Core i5 9600KF の機能を徹底レビュー

作成日時: 2020-03-20 13:10:11、更新日時: 2021-10-20 18:35:27

Core i5 9600KF はどういう面においてメリットやデメリットがあるCPUか?関心度の高いポイントはもちろん細部の情報も幅広くカバーしました。ほかとくらべた場合の Core i5 9600KF のおススメ度をまとめました

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

58.5/100

(総合: 296位)

評価項目得点
TDP
49/100
通常利用時の最大周波数
88/100
ブースト時の最大周波数
97/100
三次キャッシュ
39/100
コア数
50/100
スレッド数
24/100
総合評価58.5/100

Core i5 9600KFは、Coffee Lake-S RefreshシリーズのCPUです。このCPUは、LGA1151というソケット形状を持ち、通常利用時の最大周波数は3.7GHzで、ブースト時の最大周波数は4.6GHzです。また、三次キャッシュ対応で、三次キャッシュは9MBあります。コア数は6コアで、スレッド数は6スレッドです。

このCPUは、高い周波数で処理が可能であるため、高負荷のアプリケーションをスムーズに実行することができます。また、三次キャッシュの容量が大きいため、高速なデータ処理が可能となっています。さらに、コア数とスレッド数が同じ数であるため、マルチタスク処理にも向いています。

ただし、TDPが95Wとやや高めであるため、消費電力に注意が必要です。また、ソケット形状がLGA1151であるため、互換性のあるマザーボードに搭載する必要があります。

全体的に、Core i5 9600KFは高性能なCPUであり、特に高負荷のアプリケーションに対応することができます。しかし、消費電力や互換性など、注意する点もあるため、十分に検討した上で選ぶことをおすすめします。

Core i5 9600KF を選ぶべき3つの理由

  • 通常利用時の最大周波数はかなり高い
    (148位/2172製品)
  • ブースト時の最大周波数は非常に高い
    (157位/742製品)
  • 三次キャッシュに対応している

よく注目される点から Core i5 9600KF を評価する

Core i5 9600KF のCPU性能について評価

通常利用時の最大周波数について

通常利用時の最大周波数が高いCPUはデータの処理が速く、ゲームなどでのパフォーマンスをよくすることができる点で優れています。例えばゲームなどの高速な処理が必要な作業をするといったときに向いています。

通常利用時の最大周波数について「Core i5 9600KF」は3.7GHzです。標準的なCPUと比べてこのCPUの定格クロック数は非常に高い方のCPUです。定格周波数ランキングで2172製品中148位です。またこの商品はパソコンの処理を高速化することができる点で優れていると言えます。常態でも良いパフォーマンスでデータ処理するのに「Core i5 9600KF」はとてもおすすめです。従って「Core i5 9600KF」を選ぶ大きな理由になります。これ以上高い定格クロック数のCPUを選んでも「Core i5 9600KF」との違いをほとんど感じられないでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Core i5 9600KF3.7GHz88/100

ブースト時の最大周波数について

ブースト時の最大周波数が高いCPUは急に負荷が上がるゲームなどでも処理が遅れる事なく動作できる点で優れています。特に高負荷のゲームで多数のオブジェクトを表示するのに向いています。

「Core i5 9600KF」のブースト時の最大周波数は4.6GHzです。これは標準的なCPUと比較して比較的高いクロック数でしょう。ブースト時のクロック数ランキングでは742製品中157位に位置します。またこの商品は最大負荷時により高い性能を発揮できる点で優れているでしょう。動画編集など負荷が高い作業を高速化したい場合に「Core i5 9600KF」は非常におすすめです。従って「Core i5 9600KF」を選ぶ上で大きな判断材料になるでしょう。ブースト時の最大周波数という観点でこれより高いCPUを選んでも「Core i5 9600KF」とほとんど同じと思います。

ブースト時の最大周波数評価
Core i5 9600KF4.6GHz97/100

三次キャッシュ対応について

三次キャッシュに対応しているCPUはデータ処理の過程で、二次キャッシュ以上にデータを保持できる点で使い勝手が良いです。例えば処理が効率的に素早く目的のデータへアクセスするといった場合で重宝します。

「Core i5 9600KF」は三次キャッシュに対応しているCPUです。そのため製品価格を抑えてCPUのパフォーマンスをアップさせることができる点で秀でています。二次キャッシュでは扱いきれない容量の大きなデータを効率的に処理するのに「Core i5 9600KF」はおすすめです。

三次キャッシュについて

三次キャッシュが多いCPUは一次キャッシュや2次キャッシュで処理できないような沢山のデータのメモリを処理することができる点で使い勝手が良いです。例えばメインメモリより高速なキャッシュを使って、同時に複数の作業を行う際も素早く処理するのに向いています。

三次キャッシュについて「Core i5 9600KF」は9MBです。一般的なCPUとくらべてこのCPUのキャッシュ容量はほとんど同じくらいと言えます。三次キャッシュ容量の多さランキングで全1218製品中585位のCPUです。より高速化したアクセス速度を実現し、データアクセスの効率を上げることを可能にしたい場合でも通常の場合であれば「Core i5 9600KF」でもおそらく問題に感じることはないと言えます。通常利用であればあまり困らないくらいのもののため「Core i5 9600KF」が特段とまでは言えないでしょう。強いこだわりがある人には不十分である可能性があり、もうワンランク上を考えることをお勧めします。

三次キャッシュ評価
Core i5 9600KF9MB39/100

コア数について

コア数が多いCPUは複数のアプリケーションを同時に処理できる点で使い勝手が良いです。例えば同時に作業できる数が多く快適に操作するといったようなときで役立ちます。

コア数について「Core i5 9600KF」は6コアです。平均的なCPUと比べてこのCPUのコア数はやや多いと言えるでしょう。コア数の多さランキングでは2174製品中497位に位置します。コア数という点で見る場合において「Core i5 9600KF」は選択肢に入ってこないでしょう。

コア数評価
Core i5 9600KF6コア50/100

スレッド数について

スレッド数が多いCPUは同時に複数の作業を処理効率を上げることができる点で使い勝手が良いです。例えばパソコンの複数の処理を効率的に並行実施するようなときで役に立ちます。

スレッド数について「Core i5 9600KF」は6スレッドです。これは一般的なCPUと比較してどちらかといえば少ないスレッド数と言えるでしょう。スレッド数の多さランキングで819製品のなかで564位に入ります。スレッド数という観点場合において「Core i5 9600KF」は選択肢に入らないです。

スレッド数評価
Core i5 9600KF6スレッド24/100

Core i5 9600KF の基本情報について評価

TDPについて

TDPが小さいCPUは消費電力が少なくなるので、電力を節約できる点で使い勝手が良いです。特に放熱量が少ないのでパソコンを小型化するといったようなときにおススメです。

TDPについて「Core i5 9600KF」は95Wです。普通のCPUと比べてこのCPUの放熱量は比較的大きいCPUでしょう。最大放熱量の小ささランキングで2028製品のなかで1234位に入ります。CPUの消費電力と発熱を低減するのに通常の場合であれば「Core i5 9600KF」を選んでもおそらく問題に感じることはないでしょう。通常利用であればさほど困らない程度であるため特別に優れているとまでは言えません。少しでもストレスを感じずに使いたい人には物足りなさを感じる可能性が高く、ワンランク上にした方が良さそうです。

TDP評価
Core i5 9600KF95W49/100

Core i5 9600KF の詳細情報

Core i5 9600KF
画像Core i5 9600KF
シリーズ名Coffee Lake-S Refresh
ソケットの形状LGA1151
TDP95W
通常利用時の最大周波数3.7GHz
ブースト時の最大周波数4.6GHz
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ9MB
コア数6コア
スレッド数6スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較する

価格をチェック

Core i5 9600KF の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。