Ryzen Threadripper 3970X と Ryzen 7 3700X を比較

2023-06-04 00:38:45

Ryzen Threadripper 3970XRyzen 7 3700X
Ryzen Threadripper 3970XRyzen 7 3700X
Ryzen Threadripper 3970XRyzen 7 3700X
Ryzen Threadripper 3970XRyzen 7 3700X
総合評価:

73.7/100

(総合順位: 2/3270)

60.3/100

(総合順位: 30/3270)

TDP
5/100
63/100
通常利用時の最大周波数
84/100
82/100
ブースト時の最大周波数
71/100
68/100
二次キャッシュ
83/100
54/100
三次キャッシュ
91/100
74/100
コア数
90/100
38/100
スレッド数
90/100
42/100

スペック

Ryzen Threadripper 3970XRyzen 7 3700X
Ryzen Threadripper 3970XRyzen 7 3700X
基本情報
ソケットの形状Socket sTRX4Socket AM4
TDP280W65W
CPU性能
通常利用時の最大周波数3.7GHz3.6GHz
ブースト時の最大周波数4.5GHz4.4GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ16MB4MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB32MB
コア数32コア8コア
マルチスレッド対応
スレッド数64スレッド16スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

比較レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 7 3700Xの通常利用時の最大周波数は3.6GHzというデータに対し、Ryzen Threadripper 3970Xは3.7GHzになります。Ryzen Threadripper 3970XとRyzen 7 3700Xの違いは全く存在しないと言っていい程無く同等の通常利用時の最大周波数と言えます。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリット通常利用時の最大周波数が高いCPUは、エネルギー効率が向上していることが多いため、省エネ効果が期待できます。デスクトップPCやノートPCなど、常に電源に接続されている環境であれば、電力の浪費が少なくなるため、電気代の過剰な支払いを防ぐことができます。

実際の利用を想定したとき、Ryzen 7 3700XもRyzen Threadripper 3970Xも感覚的にいって、極めて似ていると感じとれるかもしれません。Ryzen 7 3700XもRyzen Threadripper 3970Xもほぼ違いは見られません。別の観点から考えるほうが良さそうということが分かるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper 3970X
3.7GHz84/100
Ryzen 7 3700X
3.6GHz82/100

ブースト時の最大周波数

Ryzen Threadripper 3970XとRyzen 7 3700Xをブースト時の最大周波数に関してみてみるとRyzen Threadripper 3970Xは4.5GHzでありRyzen 7 3700Xは4.4GHzというデータとなっています。両者のブースト時の最大周波数に関しては極めてよく類似しています。

ブースト時の最大周波数が高いCPUの利点は、省エネ性が高くなることです。高い周波数で動作させる場合、電力消費も増えますが、CPUが必要な処理を行う際にのみ、最大周波数が発揮されます。つまり、必要な場合にしか高速処理を行わず、余分な電力を消費しないため、省エネ性が高いというメリットがあります。これは、大企業や官公庁など、エコロジーに配慮した省エネ設計が求められる環境でも、貢献することができます。

ブースト時の最大周波数について実際の使用において考えると、Ryzen Threadripper 3970XもRyzen 7 3700Xも違いはまったく存在していません。ブースト時の最大周波数の情報を確認しても、商品を選択する上で意味がありません。ほかの角度から決めた方が良さそうということが分かるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper 3970X
4.5GHz71/100
Ryzen 7 3700X
4.4GHz68/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 7 3700XもRyzen Threadripper 3970Xも二次キャッシュに対応しているCPUであるといえるでしょう。これらのCPUは、高い処理能力を誇り、二次キャッシュに対応しているため、スムーズな処理を実現できます。二次キャッシュに対応したCPUを使用することで、より高速な処理が可能になります。CPUの選択に際しては、二次キャッシュに対応しているかどうかを確認することが重要です。

二次キャッシュに対応しているCPUには、大きなメリットがあります。その1つが、処理速度の向上です。二次キャッシュは、CPUに蓄えられたデータをすぐにアクセスできるため、処理速度を飛躍的に上げることができます。また、二次キャッシュがあることで、CPUがメインメモリにアクセスする頻度が減り、メモリの使用効率を高めることができます。

二次キャッシュ

Ryzen Threadripper 3970XとRyzen 7 3700Xを二次キャッシュの視点で比べてみるとRyzen Threadripper 3970Xは16MBである一方、Ryzen 7 3700Xは4MBとなっています。二次キャッシュという点においてはRyzen Threadripper 3970Xの方が比較的多いということが分かります。Ryzen Threadripper 3970XとRyzen 7 3700Xの差はある程度大きいです。二次キャッシュが多いCPUの利点は、大量のデータ処理や複数のアプリケーションの同時実行でも、高速な処理が可能となります。

二次キャッシュが多いCPUは、大きなデータを扱う場合にも威力を発揮します。例えば動画編集や3Dグラフィックス処理などの高負荷な作業を行う際に、CPUが高速かつ安定したパフォーマンスを発揮することができます。さらにキャッシュメモリが大きいことで、多くのアプリケーションを同時に実行してもスムーズに動作することができます。

この比較情報を考えると二次キャッシュについてRyzen Threadripper 3970Xの方が感覚的に抜きん出ていると思います。しかし、絶対的なくらいの違いは存在していません。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper 3970X
16MB83/100
Ryzen 7 3700X
4MB54/100

三次キャッシュ対応

Ryzen 7 3700XとRyzen Threadripper 3970Xは、両方とも三次キャッシュに対応しているCPUであると言えるでしょう。これらのCPUを比較する場合に、三次キャッシュの有無は重要なポイントの一つとなります。現在のCPUの多くは、三次キャッシュに対応しているものが一般的ですが、中には非対応のものもあります。三次キャッシュ非対応のCPUは、パフォーマンスが劣ると思われがちですが、使用目的によっては、性能に影響が少ない場合もあります。

最後に、三次キャッシュに対応しているCPUは、エネルギー効率にも優れています。三次キャッシュにより、CPUがデータをキャッシュメモリーに保持するため、メモリーにアクセスする回数が減ります。それにより、CPUの消費電力が抑えられ、省エネタイプのCPUとしても注目されています。

三次キャッシュ

Ryzen Threadripper 3970XとRyzen 7 3700Xの三次キャッシュについて比べた場合、Ryzen Threadripper 3970Xは128MBに対し、Ryzen 7 3700Xは32MBです。Ryzen 7 3700Xの方が三次キャッシュは比較的少ないということができ96MBのそれなりの差がRyzen 7 3700XとRyzen Threadripper 3970Xに存在しています。多くの三次キャッシュを搭載したCPUはデータ転送がスムーズで、高速な処理が可能です。

多くの三次キャッシュが存在するCPUは、高速でデータを処理することができます。特に、大量のデータを扱う場合や複雑な演算を行う場合には、効率的な処理が可能となります。加えて、省電力性にも優れているため、長時間の使用でもトラブルを起こすことが少ないでしょう。

実際に使用する場合に考えると三次キャッシュに関してRyzen 7 3700Xの方がRyzen Threadripper 3970Xより体感的に、物足りないレベルにあると感じられるでしょう。ただしダントツの違いは存在していません。Ryzen Threadripper 3970Xを使ったほうがいい重要な判断材料といえます。三次キャッシュにこだわるのならRyzen Threadripper 3970Xを採用したほうがいいと言うことができます。しかし決定的なくらいの違いは無いというデータになっています。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper 3970X
128MB91/100
Ryzen 7 3700X
32MB74/100

コア数

コア数という観点についてRyzen Threadripper 3970XとRyzen 7 3700Xを比較すると、Ryzen Threadripper 3970Xは32コアであるのに対してRyzen 7 3700Xは8コアというデータになっています。24コアほどの相当な違いが見られます。Ryzen Threadripper 3970Xの方がかなり多いということが分かります。コア数が多いCPUは処理の速度に優れ、作業効率を大幅に向上させることができます。

コア数の多いCPUの優位性 コア数が多いCPUを使用すると、特にマルチタスクをする場合に高速動作します。メールの送受信やウェブサイトの閲覧、音楽再生など、複数のアプリケーションを同時に動かすことができます。それだけではなく、動画編集やプログラムのコンパイルなどのCPU集中的な作業でも高い処理性能を発揮し、作業効率が大幅に向上します。

実際に活用する場面を考えると、コア数について、非常に際立って違うと言うことができるでしょう。このため、Ryzen 7 3700Xはコア数を気にする人にとっては微妙であると考えられそうです。そうでなくとも、Ryzen 7 3700Xを選ぶべきではない着目すべきポイントの一つと言えるでしょう。

コア数評価
Ryzen Threadripper 3970X
32コア90/100
Ryzen 7 3700X
8コア38/100

マルチスレッド対応

どちらもマルチスレッドに対応しているCPUとなっています。マルチスレッドに対応しているこれらのCPUは、マルチタスクを実行するための強力なツールです。そのため、ゲーム、ビデオ編集、3Dモデル作成など、より具体的な用途に最適です。

マルチスレッドに対応しているCPUは、複数のタスクを同時に処理できるため、データの処理や解析などの大量の作業を効率的に処理することが可能です。これにより、業務効率や生産性が向上するだけでなく、エンターテインメント分野でも高度なグラフィックスや音声処理を実現できるようになります。今後ますます需要が高まるであろうマルチタスク中心の世界で、マルチスレッドに対応しているCPUが重要な役割を果たすことが予想されます。

スレッド数

スレッド数の点でRyzen Threadripper 3970XとRyzen 7 3700Xで比べるとRyzen 7 3700Xは16スレッドというデータになっている一方Ryzen Threadripper 3970Xは64スレッドというデータです。48スレッドものダントツの差がRyzen Threadripper 3970XとRyzen 7 3700Xに存在しRyzen 7 3700Xの方がスレッド数が比較にならないくらい少ないことがわかります。

実際に使用する場合、Ryzen 7 3700Xの方がRyzen Threadripper 3970Xのスレッド数と比べると微妙なレベルにあると感じとれるでしょう。このためRyzen 7 3700Xはスレッド数を重視する人にとっては不満足に感じるということができるかもしれません。ともあれスレッド数は決定を下すうえで大きな指標の1つになります。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper 3970X
64スレッド90/100
Ryzen 7 3700X
16スレッド42/100

基本情報

TDP

TDPにおいて比較してみると、Ryzen Threadripper 3970Xは280Wというデータであるのに対してRyzen 7 3700Xは65Wです。この比較情報から明白にわかるように、Ryzen 7 3700Xのほうがはるかに小さいと言えるでしょう。Ryzen 7 3700XとRyzen Threadripper 3970Xの違いははるかにずば抜けて開いています。TDPが小さいCPUには、省エネ効果があります。これにより、電力消費量を削減し、環境保護に貢献することができます。

TDPが小さいCPUのメリットには、まず省エネ性が挙げられます。TDPが小さいことで、より少ない電力消費で同等の性能を発揮することが可能になります。さらに、TDPが小さいCPUは通常、冷却ファンを必要としないので、騒音や振動の問題がなくなり、快適な作業環境が保たれます。

実際に使う場合TDPに関してRyzen 7 3700XはRyzen Threadripper 3970Xより抜きん出ていると感じるでしょう。差は極端にあります。Ryzen 7 3700Xが選択肢に挙がる決め手の一つといえます。また、Ryzen 7 3700XはTDPに配慮するのなら最適の選択といえそうです。

TDP評価
Ryzen Threadripper 3970X
280W5/100
Ryzen 7 3700X
65W63/100

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報