総合評価

51.6/100

(総合順位: 167/3270)

評価項目点数
TDP
25/100
通常利用時の最大周波数
30/100
ブースト時の最大周波数
30/100
三次キャッシュ
84/100
コア数
70/100
スレッド数
70/100
総合評価51.6/100

評価レビュー

基本情報

TDP

Xeon E5-2695 v4について、TDPは120Wとなっています。これはTDPがまあまあ大きいCPUと言うことができるでしょう。比較的下位水準に位置します。

TDPが小さいCPUには、エネルギー効率の良さがあります。そのため、省電力になり、長時間動作することが可能です。また、それに伴い、発熱が少ないため、静音性にも優れています。

TDPに関して実際に使うことを想定したときXeon E5-2695 v4はそれなりに劣っていると言えるでしょう。したがって、このCPUは選択肢の一つからはずれると言えそうです。また、TDPを重視するなら、このCPUに決めるべきでないと考えられるかもしれません。

TDP評価
Xeon E5-2695 v4120W25/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数においてXeon E5-2695 v4は2.1GHzというデータになっています。全てのCPUの中で通常利用時の最大周波数の得点評価は微妙なレベルにあるCPUです。100点満点中30点という評点をつけています。これは普通のCPUより通常利用時の最大周波数は比較的低いと考えることができそうです。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリットは、処理速度が非常に向上することです。通常のタスクも非常にスムーズに実行できるため、ユーザーエクスペリエンスが大きく向上します。また、多くのアプリケーションやゲームにおいて、高速な処理が求められるため、このようなCPUは非常に重要な存在となっています。

これらの評価で明確にわかるように通常利用時の最大周波数についてXeon E5-2695 v4はそこそこ下位に位置すると考えることができます。一方で、決定的とまでは判断できないため要注意です。

通常利用時の最大周波数評価
Xeon E5-2695 v42.1GHz30/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数に関して、Xeon E5-2695 v4は3.3GHzというデータであると言えます。普通と比較する場合これは幾分かイマイチなレベルにあるCPUと言うことができます。ブースト時の最大周波数という点ではすべてのCPUの中で比較的低い水準に位置づけられます。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、高速な処理が可能なため、短時間で大量の作業をこなすことができます。そのため、多くのソフトウェア開発者やITエンジニア、クリエイターなどが、高い処理性能を必要とする作業には高い周波数のCPUを使用しています。また、高周波数のCPUを使用することで、映像処理や画像処理などの作業が高精度で行えるため、高品質な出力を実現できます。

ブースト時の最大周波数について実際的な面で見るとXeon E5-2695 v4は標準的なCPUと比べるとそこそこ物足りない水準に感じると思います。従って、このCPUは選択肢からはずれると思います。また、このCPUはブースト時の最大周波数に配慮する人にとって微妙な選択肢と言うことができそうです。ともあれ、ブースト時の最大周波数を加味することで、より正確な決断ができると言えるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
Xeon E5-2695 v43.3GHz30/100

三次キャッシュ対応

Xeon E5-2695 v4は三次キャッシュに対応しているCPUであると言えます。最新技術を取り入れたこのCPUは、高速な処理能力に加え、三次キャッシュによる大量データ処理も容易にこなせます。業務用途からプライベートまで、あらゆる用途に対応した高性能CPUです。

三次キャッシュに対応しているCPUは、ゲームや動画編集など、高負荷なアプリケーションを使用するユーザーには必要不可欠な存在です。また、無駄な処理を排除するため、CPUの動作時間も短縮され、必要以上に発熱することもありません。

三次キャッシュ

三次キャッシュに関して、Xeon E5-2695 v4は45MBというデータになっています。三次キャッシュという点についてはすべてのCPUの中で最上位グレードに位置するでしょう。基本的なCPUと比べる場合極端に三次キャッシュは多いと言うことができるCPUだと思います。このCPUには、多い三次キャッシュが装備されています。三次キャッシュは、CPUが高速に処理を行うために必要なコアな技術であり、このCPUは高度な処理能力を発揮できます。

三次キャッシュが多いCPUは、高速なデータ処理において、競合他社よりも優れた性能を発揮します。また、省電力化により、エネルギーコストを抑えることができます。特に、大量のデータ処理や複雑な計算が必要な場合には、三次キャッシュが多いCPUはおすすめです。

三次キャッシュに関して実用上の観点で考えるとXeon E5-2695 v4は非常に優秀と感じると思います。したがって、三次キャッシュを優先したい場合、このCPUは選択肢にあがると言えそうです。そうでなくとも、このCPUにする方がよい一つの決め手と言えるかもしれません。

三次キャッシュ評価
Xeon E5-2695 v445MB84/100

コア数

コア数において、Xeon E5-2695 v4は18コアというデータとなっています。すべてのCPUの中でもコア数についての評点はそこそこ抜きん出たCPUであり、得点は100点中70点です。一般的なCPUより、コア数は比較的多いと言うことができます。このCPUは、多数のコアを備え、高速かつ効率的な処理を実現することができます。そのため、PCを使用する際の快適さを求める方や、高負荷な作業に取り組む方にとって、理想的な選択肢であることが言えます。

コア数が多いCPUは、多くのアプリケーションがよりスムーズに実行されることができ、処理速度が向上します。また、CPUに処理を分散させることで、より高速な動作が可能となります。多くのアプリケーションを同時に使用する場合に特に威力を発揮します。

実際に使用する場合コア数においてXeon E5-2695 v4は比較的高いグレードにあると言うことができるでしょう。ただし、確定的とまでは必ずしも判断できないため気を付ける必要があると言うことができます。

コア数評価
Xeon E5-2695 v418コア70/100

マルチスレッド対応

Xeon E5-2695 v4はマルチスレッドに対応しているCPUとなっています。最新の技術が搭載されたこのCPU、マルチスレッドに対応しており、従来よりも高速な処理が可能になりました。快適なパソコンライフにはこのCPUが不可欠です。

マルチスレッドに対応しているCPUは、複数のプログラムを同時に処理できるため、作業効率の向上に大きく貢献することができます。また、高速処理が可能なため、重い処理を要する作業においても、ストレスなく作業を行うことができます。マルチスレッドに対応しているCPUを利用すれば、作業効率の向上はもちろん、快適な作業環境を実現することができます。

スレッド数

スレッド数においてXeon E5-2695 v4は36スレッドとなります。通常のCPUよりスレッド数が比較的多いCPUといえそうです。全CPUの中でも幾分か上位グレードに位置します。

この評価情報から明白なように、Xeon E5-2695 v4はある程度すばらしいと感じるでしょう。ただし、確定的とまでは必ずしも言い切れない点は気を付けるべきです。

スレッド数評価
Xeon E5-2695 v436スレッド70/100

スペック

Xeon E5-2695 v4
画像Xeon E5-2695 v4
シリーズ名Broadwell-EP
ソケットの形状LGA2011-3
TDP120W
通常利用時の最大周波数2.1GHz
ブースト時の最大周波数3.3GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ45MB
コア数18コア
マルチスレッド対応
スレッド数36スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報