Ryzen 7 3700Xを選ぶべき?みんなの注目度について解説

作成日時: 2020年03月20日 12時37分45秒、更新日時: 2020年03月20日 12時39分52秒

Ryzen 7 3700Xを徹底評価

Ryzen 7 3700Xを選ぶべき7の理由

よく注目される点からRyzen 7 3700Xを評価する

Ryzen 7 3700Xの基本情報について評価

TDPについて

TDPが小さいCPUは消費電力が少なくなるので、電力を節約できる点で使い勝手が良いです。特に放熱量が少ないのでパソコンを小型化するといったようなときにおススメです。

「Ryzen 7 3700X」のTDPは65 Wです。標準的なCPUと比べて「Ryzen 7 3700X」の放熱量はやや小さいと言えるでしょう。また「Ryzen 7 3700X」は稼働中のパソコンを冷却できる点で良いです。CPUの消費電力と発熱を低減したいときに「Ryzen 7 3700X」は比較的向いています。そのためTDPという観点から選ぶ場合において「Ryzen 7 3700X」は候補の一つに挙がるでしょう。普通に使う分には問題ないですが、もう少し小さい放熱量のCPUもあるため決定的といえるほどではありません。

TDP評価
Ryzen 7 3700X65 W76/100

Ryzen 7 3700XのCPU性能について評価

通常利用時の最大周波数について

通常利用時の最大周波数が高いCPUはデータの処理が速く、ゲームなどでのパフォーマンスをよくすることができる点で優れています。例えばゲームなどの高速な処理が必要な作業をするといったときに向いています。

通常利用時の最大周波数について、「Ryzen 7 3700X」は3.6 GHzです。標準的なCPUと比べて「Ryzen 7 3700X」の定格クロック数は非常に高い方のCPUです。また「Ryzen 7 3700X」は通常の使用で軽快に処理を実行できる点で非常に良いです。常態でも良いパフォーマンスでデータ処理するのに「Ryzen 7 3700X」はとてもおすすめです。従って「Ryzen 7 3700X」を選ぶ大きな理由になります。これ以上高い定格クロック数のCPUを選んでも「Ryzen 7 3700X」との違いをほとんど感じられないでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen 7 3700X3.6 GHz80/100

ブースト時の最大周波数について

ブースト時の最大周波数が高いCPUは急に負荷が上がるゲームなどでも処理が遅れる事なく動作できる点で優れています。特に高負荷のゲームで多数のオブジェクトを表示するのに向いています。

「Ryzen 7 3700X」のブースト時の最大周波数は4.4 GHzです。「Ryzen 7 3700X」は標準的なCPUと比較して比較的高いクロック数でしょう。また「Ryzen 7 3700X」は最大負荷時により高い性能を発揮できる点でよいです。動画編集など負荷が高い作業を高速化するなら「Ryzen 7 3700X」は多少向いています。そのためブースト時の最大周波数という観点で選ぶなら「Ryzen 7 3700X」は候補の一つになるでしょう。通常利用であれば十分ですが、もう少し高いクロック数のCPUもあるため決め手になるほどではありません。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen 7 3700X4.4 GHz75/100

二次キャッシュ対応可否について

二次キャッシュに対応しているCPUはデータのアクセスの遅延を軽減して軽快にアプリケーションを実行できる点で秀でています。例えば処理が効率的に素早く目的のデータへアクセスするといったときで重宝します。

「Ryzen 7 3700X」は二次キャッシュに対応しているCPUです。そのため二次キャッシュメモリの存在により、メインメモリへのアクセスを減らすことができ高速化できる点で秀でています。メモリとCPUの処理を同調させ作業をより効率化するなら「Ryzen 7 3700X」はオススメです。

二次キャッシュについて

二次キャッシュが多いCPUは色々な作業をパソコンの処理速度を落とす事なく使用できる点で秀でています。特にメインメモリへのアクセス頻度を減少させてパソコンを高速化するといったようなときで役に立ちます。

二次キャッシュについて「Ryzen 7 3700X」は4MBです。「Ryzen 7 3700X」は一般的なCPUと比較してやや多いと言えるでしょう。メインメモリへのアクセスを軽減して高速な処理を実行できる点で「Ryzen 7 3700X」はやや優れているでしょう。より大きなデータを処理したいなら「Ryzen 7 3700X」はやや適しています。そのため二次キャッシュという観点で選ぶ場合、「Ryzen 7 3700X」は一つの候補でしょう。通常利用であれば不満を感じない水準と言えますが、もう少し多いキャッシュ容量のCPUもあるため最高レベルとまでは言えません。

二次キャッシュ評価
Ryzen 7 3700X4MB62/100

三次キャッシュ対応可否について

三次キャッシュに対応しているCPUはデータ処理の過程で、二次キャッシュ以上にデータを保持できる点で使い勝手が良いです。例えば処理が効率的に素早く目的のデータへアクセスするといった場合で重宝します。

「Ryzen 7 3700X」は三次キャッシュに対応しているCPUです。そのため二次キャッシュまで搭載しているパソコン以上の容量の高速データ処理ができる点で秀でています。二次キャッシュでは扱いきれない容量の大きなデータを効率的に処理するのに「Ryzen 7 3700X」はおすすめです。

三次キャッシュについて

三次キャッシュが多いCPUは一次キャッシュや2次キャッシュで処理できないような沢山のデータのメモリを処理することができる点で使い勝手が良いです。例えばメインメモリより高速なキャッシュを使って、同時に複数の作業を行う際も素早く処理するのに向いています。

三次キャッシュについて「Ryzen 7 3700X」は32MBです。「Ryzen 7 3700X」は一般的なCPUと比較してとても多いと言えるでしょう。また「Ryzen 7 3700X」はメインメモリへのアクセスを軽減して、よりパフォーマンスの良い処理を実行できる点で秀でています。より高速化したアクセス速度を実現し、データアクセスの効率を上げることを可能にするときに「Ryzen 7 3700X」はとてもおすすめです。そのため「Ryzen 7 3700X」はかなりおすすめでしょう。三次キャッシュという視点でこれ以上多いCPUでもほとんど「Ryzen 7 3700X」との違いを体感出来ないと思います。

三次キャッシュ評価
Ryzen 7 3700X32MB86/100

コア数について

コア数が多いCPUは複数のアプリケーションを同時に処理できる点で使い勝手が良いです。例えば同時に作業できる数が多く快適に操作するといったようなときで役立ちます。

コア数について、「Ryzen 7 3700X」は8コアです。平均的なCPUと比べて「Ryzen 7 3700X」のコア数はやや多いと言えるでしょう。例えばゲームをしながら録画するといった同時並行作業がスムーズにできる点で「Ryzen 7 3700X」は良いです。1度に処理可能な作業数がふえるので多くの作業をするなら「Ryzen 7 3700X」は多少適しています。従ってコア数という観点で見るなら「Ryzen 7 3700X」は候補の一つになります。普通に使う分には十分と思われますが、こだわりを追及してワンランク上を考えてみてもいいでしょう。

コア数評価
Ryzen 7 3700X8コア60/100

マルチスレッド対応可否について

マルチスレッドに対応しているCPUは複数の処理を並行して実行できる点で優れています。特に複数の作業でも重くならずに処理するといったようなときに最適です。

「Ryzen 7 3700X」はマルチスレッドに対応しているCPUです。そのため仕事を複数同時処理することができる為、処理時間を短縮することができる点で秀でています。複数のタスクを同時処理することができるので、処理時間をより短くするなら「Ryzen 7 3700X」はおすすめです。

スレッド数について

スレッド数が多いCPUは同時に複数の作業を処理効率を上げることができる点で使い勝手が良いです。例えばパソコンの複数の処理を効率的に並行実施するようなときで役に立ちます。

スレッド数について、「Ryzen 7 3700X」は16スレッドです。一般的なCPUと比べると「Ryzen 7 3700X」のスレッド数は同程度と言えます。また「Ryzen 7 3700X」はより多くのタスクを同時にスムーズに処理することができる点で良いです。通常のCPUよりもより多くの作業を素早く同時進行したい場合に「Ryzen 7 3700X」は多少適しています。そのためスレッド数という点から選ぶつもりなら「Ryzen 7 3700X」は一つの候補でしょう。通常利用であれば問題ないですが、もう少し多いスレッド数のCPUもあるため決定的に優れている程ではありません。

スレッド数評価
Ryzen 7 3700X16スレッド58/100

Ryzen 7 3700Xの詳細情報

Ryzen 7 3700X
画像Ryzen 7 3700X
ソケットの形状Socket AM4
TDP65 W
通常利用時の最大周波数3.6 GHz
ブースト時の最大周波数4.4 GHz
二次キャッシュに対応しているかどうか
二次キャッシュ4MB
三次キャッシュに対応しているかどうか
三次キャッシュ32MB
コア数8コア
マルチスレッドに対応しているかどうか
スレッド数16スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較する

価格をチェックする

Ryzen 7 3700Xの価格を今すぐチェック

Ryzen 7 3700Xと評価が同程度のCPUを探す

Ryzen 5 3600

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:3.6 GHz, ブースト時の最大周波数:4.2 GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

関連リンク

Ryzen 5 3500

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:3.6 GHz, ブースト時の最大周波数:4.1 GHz, コア数:6コア, スレッド数:6スレッド

関連リンク

Core i7 10700K

TDP:125 W, 通常利用時の最大周波数:3.8 GHz, ブースト時の最大周波数:5.1 GHz, 三次キャッシュ:16MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

関連リンク

Core i5 10400F

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:2.9 GHz, ブースト時の最大周波数:4.3 GHz, 三次キャッシュ:12MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

関連リンク

Core i9 10900F

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:2.8 GHz, ブースト時の最大周波数:5.2 GHz, 三次キャッシュ:20MB, コア数:10コア, スレッド数:20スレッド

関連リンク

Ryzen 5 3600XT

TDP:95 W, 通常利用時の最大周波数:3.8 GHz, ブースト時の最大周波数:4.5 GHz, 二次キャッシュ:3MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

関連リンク

Ryzen 9 3900XT

TDP:105 W, 通常利用時の最大周波数:3.8 GHz, ブースト時の最大周波数:4.7 GHz, 二次キャッシュ:6MB, 三次キャッシュ:64MB, コア数:12コア, スレッド数:24スレッド

関連リンク

Ryzen 7 3800XT

TDP:105 W, 通常利用時の最大周波数:3.9 GHz, ブースト時の最大周波数:4.7 GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

関連リンク

Core i9 10850K

TDP:125 W, 通常利用時の最大周波数:3.6 GHz, ブースト時の最大周波数:5.2 GHz, 三次キャッシュ:20MB, コア数:10コア, スレッド数:20スレッド

関連リンク

Ryzen 9 3900

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:3.1 GHz, ブースト時の最大周波数:4.3 GHz, コア数:12コア, スレッド数:24スレッド

関連リンク

Ryzen 7 5800X

TDP:105 W, 通常利用時の最大周波数:3.8 GHz, ブースト時の最大周波数:4.7 GHz, 二次キャッシュ:4MB, 三次キャッシュ:32MB, コア数:8コア, スレッド数:16スレッド

関連リンク

Ryzen 9 5950X

TDP:105 W, 通常利用時の最大周波数:3.4 GHz, ブースト時の最大周波数:4.9 GHz, 二次キャッシュ:8MB, 三次キャッシュ:64MB, コア数:16コア, スレッド数:32スレッド

関連リンク

Core i5 11400F

TDP:65 W, 通常利用時の最大周波数:2.6 GHz, ブースト時の最大周波数:4.4 GHz, 三次キャッシュ:12MB, コア数:6コア, スレッド数:12スレッド

関連リンク

もっと見る ▼