総合評価

48.1/100

(総合順位: 277/3270)

評価項目点数
TDP
25/100
通常利用時の最大周波数
30/100
ブースト時の最大周波数
18/100
三次キャッシュ
82/100
コア数
66/100
スレッド数
66/100
総合評価48.1/100

評価レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Xeon E5-2683 v4において、通常利用時の最大周波数は2.1GHzです。全てのCPUの中で通常利用時の最大周波数の得点評価は微妙なレベルにあるCPUです。100点満点中30点という評点をつけています。これは普通のCPUより通常利用時の最大周波数は比較的低いと考えることができそうです。

通常利用時の最大周波数が高いCPUの最大のメリットは、平時の利用であっても高い処理速度を得られることです。例えば、ネットサーフィンや文書作成などにおいても、素早いレスポンスを実現し、生産性を高めます。また、これらのタスクの中には、大量のデータを扱うものや、複数のウィンドウを同時に開くものもありますが、高性能CPUならばストレスを感じることなく快適に使うことができます。

通常利用時の最大周波数という点で、Xeon E5-2683 v4は普及しているCPUと比べる場合幾分か物足りない水準にあると考えることができそうです。ただし決定的とまでは必ずしも判断できないため要注意であるということが分かるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Xeon E5-2683 v42.1GHz30/100

ブースト時の最大周波数

Xeon E5-2683 v4において、ブースト時の最大周波数は3GHzというデータです。通常のCPUと比べると、このCPUのはるかにブースト時の最大周波数は低いCPUということができます。ブースト時の最大周波数という点については全てのCPUの中でもはるかに下回っていると考えられます。

ブースト時の最大周波数が高いCPUを使用することで、高速で快適な動作が可能になります。たとえば、ビデオ編集や3D画像処理など、高負荷な処理もスムーズに行えます。また、作業時間が短縮されるため、生産性が向上します。さらに、快適な動作環境が整うため、ストレスなく作業に取り組むことができます。

ブースト時の最大周波数についてXeon E5-2683 v4は低いレベルにあると言えます。このため、このCPUはお勧めできません。また、このCPUはブースト時の最大周波数に注目するのなら全くといっていいほど良くない選択肢でしょう。いずれにしても、ブースト時の最大周波数は、意思決定に関する大きな要素になるといえます。

ブースト時の最大周波数評価
Xeon E5-2683 v43GHz18/100

三次キャッシュ対応

Xeon E5-2683 v4は三次キャッシュに対応しているCPUであると言えます。三次キャッシュに対応したこのCPUは、処理速度において優れた性能を発揮します。さらに、省エネ機能も備えており、電力消費量を抑えながら高速な処理が可能です。そのため、このCPUは、省エネルギーに配慮しつつ、高速処理を必要とするユーザーから支持されています。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットについてご紹介します。まず、高速な処理速度が得られることが挙げられます。三次キャッシュは、二次キャッシュよりも容量が大きく、同じデータを再びアクセスする際に高速に処理することができます。そのため、プログラムの高速起動が可能になります。次に、省電力化に貢献することができます。三次キャッシュによって、CPUの負荷が軽減されるため、デスクトップ、ノートパソコン、サーバーなどにおいて最大7%の省電力効果があることが報告されています。

三次キャッシュ

三次キャッシュについて、Xeon E5-2683 v4は40MBというデータです。三次キャッシュという点についてはすべてのCPUの中で最上位グレードに位置するでしょう。基本的なCPUと比べる場合極端に三次キャッシュは多いと言うことができるCPUだと思います。多い三次キャッシュを備えたこのCPUは、大量のデータ処理を可能にし、膨大な数のタスクを短時間で処理できます。高速で効率的なパフォーマンスを実現します。

三次キャッシュが多いCPUのメリットは非常に大きいです。これは、CPUがより速く、より滑らかな動作をすることができるということを意味します。また、これにより、CPUがより高速で複雑な処理を行うことができるようになります。この特徴は、高速な処理を必要とするビデオ編集やゲームのようなアプリケーションに特に重要です。

三次キャッシュにおいて実際に使用する場合には、Xeon E5-2683 v4は最上位にあると言うことができます。このCPUは三次キャッシュに注目する人にとって適していると言えそうです。三次キャッシュは、商品選択において欠かせないヒントの1つになります。

三次キャッシュ評価
Xeon E5-2683 v440MB82/100

コア数

コア数に関してXeon E5-2683 v4は16コアになります。弊サイトのレビューワーによるスコアは100点中66点というデータです。これは幾分かコア数が多いCPUであるといえるでしょう。このCPUの多いコア数は、処理速度を格段に向上させます。特に、動画編集や3Dモデリングなどの高負荷な作業においては、多数のコアが大きな威力を発揮します。

コア数が多いCPUのメリットには、複数のプログラムを同時に扱えるため、生産性が向上することが挙げられます。また、クリエイティブな作業やゲームにおいても、より高いフレームレートと処理速度が得られるため、快適な利用ができることが特徴です。

実際に利用する上で考えると、コア数に関してXeon E5-2683 v4は幾分か優秀であるCPUということがわかります。コア数を気にするなら、このCPUはオススメの選択と言えそうです。

コア数評価
Xeon E5-2683 v416コア66/100

マルチスレッド対応

Xeon E5-2683 v4はマルチスレッドに対応していると言うことができるでしょう。このCPUはマルチスレッドに対応しているため、多くのタスクを同時に処理することができます。そのため、パフォーマンスの向上が期待できます。

マルチスレッドに対応しているCPUは、複数のタスクを同時に処理することができるため、効率的な作業が可能です。また、マルチタスクに必要な処理能力を向上させることができるため、時間の短縮につながります。

スレッド数

スレッド数についてXeon E5-2683 v4は32スレッドになります。全CPUの中でもスレッド数の評価点はある程度秀でたCPUで、100点満点中66点という評価点数をスレッド数につけています。これはスレッド数がある程度多いCPUと言うことができます。

スレッド数について言えば、Xeon E5-2683 v4は高い水準にあると言うことができるでしょう。ただ、決定的とまではいい切ることができないため注意して確認する必要があることが分かります。

スレッド数評価
Xeon E5-2683 v432スレッド66/100

基本情報

TDP

Xeon E5-2683 v4において、TDPは120Wになります。すべてのCPUの中でもTDPに関する評価点はそこそこ物足りない水準にあるCPUでありスコア評価は100点中25.6点となっています。これは標準的なCPUよりTDPが比較的大きいと考えられそうです。

TDPが小さいCPUのメリットとして、省エネルギーであることが挙げられます。TDPが小さいCPUを使用することで、システムの電力消費を抑えることができます。これにより、電気代の削減と環境保護につながります。

実際の利用において、Xeon E5-2683 v4はそこそこ下回っているCPUと言うことができるでしょう。そのためTDPにこだわる人にとってこのCPUを採用するべきではないと考えることができそうです。そうでなくともこのCPUは候補から外れると思います。いずれにしてもTDPで比較することでより賢明な決定を下すことができるといえるでしょう。ただ絶対的とまでは言い切れないです。

TDP評価
Xeon E5-2683 v4120W25/100

スペック

Xeon E5-2683 v4
画像Xeon E5-2683 v4
シリーズ名Broadwell-EP
ソケットの形状LGA2011-3
TDP120W
通常利用時の最大周波数2.1GHz
ブースト時の最大周波数3GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ40MB
コア数16コア
マルチスレッド対応
スレッド数32スレッド

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報