Ryzen 5 3500 レビュー

2023-06-04 00:41:19

総合評価

52.7/100

(総合順位: 146/3270)

評価項目点数
TDP
63/100
通常利用時の最大周波数
82/100
ブースト時の最大周波数
58/100
コア数
34/100
スレッド数
26/100
総合評価52.7/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 5 3500に関する通常利用時の最大周波数について3.6GHzというデータとなっています。平均と比較する場合、著しく通常利用時の最大周波数が高いと言えるCPUであると思われます。全てのCPUの中で最上位グレードにあると言えます。通常利用時における高い最大周波数は、このCPUの最大の魅力の一つです。処理速度が速く、作業やゲームをスムーズに行うことができます。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリットは、処理速度が非常に高くなることです。これにより、複雑な作業や大量のデータ処理でもスムーズに行え、作業効率が格段に上がります。また、CPUの負荷も軽くなり、電力消費量も削減できるため、省エネにもつながります。

通常利用時の最大周波数においてRyzen 5 3500はとても上位レベルにあると考えられます。このためこのCPUは強力な選択肢の一つです。通常利用時の最大周波数は欠かせない手掛かりになると言えます。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 5 35003.6GHz82/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数についてRyzen 5 3500は4.1GHzというデータです。レビューワーによるブースト時の最大周波数における得点評価は100点中58点となっています。これはブースト時の最大周波数が普通グレードのCPUといえます。このCPUは高いブースト時の最大周波数を誇ります。これにより、負荷のかかるアプリケーションでもスムーズかつ迅速に処理を行うことができます。高い性能を求めるプロフェッショナルに最適な製品です。

ブースト時の最大周波数が高いCPUには、より高い処理能力と速度があります。これは、複雑なアプリケーションをよりスムーズに実行できることを意味します。また、より速いデータ処理や作業により、生産性が向上し、作業時間が短縮されます。

この評価から明白にわかるように実用的な観点から見ると、ブースト時の最大周波数においてRyzen 5 3500はまあまあな感じであることが分かるでしょう。ほかの側面をみて考えた方がよいと言えます。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 5 35004.1GHz58/100

コア数

コア数に関してRyzen 5 3500は6コアというデータであるといえます。これは通常のCPUよりやや物足りない水準にあると言うことができそうです。全CPUの中でもややイマイチなレベルにあります。

コア数が多いCPUは、高度な処理を行う際に特に威力を発揮します。マルチタスク処理が要求される場合にも、コア数が多いCPUならば同時に行うことができます。また、より高速で処理を行うことができるため、作業の効率が向上します。

コア数において実際の使用を考慮するとRyzen 5 3500はそれなりに物足りないレベルにあると感じとれると思います。しかし絶対的とまでは必ずしも判断できないため注意が必要と言うことができるでしょう。

コア数評価
Ryzen 5 35006コア34/100

スレッド数

スレッド数に関してRyzen 5 3500は6スレッドというデータです。スレッド数の点ではそこそこ低いレベルに位置づけられ、点数評価は100点満点中26点です。これは普通より、スレッド数は比較的少ないと考えることができそうです。

スレッド数において体感上の視点から見るとRyzen 5 3500はわりと微妙なレベルに感じられると思います。このCPUを使うべきではない一つの大きな理由となるでしょう。またスレッド数を気にする場合このCPUを使うべきではないと考えることができそうです。

スレッド数評価
Ryzen 5 35006スレッド26/100

基本情報

TDP

Ryzen 5 3500の場合、TDPは65Wというデータになっています。普通のCPUと比べる場合これは秀逸であるCPUと言えそうです。すべてのCPUの中でもTDPの点数評価はそれなりに優れたCPUであり、評価点数は100点中63.3点と言えます。低消費電力と高性能を両立させたこのCPUの特徴として、小さいTDPが挙げられます。このため、パソコンなどの電子機器を長時間使用する際にも、電力消費量を抑えることができ、経済的かつ環境に優しい製品となっています。

TDPが小さいCPUを使うことで、静音性能が向上します。発熱が少ないため、ファンの回転数を抑えることができ、静音なパソコン環境を実現することができます。さらに、熱対策に必要な冷却ファンを減らすことができるので、コンパクトなパソコンを作ることもできます。

これらの評価から明白なように、TDPの角度で実際の使用場面を考えるとRyzen 5 3500は幾分か高い水準にあるCPUであるということが分かるでしょう。ただ、確定的とまでは言い切れないため気を付けて検討する必要性があります。

TDP評価
Ryzen 5 350065W63/100

スペック

Ryzen 5 3500
画像Ryzen 5 3500
ソケットの形状Socket AM4
TDP65W
通常利用時の最大周波数3.6GHz
ブースト時の最大周波数4.1GHz
コア数6コア
スレッド数6スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報