Core i7 13700 vs Core i7 13700F: 比較

2023-06-04 01:46:30

Core i7 13700Core i7 13700F
Core i7 13700Core i7 13700F
Core i7 13700Core i7 13700F
Core i7 13700Core i7 13700F
総合評価:

67.6/100

(総合順位: 1034/3283)

67/100

(総合順位: 1036/3283)

通常利用時の最大周波数
30/100
30/100
ブースト時の最大周波数
90/100
90/100
二次キャッシュ
90/100
90/100
三次キャッシュ
71/100
71/100
コア数
66/100
66/100
スレッド数
58/100
58/100

スペック

Core i7 13700Core i7 13700F
Core i7 13700Core i7 13700F
基本情報
シリーズ名Raptor LakeRaptor Lake
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics 770 -
TDP - 65W
CPU性能
通常利用時の最大周波数2.1GHz2.1GHz
ブースト時の最大周波数5.2GHz5.2GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ24MB24MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ30MB30MB
コア数16コア16コア
マルチスレッド対応
スレッド数24スレッド24スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

比較レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数の観点でCore i7 13700とCore i7 13700Fで見てみるとCore i7 13700は2.1GHzであるのに対しCore i7 13700Fは2.1GHzとなっています。Core i7 13700Fの通常利用時の最大周波数はCore i7 13700と比べて殆ど同じレベルにあると言うことができます。

ゲームや映像編集などの重い処理を要するアプリケーションを使用する場合、通常利用時の最大周波数が高いCPUを選ぶことが重要です。高い処理能力を持つCPUは、高負荷な処理でもクリアにこなすことができ、ストレスなく作業を進めることが可能です。このようなCPUのメリットは、高度な作業においても安定した動作が期待できる点です。

通常利用時の最大周波数という視点についていえば、Core i7 13700もCore i7 13700Fもまったくといえるほど差は無いというデータです。Core i7 13700もCore i7 13700Fも感覚的に、まったくといえるほど同じレベルにあると思います。商品を決めるうえで、通常利用時の最大周波数の情報は全くといえるほど意味がないといえるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Core i7 13700
2.1GHz30/100
Core i7 13700F
2.1GHz30/100

ブースト時の最大周波数

Core i7 13700Fのブースト時の最大周波数は5.2GHzでありCore i7 13700は5.2GHzというデータとなっています。Core i7 13700FとCore i7 13700の違いはほとんどなく同程度のブースト時の最大周波数であるといえます。

ブースト時の最大周波数が高いCPUを使用することで、ユーザーは生産性が向上します。例えば、ビデオ編集や3Dレンダリングなどの作業は、高速な処理が必要不可欠です。このような場合、最大周波数が高いCPUを使用することで、処理をスムーズかつ効率的に行うことができます。また、同じ時間内により多くの作業をこなすことができるため、より多くの制作物を完成させることができます。生産性を高めることで、ビジネスにおける競争力を強化することができます。

ブースト時の最大周波数においてCore i7 13700FもCore i7 13700も体感的に言って極めて類似しています。商品を選択するうえで、ブースト時の最大周波数の情報はあまり役に立ちません。ほかの角度から決めることをかなりオススメします。

ブースト時の最大周波数評価
Core i7 13700
5.2GHz90/100
Core i7 13700F
5.2GHz90/100

二次キャッシュ対応

Core i7 13700FもCore i7 13700も二次キャッシュに対応しているといえます。これらのCPUは、二次キャッシュに対応しているため、高速で快適な使用感が得られます。さらに、二次キャッシュの大きさが大きい程、高速処理において優位性を持つため、選ぶ際には注意することが必要です。

二次キャッシュに対応しているCPUを選ぶ際には、以下のメリットがあることを考慮することが重要です。まず第一に、二次キャッシュはCPUの処理速度を向上させるため、高速な処理が必要な作業に適しています。次に、二次キャッシュに対応しているCPUは、多くのアプリケーションで使用される一時的なデータを高速でアクセスし、ストレスを軽減します。さらに、省エネルギーであり長く使用できるため、長時間の作業でも快適に使用することができます。

二次キャッシュ

二次キャッシュに関してCore i7 13700とCore i7 13700Fを比べてみると、Core i7 13700Fは24MBであるのに対し、Core i7 13700は24MBというデータになっています。Core i7 13700もCore i7 13700Fも極めて類似しています。

二次キャッシュが多いCPUを搭載したPCは、大容量のファイル転送や高速なデータ処理に優れています。ビジネスや学生など、大量のデータを扱うユーザーにとって、二次キャッシュの多いCPUは、仕事の効率を向上させることができます。また、フリーランスやデザイン職、ゲーマーなど、高度な処理性能が求められる場合にも、二次キャッシュの多いCPUは、必要不可欠なアイテムとなります。

実際的な観点から見れば、Core i7 13700もCore i7 13700Fもよく似ています。他の側面で判断した方がいいと言えるでしょう。商品選びにおいて、二次キャッシュの情報は殆ど役に立ちません。

二次キャッシュ評価
Core i7 13700
24MB90/100
Core i7 13700F
24MB90/100

三次キャッシュ対応

Core i7 13700とCore i7 13700Fは、両方とも三次キャッシュに対応しているCPUであると言うことができます。これらのCPUのうち、三次キャッシュに対応しているものは優れた性能を持っています。三次キャッシュがあることで処理速度が向上し、快適なパソコンライフを実現できます。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットとしては、処理速度が大幅に向上することが挙げられます。これは、CPUがより効率的にデータを処理することができるためです。また、三次キャッシュに対応しているCPUの使用により、エネルギー効率が向上し、電気代の削減にも繋がります。さらに、高度な処理を必要とするアプリケーションにおいて、より穏やかな動作が期待できることもあげられます。

三次キャッシュ

Core i7 13700の三次キャッシュは30MBというデータになっています。一方Core i7 13700Fは30MBというデータになっています。三次キャッシュにおいてCore i7 13700FとCore i7 13700のよく似ており、ほぼ同等ということができます。

パターン3:三次キャッシュが多いCPUは、高負荷のタスクにも耐えることができます。これは、大量のデータを処理する場合には非常に重要な点であり、ユーザーによりスムーズな操作を提供することができます。

実際に使用する場合を考えるとCore i7 13700FもCore i7 13700も非常に似ていると言えます。Core i7 13700FもCore i7 13700も殆ど違いは存在していません。商品選びにおいて、三次キャッシュの情報は役に立たないといえるでしょう。

三次キャッシュ評価
Core i7 13700
30MB71/100
Core i7 13700F
30MB71/100

コア数

コア数の視点でCore i7 13700とCore i7 13700Fで比べてみるとCore i7 13700Fは16コアとなっているのに対して、Core i7 13700は16コアです。コア数をみてみるとCore i7 13700とCore i7 13700Fの差はほとんど無いデータとなっており全くと言っていいほど同じレベルと思われます。

コア数が多いCPUは、マルチタスク処理やCPUによる計算の負荷を一手に引き受ける場合に優れたパフォーマンスを発揮します。複数のコアを搭載することで、アプリケーションの起動や作業時間の短縮にもつながります。また、高精度な作業が必要な場合もこれらのCPUで処理することで、精度の向上が期待されます。

実際の使用上のことを考えると、Core i7 13700FもCore i7 13700も体感的にいって非常に似ていると感じられるといえそうです。コア数の情報を考えても、ほとんど意味がありません。

コア数評価
Core i7 13700
16コア66/100
Core i7 13700F
16コア66/100

マルチスレッド対応

両方ともマルチスレッドに対応していると言えるでしょう。これらのCPUはマルチスレッドに対応していることから、処理能力が著しく向上しています。特に、ビジネス用途やクリエイティブ作業など、膨大なデータを扱う場合においては、より高速・効率的な処理が可能です。マルチスレッドに対応しているこれらのCPUは、同時に複数のタスクを処理することができます。そのため、ビジネス用途やクリエイティブ作業において、より高速・効率的な処理が可能になるほか、膨大なデータを処理する場合にも、ストレスなく作業を進めることができます。これらのCPUは、マルチスレッドに対応しているため、同時に複数の作業を行うことができます。そのため、より高速かつ効率的な処理が可能となり、ビジネス用途やクリエイティブ作業など、高度な処理を必要とする場面において、非常に優れたパフォーマンスを発揮することができます。

マルチスレッドに対応しているCPUは、同時に複数のタスクを処理できるため、高速なパフォーマンスと効率性が得られます。特に、ハイエンドのゲームや3Dアプリケーションを使うユーザーにとっては、複数のプロセスを並行して行うことができるマルチスレッドCPUは必須の要素となっています。マルチスレッドに対応しているCPUを選択することで、高速かつ効率的なパフォーマンスを得ることができます。

スレッド数

Core i7 13700Fのスレッド数は24スレッドに対しCore i7 13700のスレッド数は24スレッドになります。Core i7 13700Fのスレッド数はCore i7 13700のスレッド数と比べて差はほんの僅かしかありません。

スレッド数に関してCore i7 13700もCore i7 13700Fも感覚的に言って、極めて類似していると感じられるとなりそうです。Core i7 13700もCore i7 13700Fも目で見て感じる程の違いはまったくと言っていい程存在していません。商品を決める上で、スレッド数の情報はほぼ意味がありません。ほかの角度から考える方が良さそうといえます。

スレッド数評価
Core i7 13700
24スレッド58/100
Core i7 13700F
24スレッド58/100

価格をチェックする

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。