インテル Celeron G6900 の評価を徹底解説

作成日時: 2022-01-04 13:50:36

インテル Celeron G6900 のどういった点で良い点・悪い点があるCPUなのかについてわかりやすくレビューしてみました。どれくらい使い勝手が優れているかについて検証していきます。

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

35.1/100

(総合: 1276位)

評価項目点数
TDP
97/100
通常利用時の最大周波数
64/100
ブースト時の最大周波数
19/100
二次キャッシュ
44/100
三次キャッシュ
9/100
コア数
10/100
総合評価35.1/100

インテル Celeron G6900は、Intelの最新CPUシリーズであるAlder Lakeの一つです。このCPUには、Intel UHD Graphics 710が内蔵されており、通常利用時の最大周波数は3.4GHzで、ブースト時の最大周波数も3.4GHzとなっています。また、二次キャッシュにも対応しており、二次キャッシュの容量は2MB、三次キャッシュの容量は4MBです。コア数は2コアで、スレッド数も2スレッドです。対応最大メモリー容量は128GBです。

インテル Celeron G6900は、省電力性に優れ、最大TDPは46Wとなっています。これにより、高い性能を維持しながらも、システムの電力消費を抑えることができます。

また、インテル Celeron G6900は、多数の優れた機能を搭載しています。例えば、AIニューラルネットワークアクセラレーションやディスクリートGPUのサポートが挙げられます。これらの機能により、より高速で高品質の処理が可能となります。

このCPUは、一般的なPCユーザーやゲームプレイヤーにとっても、非常に高い性能を発揮することができます。さらに、省電力性に優れているため、ノートパソコンなどの携帯性に優れた機器にも適しています。

総合的に、インテル Celeron G6900は、高性能で省電力性に優れたCPUであると言えます。このCPUを選ぶことで、高速で高品質な処理を実現しながら、電力消費を抑えることができます。強くお勧めします。

インテル Celeron G6900 のメリット

  • TDPはかなり小さい

インテル Celeron G6900 のデメリット

  • ブースト時の最大周波数は非常に低い
  • 三次キャッシュはとても少ない
  • コア数は非常に少ない
  • スレッド数はかなり少ない

インテル Celeron G6900 の特徴

  • 二次キャッシュに対応している
  • 三次キャッシュに対応している

よく注目される点から インテル Celeron G6900 を評価する

インテル Celeron G6900 のCPU性能について評価

通常利用時の最大周波数について

通常利用時の最大周波数が高いCPUはデータの処理が速く、ゲームなどでのパフォーマンスをよくすることができる点で優れています。例えばゲームなどの高速な処理が必要な作業をするといったときに向いています。

「インテル Celeron G6900」の通常利用時の最大周波数は3.4GHzです。普通のCPUと比較してこのCPUの定格クロック数は比較的高いでしょう。常態でも良いパフォーマンスでデータ処理するのに通常の場合なら「インテル Celeron G6900」でもおそらく問題に感じることはないと言えるでしょう。通常利用であればさほど困らないものであるため、決定的とまでは言えないでしょう。こだわりが強い人にとっては物足りなさを感じる可能性があり、もう一つ上のCPUを見てみた方がいいのかもしれません。

通常利用時の最大周波数評価
インテル Celeron G69003.4GHz64/100

ブースト時の最大周波数について

ブースト時の最大周波数が高いCPUは急に負荷が上がるゲームなどでも処理が遅れる事なく動作できる点で優れています。特に高負荷のゲームで多数のオブジェクトを表示するのに向いています。

「インテル Celeron G6900」のブースト時の最大周波数は3.4GHzです。これは一般的なCPUと比べてとても低いでしょう。ブースト時の最大周波数という観点から選ぶなら「インテル Celeron G6900」はあまり選択肢に入れない方がいいです。

ブースト時の最大周波数評価
インテル Celeron G69003.4GHz19/100

二次キャッシュ対応について

二次キャッシュに対応しているCPUはデータのアクセスの遅延を軽減して軽快にアプリケーションを実行できる点で秀でています。例えば処理が効率的に素早く目的のデータへアクセスするといったときで重宝します。

「インテル Celeron G6900」は二次キャッシュに対応しているCPUです。そのため二次キャッシュメモリの存在により、メインメモリへのアクセスを減らすことができ高速化できる点で秀でています。メインメモリへのアクセスを減らすことができるのでパフォーマンスを高速化するのに「インテル Celeron G6900」は適しています。

二次キャッシュについて

二次キャッシュが多いCPUは色々な作業をパソコンの処理速度を落とす事なく使用できる点で秀でています。特にメインメモリへのアクセス頻度を減少させてパソコンを高速化するといったようなときで役に立ちます。

二次キャッシュについて「インテル Celeron G6900」は2MBです。これは普通のCPUと比べると同じくらいと言えるでしょう。よく使うデータなどを素早く利用して作業したい場合でも通常の場合なら「インテル Celeron G6900」を選んでもおそらく十分でしょう。通常利用であればあまり問題なく使えるくらいのモノのため「インテル Celeron G6900」が決定的とまでは言えません。玄人には物足りなさを感じるかもしれないため、もう一つ上を検討した方がいいでしょう。

二次キャッシュ評価
インテル Celeron G69002MB44/100

三次キャッシュ対応について

三次キャッシュに対応しているCPUはデータ処理の過程で、二次キャッシュ以上にデータを保持できる点で使い勝手が良いです。例えば処理が効率的に素早く目的のデータへアクセスするといった場合で重宝します。

「インテル Celeron G6900」は三次キャッシュに対応しているCPUです。そのため製品価格を抑えてCPUのパフォーマンスをアップさせることができる点で秀でています。データ量の大きいゲームを安定してプレイするなら「インテル Celeron G6900」はおすすめです。

三次キャッシュについて

三次キャッシュが多いCPUは一次キャッシュや2次キャッシュで処理できないような沢山のデータのメモリを処理することができる点で使い勝手が良いです。例えばメインメモリより高速なキャッシュを使って、同時に複数の作業を行う際も素早く処理するのに向いています。

三次キャッシュについて「インテル Celeron G6900」は4MBです。平均的なCPUとくらべてこのCPUのキャッシュ容量はとても少ない方のCPUと言えます。三次キャッシュにこだわりがなくても日常で利用していてストレスを感じる可能性があるためもうワンランク上にすることをおすすめします。

三次キャッシュ評価
インテル Celeron G69004MB9/100

コア数について

コア数が多いCPUは複数のアプリケーションを同時に処理できる点で使い勝手が良いです。例えば同時に作業できる数が多く快適に操作するといったようなときで役立ちます。

「インテル Celeron G6900」のコア数は2コアです。標準的なCPUと比べてこのCPUのコア数はとても少ない方のCPUです。コア数にこだわりが無い人でも不満を感じるかもしれません。従ってもうワンランク上のCPUを考えた方が良さそうです。

コア数評価
インテル Celeron G69002コア10/100

スレッド数について

スレッド数が多いCPUは同時に複数の作業を処理効率を上げることができる点で使い勝手が良いです。例えばパソコンの複数の処理を効率的に並行実施するようなときで役に立ちます。

「インテル Celeron G6900」のスレッド数は2スレッドです。平均的なCPUと比較してこのCPUのスレッド数はとても少ない方に分けられるCPUでしょう。スレッド数にほとんどこだわりが無い人でも普通に利用していて不満を感じる可能性があるためワンランク上のCPUを考えることをお勧めします。

スレッド数評価
インテル Celeron G69002スレッド0/100

インテル Celeron G6900 の基本情報について評価

TDPについて

TDPが小さいCPUは消費電力が少なくなるので、電力を節約できる点で使い勝手が良いです。特に放熱量が少ないのでパソコンを小型化するといったようなときにおススメです。

TDPについて「インテル Celeron G6900」は46Wです。これは標準的なCPUと比較してとても小さい部類に分けられる放熱量と言えるでしょう。またこの商品は発熱量が少なく、組み込み機器にも搭載できる点で非常に良いです。消費電力が少ないので充電出来ない環境でも長時間使用したいなら「インテル Celeron G6900」はかなりおすすめです。従って「インテル Celeron G6900」はかなり有力な候補の一つに挙がるでしょう。TDPという観点でこれ以上小さいCPUでも「インテル Celeron G6900」との違いをほとんど体感出来ないと思われます。

TDP評価
インテル Celeron G690046W97/100

インテル Celeron G6900 の詳細情報

インテル Celeron G6900
画像インテル Celeron G6900
シリーズ名Alder Lake
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics 710
TDP46W
通常利用時の最大周波数3.4GHz
ブースト時の最大周波数3.4GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ2MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ4MB
コア数2コア
スレッド数2スレッド
対応最大メモリー128GB

類似のCPUを探す

他のCPUと比較する

価格をチェック

インテル Celeron G6900 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。