの放熱量はものすごく大きいと言えます。

TDP評価
Ryzen Threadripper PRO 5945WX280W0/100

CPU性能の詳細

通常利用時の最大周波数について

CPUの処理速度を速くすることができる点で通常利用時の最大周波数が高いCPUは良いと言えるかもしれません。例えばより素早く高速に処理するため快適に使用したいような時にオススメです。

「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」の通常利用時の最大周波数は4.1GHzです。これは標準的なCPUよりもかなり高いと言える定格クロック数です。またこの商品はCPUの性能を高速化できる点で非常に優秀といえるかもしれません。「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は高速処理を実現するときにとてもオススメと言えるかもしれません。

そのためこのCPUを選ぶ大きな理由の一つとなるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 5945WX4.1GHz98/100

ブースト時の最大周波数について

CPUに最も負担をかける状況下でCPUの処理速度を速くすることができる為、ブースト時の最大周波数が高いCPUは優れた部類に入ると言えるかもしれません。特に高負荷がかかる複雑なタスクを快適に作業するようなときに適していると言えそうです。

ブースト時の最大周波数について「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は4.5GHzです。このCPUのブースト時の最大周波数はかなり高い部類に分けられるCPUだと言えるでしょう。高負荷のワークロードに対して CPU が動作する速度を速くできるのでこの商品はとても良いかと思います。「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は動画編集などの重たい処理を加速するのにとても適していると言えるかもしれません。

ブースト時の最大周波数についての実際の使用感はとても優秀な部類に入るでしょう。従ってこのCPUにする大きな理由の一つになります。これよりも高いクロック数のCPUでも「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」との差をほとんど感じられないと思います。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 5945WX4.5GHz84/100

二次キャッシュ対応について

「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は二次キャッシュに対応しているCPUです。

二次キャッシュについて

二次キャッシュについて「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は6MBです。これはどちらかと言うと多いと言えるキャッシュ容量です。

二次キャッシュという点についての実際の「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」はどちらかといえば秀でた部類に入るでしょう。通常利用であれば問題ないと思われますが、ストレスフリーのためワンランク上のCPUを見てみてもいいのかもしれません。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 5945WX6MB78/100

三次キャッシュ対応について

「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は三次キャッシュに対応しているCPUです。

三次キャッシュについて

三次キャッシュが多いCPUはキャッシュの容量に余裕が出来るので処理速度が早く利用できるので優れてます。たとえばCPUの処理を速くしたい時に適していると言えそうです。

三次キャッシュについて「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は64MBです。これは極めて多いと言えます。複数段階の異なるキャッシュメモリを搭載したプロセッサにおいて、2次キャッシュに収まりきらないデータを格納できるためこの商品は秀でているかもしれません。「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は三次元処理により確実に使用したいような場合にかなり向いていると思います。

三次キャッシュという視点でみたときの実際の使用感はすごく優れているといえそうです。そのためこのCPUはかなりおすすめでしょう。三次キャッシュという観点でこれ以上多いCPUを選んでもあまり意味がないでしょう。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 5945WX64MB97/100

コア数について

複数の処理を同時にできる為、多いコア数のCPUは優秀です。高速でストレスなく使用したいなら適していると言えるかもしれません。

「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」のコア数は12コアです。これは一般的なモノよりやや多いと言えます。処理効率を向上させることができるためこの商品は比較的よいと言えそうです。作業を分担して行えるので処理を早くしたい時に「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は比較的おすすめと言えそうです。

実のところコア数に関する使用感はやや良いといえるかもしれません。そのためコア数という点ならこのCPUは比較的おすすめです。

コア数評価
Ryzen Threadripper PRO 5945WX12コア75/100

マルチスレッド対応について

マルチスレッドに対応しているCPUは複数の情報処理を並行して行うことができるという点で秀でています。複数のタスクを同時処理するのに向いています。

「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」はマルチスレッドに対応しているCPUです。マルチスレッドに対応できるという点でこのCPUは良いでしょう。「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は複数の処理を同時に効率よく処理したい時にお勧めといえるかもしれません。

スレッド数について

複数のスレッドにより多くの処理を実行できる為、スレッド数が多いCPUは優秀です。マルチタスクを快適に処理したいなら適しています。

スレッド数について「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は24スレッドです。これは比較的多い部類に分けられるスレッド数と言えるでしょう。機能を十分に活かした作業ができるのでこの商品は割とよいといえなくもありません。複数のデータを同時に処理する時「Ryzen Threadripper PRO 5945WX」は適していると思います。

実の所スレッド数に関する実際の使用感は比較的良いです。普通に使う分には問題ないと思われますが、こだわりが強い人は一つ上のCPUを見てみてもいいでしょう。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper PRO 5945WX24スレッド72/100

Ryzen Threadripper PRO 5945WX を選ぶべき9つの理由

表で Ryzen Threadripper PRO 5945WX を詳細一覧を確認する

Ryzen Threadripper PRO 5945WX
画像Ryzen Threadripper PRO 5945WX
ソケットの形状Socket sWRX8
TDP280W
通常利用時の最大周波数4.1GHz
ブースト時の最大周波数4.5GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ6MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ64MB
コア数12コア
マルチスレッド対応
スレッド数24スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較する

価格をチェック

Ryzen Threadripper PRO 5945WX の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Ryzen Threadripper PRO 5945WX と評価が同程度のCPUを探す

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.5GHz, ブースト時の最大周波数:4.4GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.4GHz, ブースト時の最大周波数:4.6GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:105W, 通常利用時の最大周波数:3.4GHz, ブースト時の最大周波数:4.5GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:96MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.8GHz, ブースト時の最大周波数:4GHz, 二次キャッシュ:2MB, 三次キャッシュ:4MB, コア数:4コア, スレッド数:8スレッド

TDP:65W, 通常利用時の最大周波数:3.6GHz, ブースト時の最大周波数:4.1GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:8MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

TDP:135W, 通常利用時の最大周波数:2.4GHz, ブースト時の最大周波数:3.4GHz, 三次キャッシュ:24MB, コア数:16コア, スレッド数:32スレッド

TDP:105W, 通常利用時の最大周波数:4.5GHz, ブースト時の最大周波数:5.4GHz, 二次キャッシュ:8MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

通常利用時の最大周波数:3.4GHz, ブースト時の最大周波数:5.4GHz, 二次キャッシュ:24MB, 三次キャッシュ:30MB, コア数:16コア, スレッド数:24スレッド

通常利用時の最大周波数:3.4GHz, ブースト時の最大周波数:5.4GHz, 二次キャッシュ:24MB, 三次キャッシュ:30MB, コア数:16コア, スレッド数:24スレッド

通常利用時の最大周波数:3GHz, ブースト時の最大周波数:5.8GHz, 二次キャッシュ:32MB, 三次キャッシュ:36MB, コア数:24コア, スレッド数:32スレッド

Ryzen Threadripper PRO 5945WX の仕様・スペックを競合製品と比較

定格周波数

画像製品名評価比較したときのおススメ度定格周波数

Ryzen Threadripper PRO 5945WX

98.1-通常利用時の最大周波数:4.1GHz

Ryzen 5 3500

80.0通常利用時の最大周波数:3.6GHz

Ryzen Threadripper 3990X

34.7通常利用時の最大周波数:2.9GHz

Ryzen 5 1600 (AF) BOX with Wraith Stealth Cooler

50.8通常利用時の最大周波数:3.2GHz

Ryzen 3 3100

80.0通常利用時の最大周波数:3.6GHz

Ryzen 3 3300X

97.8通常利用時の最大周波数:3.8GHz

Ryzen 5 3600XT

97.8通常利用時の最大周波数:3.8GHz

Ryzen 9 3900XT

97.8通常利用時の最大周波数:3.8GHz

ブースト時の周波数

画像製品名評価比較したときのおススメ度ブースト時の周波数

Ryzen Threadripper PRO 5945WX

84.9-ブースト時の最大周波数:4.5GHz

Ryzen 5 3500

52.3ブースト時の最大周波数:4.1GHz

Ryzen Threadripper 3990X

67.0ブースト時の最大周波数:4.3GHz

Ryzen 5 1600 (AF) BOX with Wraith Stealth Cooler

26.6ブースト時の最大周波数:3.6GHz

Ryzen 3 3100

40.3ブースト時の最大周波数:3.9GHz

Ryzen 3 3300X

67.0ブースト時の最大周波数:4.3GHz

Ryzen 5 3600XT

84.9ブースト時の最大周波数:4.5GHz

Ryzen 9 3900XT

97.9ブースト時の最大周波数:4.7GHz

スレッド数

画像製品名評価比較したときのおススメ度スレッド数

Ryzen Threadripper PRO 5945WX

72.8-スレッド数:24スレッド

Ryzen 5 3500

24.7スレッド数:6スレッド

Ryzen Threadripper 3990X

98.1スレッド数:128スレッド

Ryzen 5 1600 (AF) BOX with Wraith Stealth Cooler

48.8スレッド数:12スレッド

Ryzen 3 3100

34.7スレッド数:8スレッド

Ryzen 3 3300X

34.7スレッド数:8スレッド

Ryzen 5 3600XT

48.8スレッド数:12スレッド

Ryzen 9 3900XT

72.8スレッド数:24スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報