【2023年最新】 Ryzen Threadripper 3990X 評価

2023-06-04 02:24:37

総合評価

72.7/100

(総合順位: 4/3243)

評価項目点数
TDP
5/100
通常利用時の最大周波数
58/100
ブースト時の最大周波数
66/100
二次キャッシュ
95/100
三次キャッシュ
95/100
コア数
95/100
スレッド数
95/100
総合評価72.7/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen Threadripper 3990Xにおいて、通常利用時の最大周波数は2.9GHzというデータであると言えます。これは中程度のレベルと言ったレベルと言うことができそうです。全てのCPUの中でも通常利用時の最大周波数の評価点数は中程度のレベルと言ったレベルであり、100点中58点という評価をつけています。最新のテクノロジーが搭載されたこのCPUは、高い通常利用時の最大周波数により、高速な処理が可能です。さらに、冷却性能に優れ、長時間の利用でも安定した動作が期待できます。

パターン1: 通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリットは、一般的なアプリケーションやウェブサイトの使用に最適化された動作速度を実現できることです。さらに、高い周波数によってプロセッサーが効率的にタスクに取り組めるため、大規模なデータ処理やマルチタスクにも有利なのです。

通常利用時の最大周波数において実際の使用場面では、Ryzen Threadripper 3990Xは平均レベルであると言うことができるでしょう。商品選択において、通常利用時の最大周波数の情報は殆ど役に立ちません。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper 3990X2.9GHz58/100

ブースト時の最大周波数

Ryzen Threadripper 3990Xのブースト時の最大周波数について4.3GHzというデータといえます。全てのCPUの中で高い水準に位置します。普通のCPUと比較するとこれは秀逸であるCPUかもしれません。このCPUは最大周波数が非常に高く、厳しい処理でも高速に処理が可能です。また、省電力設計や高性能クーラーを搭載しているため、省エネと冷却効果が両立し、長時間の使用でも安心です。

CPUを選ぶ際には、ブースト時の最大周波数が高いものがおすすめです。最大周波数が高いCPUは、高負荷な作業をスムーズにこなせるだけでなく、省電力性能も向上しています。つまり、長時間の作業やバッテリー駆動時にも優れたパフォーマンスを発揮し、快適に使用することができます。

この評価情報から明白に分かるように、Ryzen Threadripper 3990Xはそれなりに高位グレードに位置づけられるといえます。したがって、ブースト時の最大周波数を気にする人の場合、このCPUを使ったほうがいいと言えそうです。このCPUは有力な候補の一つになるでしょう。ともあれブースト時の最大周波数は、不可欠な指標の1つになります。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper 3990X4.3GHz66/100

二次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper 3990Xは二次キャッシュに対応していると言えます。このCPUは、二次キャッシュに対応しているため、高速な処理が可能です。また、ビジネスにおいて、多数のデータ処理を一度に行う必要がある場合にも、スムーズな処理が期待できます。

二次キャッシュ対応CPUは、処理速度を上げるだけではなく、省エネ効果にも優れています。二次キャッシュの搭載により、CPUがメインメモリにアクセスする回数が減るため、エネルギーの無駄な消費を抑えることが可能です。さらに、省エネ機能が強化されているデスクトップPCなどでは、二次キャッシュ対応CPUを搭載することで、消費電力の削減が期待できます。

二次キャッシュ

Ryzen Threadripper 3990Xにおいて、二次キャッシュは32MBというデータです。一般的なCPUより二次キャッシュは極めて多いCPUとなるかもしれません。二次キャッシュについての得点評価は100点満点中95点というデータになっています。多い二次キャッシュを搭載したこのCPUは、マルチタスクにも適しており、複数のアプリケーションを同時に使いたいユーザーにもおすすめです。また、静音性にも配慮されており、作業中の騒音を軽減します。

二次キャッシュが多いCPUの最後のメリットとしては、より高い安定性が挙げられます。キャッシュによって、CPUがアクセスするメモリの回数が減少するため、不意のアクセスミスを防ぎ、システム全体の安定性が高まります。また、キャッシュ容量が大きくなることで、CPUがより多くのデータを保持できるため、特定のアプリケーションでの処理中にも、リソースの誤使用を防ぐことができます。それによって、システム全体の信頼性と安定性が向上し、より快適なコンピューティング環境を提供することができます。

実用上の意味合いで言えばRyzen Threadripper 3990Xは著しく優秀であるCPUということが分かります。したがってこのCPUは二次キャッシュに配慮するのならぴったりと考えられるかもしれません。いずれにしても二次キャッシュを加味することでより良い判断ができると言えます。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper 3990X32MB95/100

三次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper 3990Xは三次キャッシュに対応しているといえるでしょう。このCPUには、三次キャッシュに対応しているため、高速かつスムーズな処理が可能です。データの読み書きが素早く行われるため、作業効率が向上します。

三次キャッシュに対応しているCPUは、データ処理において優れたパフォーマンスを発揮します。三次キャッシュによって、データの転送がスピーディーに行われ、高速な処理が可能となります。特に、動画や画像処理など、高負荷な処理においても、滑らかな動作を実現できます。

三次キャッシュ

三次キャッシュについて、Ryzen Threadripper 3990Xは256MBというデータです。普通と比較する場合、このCPUの三次キャッシュがダントツで多いCPUと言えます。三次キャッシュにおける評価点は100点満点中95点というデータです。これは全CPUの中でも最上級にあります。このCPUには素晴らしい機能のひとつとして、多い三次キャッシュがあります。処理速度を上げるためには欠かせない性能であり、非常に重要な選択理由のひとつになるでしょう。

三次キャッシュが多いCPUのメリットは、処理能力の向上です。三次キャッシュは、CPUに搭載されたメモリーであり、処理速度を高速化するために利用されます。三次キャッシュが多いCPUは、大量のデータの処理や複雑なアプリケーションの実行などに優れたパフォーマンスを発揮します。また、プログラムを高速に読み込むことができるため、コンピューターの応答性が改善されます。

これらの評価情報を見ると、Ryzen Threadripper 3990Xは飛び抜けて優れた水準にあるCPUであると言えるでしょう。したがって三次キャッシュが重要な場合このCPUは最適と思います。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper 3990X256MB95/100

コア数

Ryzen Threadripper 3990Xに関して、コア数は64コアというデータであるといえます。すべてのCPUの中でもコア数の評点は特に優れたCPUの代表で、100点中95点となります。普通のCPUと比べる場合コア数は飛び抜けて多いと言えます。(商品名)のCPUを使ってみた感想ですが、このCPUは多いコア数を備えており、処理能力が非常に高いです。特に、複数のプログラムを同時に使用する場合や、ビデオ編集などの処理が必要な場合には、非常におすすめです。

コア数が多いCPUは、高速処理に加えて、ハイパースレッディング技術などのテクノロジーにより、各コアが2つの物理コアとして振る舞うことができます。これにより、処理能力がさらに向上し、速度とパフォーマンスに優れるCPUを使用することができます。

Ryzen Threadripper 3990Xはかなり上位グレードにあると考えることができます。このCPUが選択肢にあがる一つの決め手になります。またコア数を気にする人にとってこのCPUを検討した方が良いと言えそうです。いずれにしてもコア数は欠かせない基準の1つになると言えます。

コア数評価
Ryzen Threadripper 3990X64コア95/100

マルチスレッド対応

Ryzen Threadripper 3990Xはマルチスレッドに対応しているCPUとなります。パソコンの性能を決めるCPUがマルチスレッドに対応しているということは、複数のタスクを効率的に処理することができます。このCPUは、高い性能を持ち合わせ、複雑な処理や多重タスクにもストレスなく対応できます。より良いパフォーマンスを求める方にはぴったりの選択肢です。

マルチスレッドに対応しているCPUのメリットは何でしょうか。まず、複数のタスクを同時に処理できるため、処理速度が向上します。その結果、時間の短縮と生産性の向上が期待できます。さらに、マルチタスキングが可能になるため、2つ以上のアプリケーションを同時に使用することができます。これにより、より効率的に作業を進めたり、複数の作業を同時に行うことができます。

スレッド数

スレッド数においてRyzen Threadripper 3990Xは128スレッドというデータになっています。すべてのCPUの中でも秀でています。普及しているCPUと比べる場合、これは秀逸であるCPUだと思われます。

この評価から明確なように、スレッド数についてRyzen Threadripper 3990Xは非常に高いグレードに位置すると思います。このCPUにする一つの基準といえるでしょう。またスレッド数を気にする場合このCPUは最適の選択と言えます。ともあれスレッド数は意思決定に関する欠かせない基準の1つになります。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper 3990X128スレッド95/100

基本情報

TDP

TDPについて、Ryzen Threadripper 3990Xは280Wになります。全てのCPUの中でもTDPに関するスコア評価は特に劣ったCPUです。評価点数は100点満点中5点というデータになっています。標準的なCPUより、これは下回っているCPUとなるでしょう。

TDPが小さいCPUの特徴的なメリットには、小型化・省スペース化が挙げられます。TDPが小さいことで、冷却ファン・ヒートシンクなどの部品も小型でよくなり、パソコンの設置場所を選ばず、省スペース化が可能になります。また、省電力性も高く、長期間の使用でも負担を感じることがありません。

Ryzen Threadripper 3990Xはかなりの下位と言えるでしょう。したがってこのCPUはお勧めできません。またこのCPUはTDPに注目するならあまりよくない選択と考えられるかもしれません。

TDP評価
Ryzen Threadripper 3990X280W5/100

スペック

Ryzen Threadripper 3990X
画像Ryzen Threadripper 3990X
ソケットの形状Socket sTRX4
TDP280W
通常利用時の最大周波数2.9GHz
ブースト時の最大周波数4.3GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ32MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ256MB
コア数64コア
マルチスレッド対応
スレッド数128スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報