Ryzen Threadripper PRO 5975WX vs Ryzen Threadripper 3970X: 比較レビュー

2023-06-04 03:04:33

Ryzen Threadripper PRO 5975WXRyzen Threadripper 3970X
Ryzen Threadripper PRO 5975WXRyzen Threadripper 3970X
Ryzen Threadripper PRO 5975WXRyzen Threadripper 3970X
Ryzen Threadripper PRO 5975WXRyzen Threadripper 3970X
総合評価:

73.4/100

(総合順位: 1012/3270)

73.7/100

(総合順位: 2/3270)

TDP
5/100
5/100
通常利用時の最大周波数
82/100
84/100
ブースト時の最大周波数
71/100
71/100
二次キャッシュ
83/100
83/100
三次キャッシュ
91/100
91/100
コア数
90/100
90/100
スレッド数
90/100
90/100

スペック

Ryzen Threadripper PRO 5975WXRyzen Threadripper 3970X
Ryzen Threadripper PRO 5975WXRyzen Threadripper 3970X
基本情報
ソケットの形状Socket sWRX8Socket sTRX4
TDP280W280W
CPU性能
通常利用時の最大周波数3.6GHz3.7GHz
ブースト時の最大周波数4.5GHz4.5GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ16MB16MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB128MB
コア数32コア32コア
マルチスレッド対応
スレッド数64スレッド64スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

比較レビュー

基本情報

TDP

TDPという点についてみてみるとRyzen Threadripper 3970Xは280Wとなっている一方、Ryzen Threadripper PRO 5975WXは280Wです。Ryzen Threadripper PRO 5975WXとRyzen Threadripper 3970XはTDPにおいて殆ど同等といえます。

TDPが小さいCPUは、モバイルデバイスにも適しています。軽量化やバッテリーの持続時間の向上など、様々なメリットをもたらします。特に、持ち運んでの作業時には、発熱の少なさから快適な作業環境を実現できます。また、安心して長時間の作業を行うことができるため、外出先でも作業効率を高めることができます。

TDPに関してRyzen Threadripper 3970XもRyzen Threadripper PRO 5975WXも体感的に、まったくといえるほど同程度に感じられるかもしれません。商品を決める上で、TDPの情報はまったくと言えるほど参考にならないといえます。

TDP評価
Ryzen Threadripper PRO 5975WX
280W5/100
Ryzen Threadripper 3970X
280W5/100

CPU性能

通常利用時の最大周波数

通常利用時の最大周波数についてRyzen Threadripper 3970XとRyzen Threadripper PRO 5975WXを比べた場合、Ryzen Threadripper 3970Xは3.7GHzでありRyzen Threadripper PRO 5975WXは3.6GHzです。Ryzen Threadripper PRO 5975WXとRyzen Threadripper 3970Xの違いは全く無いと言っていい程存在しません。そのため同程度の通常利用時の最大周波数となっています。

CPUの性能は、通常利用時の最大周波数によって大きく左右されます。そのため、高速な動作が求められる場合には、通常利用時の最大周波数が高いものを選ぶことが重要です。また、通常利用時の最大周波数が高いCPUは、エネルギー効率の面でも優れていることが多く、省電力性にも優れています。

この比較でわかるように、Ryzen Threadripper 3970XもRyzen Threadripper PRO 5975WXも体感的にいって非常に類似していると感じとれるとなりそうです。通常利用時の最大周波数の情報を評価しても参考になりません。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 5975WX
3.6GHz82/100
Ryzen Threadripper 3970X
3.7GHz84/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数においてRyzen Threadripper PRO 5975WXとRyzen Threadripper 3970Xで比較してみると、Ryzen Threadripper PRO 5975WXは4.5GHzとなっておりRyzen Threadripper 3970Xは4.5GHzというデータになっています。Ryzen Threadripper PRO 5975WXとRyzen Threadripper 3970Xはまったくと言っていいほど同じような感じということができます。

ブースト時の最大周波数が高いCPUを選択することで、より高度なタスクを実行できるようになります。例えば、ゲームやビデオ編集ソフトウェアなど、より高負荷なアプリケーションの処理にも対応できます。さらに、CPUのパフォーマンスが高いため、マルチタスクもスムーズに行えます。

ブースト時の最大周波数について実際の使用において考えると、Ryzen Threadripper PRO 5975WXもRyzen Threadripper 3970Xも違いはまったく存在していません。ブースト時の最大周波数の情報を確認しても参考にならないと言えるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 5975WX
4.5GHz71/100
Ryzen Threadripper 3970X
4.5GHz71/100

二次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 5975WXもRyzen Threadripper 3970Xも二次キャッシュに対応しているCPUです。これらのCPUは、二次キャッシュに対応しているため、高速でスムーズな処理が可能です。二次キャッシュによって、CPUの処理速度が向上し、より効率的に作業をすることができます。

二次キャッシュに対応しているCPUには、データの高速アクセスが可能となります。これにより、処理速度が向上し、作業効率が最大化されます。また、高速なアクセスを可能にすることで、マルチタスクのパフォーマンスも向上し、快適な作業環境を提供することができます。

二次キャッシュ

二次キャッシュについて比較すると、Ryzen Threadripper 3970Xは16MBというデータです。一方Ryzen Threadripper PRO 5975WXは16MBというデータです。Ryzen Threadripper 3970XとRyzen Threadripper PRO 5975WXの二次キャッシュは違いはまったくないと言っていい程無いデータであり、似ています。

二次キャッシュが多いCPUを搭載したPCは、大容量のファイル転送や高速なデータ処理に優れています。ビジネスや学生など、大量のデータを扱うユーザーにとって、二次キャッシュの多いCPUは、仕事の効率を向上させることができます。また、フリーランスやデザイン職、ゲーマーなど、高度な処理性能が求められる場合にも、二次キャッシュの多いCPUは、必要不可欠なアイテムとなります。

二次キャッシュに関してRyzen Threadripper PRO 5975WXもRyzen Threadripper 3970Xも体感上全くといえるほど同水準にあると思われます。Ryzen Threadripper PRO 5975WXもRyzen Threadripper 3970Xも差は殆ど存在しません。他の側面で考慮することを強くオススメします。商品を選択する上で、二次キャッシュの情報は参考になりません。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 5975WX
16MB83/100
Ryzen Threadripper 3970X
16MB83/100

三次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 5975WXもRyzen Threadripper 3970Xも三次キャッシュに対応しているCPUであると言えます。三次キャッシュに対応しているこれらのCPUは、処理速度の向上において大きな役割を果たす。そのため、高いパフォーマンスを求めるユーザーには必須となる存在となるだろう。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、高速なデータアクセスと高速なデータ転送が実現できることです。これにより処理速度が飛躍的に向上し、PCの作業効率も向上します。また、高速データアクセスにより、ビジネスやクリエイティブな作業でも快適に作業することができます。

三次キャッシュ

Ryzen Threadripper 3970Xの三次キャッシュは128MBに対して、Ryzen Threadripper PRO 5975WXは128MBとなります。Ryzen Threadripper 3970XとRyzen Threadripper PRO 5975WXは相当よく似ている三次キャッシュであると言えます。

三次キャッシュが多いCPUには、複雑な処理を行う際に高速かつ効率的に動作するメリットがあります。キャッシュメモリが大きいほど、データの処理がスムーズになり、CPUのパフォーマンスが向上します。また、多くのソフトウェアやアプリケーションがメモリを使用するため、多くのメモリを備えたCPUは、高速で快適な作業を可能にします。

実際の用途において考えると、Ryzen Threadripper 3970XもRyzen Threadripper PRO 5975WXも体感的にいって、相当似ていると感じられるとなりそうです。Ryzen Threadripper 3970XもRyzen Threadripper PRO 5975WXも全くといっていい程違いはありません。三次キャッシュの情報を考慮しても商品選びにおいて全くといえるほど役に立ちません。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 5975WX
128MB91/100
Ryzen Threadripper 3970X
128MB91/100

コア数

Ryzen Threadripper PRO 5975WXのコア数は32コアであるのに対してRyzen Threadripper 3970Xのコア数は32コアというデータになっています。コア数については、Ryzen Threadripper 3970XとRyzen Threadripper PRO 5975WXの全くといっていいほど同じような感じにあると考えられ、非常によく類似していると言えます。

コア数が多いCPUは、処理速度や効率性を向上させるために非常に重要な役割を果たします。例えば、ビッグデータ解析や3Dレンダリングのような高度な処理を行う際に、より多くのコアがあればより効率的な処理を行えます。また、クラウドサービスや仮想化環境を利用する際にも、コア数が多いCPUが求められます。

これらの比較から明確にわかるようにRyzen Threadripper PRO 5975WXもRyzen Threadripper 3970Xも感覚的に、非常に類似していると感じられるでしょう。ほかの角度から考慮する方が良さそうということが分かります。

コア数評価
Ryzen Threadripper PRO 5975WX
32コア90/100
Ryzen Threadripper 3970X
32コア90/100

マルチスレッド対応

Ryzen Threadripper 3970XとRyzen Threadripper PRO 5975WXはマルチスレッドに対応していると言えるでしょう。これらのCPUはマルチスレッドに対応しているため、より高度な作業が可能です。プログラマーやデザイナーなど、多くの処理能力を必要とする専門家には特におすすめです。

マルチスレッドに対応しているCPUは、高速処理が必要な場合にも優れたパフォーマンスを発揮します。例えば、大量のデータを扱う場合、Excelやデータベースソフトなどの処理が驚くほど速くなります。また、3Dゲームのような重いグラフィックス処理にも対応しています。

スレッド数

Ryzen Threadripper 3970XとRyzen Threadripper PRO 5975WXでスレッド数において対比すると、Ryzen Threadripper 3970Xは64スレッドというデータに対してRyzen Threadripper PRO 5975WXは64スレッドというデータです。Ryzen Threadripper 3970XとRyzen Threadripper PRO 5975WXもスレッド数においては相当よく似ています。

スレッド数においてRyzen Threadripper 3970XもRyzen Threadripper PRO 5975WXも感覚的にいって、ほとんど同じくらいに感じられるでしょう。他の視点で決めた方が良さそうということが分かるでしょう。商品を決めるうえで、スレッド数の情報は意味がありません。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper PRO 5975WX
64スレッド90/100
Ryzen Threadripper 3970X
64スレッド90/100

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報