Ryzen Threadripper PRO 3975WX のメリットとデメリットをレビュー

作成日時: 2022-07-23 13:52:43

Ryzen Threadripper PRO 3975WX はどのくらい利便性が高いかを詳しく評価してみました。どの程度優れているのでしょうか。Ryzen Threadripper PRO 3975WXにするべきか考えているならオススメする記事です。

Ryzen Threadripper PRO 3975WXは、Socket sWRX8という形状で、TDP280Wという温度設定が施されています。通常利用時の最大周波数は3.5GHzであり、ブースト時の最大周波数は4.2GHzです。このCPUは二次キャッシュに対応しており、そのサイズは16MBです。また、三次キャッシュにも対応しており、そのサイズは128MBとなっています。Ryzen Threadripper PRO 3975WXには32コアが搭載されており、マルチスレッドにも対応しています。スレッド数は64スレッドということです。このCPUは、高性能なプロセッサーであり、特に大規模な処理に向いています。大容量のキャッシュメモリーによって、高速処理を実現することができます。また、スレッド数が多いため、複数の処理を同時に行い、効率的に作業を行うことができます。このような特徴から、ビッグデータ処理や映像編集といった用途に最適と言えます。お勧め度は高く、大規模処理が必要な場合にはぜひこのCPUを選んでいただきたいと思います。

メリット

  • 高い通常利用時の最大周波数
  • 二次キャッシュがかなり多い
  • かなり多い三次キャッシュ
  • コア数がトップレベルに位置づけられるほど多い
  • 非常に多いスレッド数

デメリット

  • とても大きいTDP

特徴

  • 二次キャッシュに対応している
  • 三次キャッシュに対応している
  • マルチスレッドに対応している

Ryzen Threadripper PRO 3975WX の特性と特長について

Ryzen Threadripper PRO 3975WX の基本情報を詳しく評価

TDPについて

CPU から発した熱量をパソコン外部へ十分放出できる為、小さいTDPのCPUは優れた部類に入るかもしれません。発熱や消費電力を抑制するときに向いていると思います。

「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」のTDPは280Wです。これは並外れて大きいTDPと言えるでしょう。

TDP評価
Ryzen Threadripper PRO 3975WX280W0/100

CPU性能の詳細

通常利用時の最大周波数について

動作周波数の動的な向上を実現できるという点で高い通常利用時の最大周波数のCPUは優れていると言えるでしょう。たとえばデータの処理が速く、ゲームなどでのパフォーマンスをよくするのに適しています。

「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」の通常利用時の最大周波数は3.5GHzです。このCPUの通常利用時の最大周波数はほどよく高いCPUと言えます。処理速度のバランスがとれて効率よく稼働できるので、この商品はどちらかと言うとよいと思います。高性能で高速に使用するような場合「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は適していると言えそうです。

実の所通常利用時の最大周波数に関する実際の使用感はどちらかといえばよいです。そのため通常利用時の最大周波数という点場合、このCPUは候補の一つに挙がります。通常利用であれば不満を感じない水準ですが、もう少し高い定格クロック数のCPUもあるため決め手になるほどではありません。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 3975WX3.5GHz71/100

ブースト時の最大周波数について

消費電力等に余裕がある場合に処理性能を向上できるという点でブースト時の最大周波数が高いCPUはよい部類に入るといえなくもないでしょう。特に高負荷がかかる複雑なタスクを快適に作業するようなときに適していると言えそうです。

ブースト時の最大周波数について「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は4.2GHzです。これは一般的なものと比較するとほとんど同じと言えるでしょう。消費電力等に余裕がある場合に処理性能を向上する場合、通常の場合であれば「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」でもたぶん問題はないと思います。

実の所ブースト時の最大周波数という観点からみたときの実際の使用感は中程度です。普通に使う分にはそれなりに使えるもののこのCPUが特別とまでは言えません。こだわりが強い人にとっては不足している可能性があり、もう一つ上を検討をお勧めします。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 3975WX4.2GHz59/100

二次キャッシュ対応について

「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は二次キャッシュに対応しているCPUです。

二次キャッシュについて

「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」の二次キャッシュは16MBです。標準と比べるとこのCPUの二次キャッシュはとても多い部類のCPUでしょう。

二次キャッシュという視点に関する実際の所の「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は極めて優れています。そのためこのCPUを選ぶ上で大きな理由になると思います。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 3975WX16MB97/100

三次キャッシュ対応について

「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は三次キャッシュに対応しているCPUです。

三次キャッシュについて

三次キャッシュが多いCPUはキャッシュの容量に余裕が出来るので処理速度が早く利用できるので優れてます。とくによく使うサイトへのアクセスをより早くしたい人が使用する時、向いています。

三次キャッシュについて「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は128MBです。これは普通のCPUより非常に多い部類の三次キャッシュと言えるでしょう。キャッシュメモリを有効に活用し演算処理をできるのでこの商品は極めて優秀な部類に入ると思います。質の高い作業を意識している人が使用する場合に「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」はかなりおすすめといえるかもしれません。

「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は実際の所三次キャッシュという点について極めて優秀です。従ってこのCPUに決める上で大きな判断材料になるでしょう。三次キャッシュという点でこれ以上多いCPUでもほぼ意味がないと思われます。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 3975WX128MB98/100

コア数について

音楽を聴きながらほかのアプリを開いたり役割を分けて処理できるので複数の処理を同時にできる点で多いコア数のCPUは優れているといえなくもありません。とくに同時に多くの処理を実行したい人が使用するなら適しているといえるかもしれません。

コア数について「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は32コアです。このCPUのコア数は非常に多いと言えるCPUでしょう。負荷のかかる作業を高速で行う事ができるのでこの商品はよいかもしれません。「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は同時進行で違う処理の作業をしたいならかなり向いています。

コア数についての「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」の使用感は並外れて優れた部類に入るでしょう。そのためこのCPUに決める大きな要因になると思います。これより多いコア数のCPUを選んでも「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」との差をほとんど感じられないと思います。

コア数評価
Ryzen Threadripper PRO 3975WX32コア97/100

マルチスレッド対応について

マルチスレッドに対応しているCPUは複数の情報処理を並行して行うことができるという点で秀でています。例えば配列演算処理を行うことで作業を効率化したいならおすすめと思います。

「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」はマルチスレッドに対応しているCPUです。マルチスレッドに対応できるという点でこのCPUは良いでしょう。「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は複数の処理を同時に効率よく処理したい時にお勧めといえるかもしれません。

スレッド数について

複数のスレッドにより多くの処理を実行できる為、スレッド数が多いCPUは優秀です。マルチタスクを快適に処理したいなら適しています。

スレッド数について「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は64スレッドです。これはかなり多い方に入るCPUです。並行処理で高速に快適に使用できる為、この商品はとても優秀です。マルチタスク処理能力を更にアップするようなときに「Ryzen Threadripper PRO 3975WX」は適しています。

これ以上多いスレッド数のCPUでもほぼ意味がないと思われます。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper PRO 3975WX64スレッド97/100

表で Ryzen Threadripper PRO 3975WX 関して情報概要を見る

Ryzen Threadripper PRO 3975WX
画像Ryzen Threadripper PRO 3975WX
ソケットの形状Socket sWRX8
TDP280W
通常利用時の最大周波数3.5GHz
ブースト時の最大周波数4.2GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ16MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB
コア数32コア
マルチスレッド対応
スレッド数64スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較する

価格をチェック

Ryzen Threadripper PRO 3975WX の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。