Ryzen Threadripper PRO 5965WX vs Ryzen 5 5600G: 徹底比較

2023-06-04 02:40:20

Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 5 5600G
Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 5 5600G
Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 5 5600G
Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 5 5600G
総合評価:

70.9/100

(総合順位: 1026/3270)

54.7/100

(総合順位: 96/3270)

TDP
5/100
63/100
通常利用時の最大周波数
86/100
88/100
ブースト時の最大周波数
71/100
68/100
二次キャッシュ
78/100
50/100
三次キャッシュ
91/100
44/100
コア数
82/100
34/100
スレッド数
82/100
34/100

スペック

Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 5 5600G
Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 5 5600G
基本情報
内蔵グラフィックス - Radeon Graphics
ソケットの形状Socket sWRX8Socket AM4
TDP280W65W
CPU性能
通常利用時の最大周波数3.8GHz3.9GHz
ブースト時の最大周波数4.5GHz4.4GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ12MB3MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB16MB
コア数24コア6コア
マルチスレッド対応
スレッド数48スレッド12スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

比較レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 5 5600Gの通常利用時の最大周波数は3.9GHzというデータに対し、Ryzen Threadripper PRO 5965WXは3.8GHzになります。Ryzen 5 5600GとRyzen Threadripper PRO 5965WXの相当類似していると言うことができます。そのため通常利用時の最大周波数に関しては違いはまったくと言ってしまえるほど存在していません。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリットは、快適な使用感と高速な処理が期待できることです。高周波数での動作が可能なため、多くのデータ処理や複雑な作業もスムーズに行うことができ、作業効率が向上します。また、プログラム起動やファイルの読み込み速度が速くなるため、ストレスなく作業を行えます。

実用上の視点から見るとRyzen 5 5600GもRyzen Threadripper PRO 5965WXも体感的にいって極めて類似していると感じられるとなりそうです。商品を選択するうえで、通常利用時の最大周波数の情報は役に立ちません。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
3.8GHz86/100
Ryzen 5 5600G
3.9GHz88/100

ブースト時の最大周波数

Ryzen 5 5600Gのブースト時の最大周波数は4.4GHzでありRyzen Threadripper PRO 5965WXは4.5GHzというデータとなっています。Ryzen 5 5600GとRyzen Threadripper PRO 5965WXの違いはほとんどなく同程度のブースト時の最大周波数であるといえます。

CPUの中でも、ブースト時の最大周波数が高いものは、非常に高いパフォーマンスを発揮します。そのため、グラフィックデザインや3Dモデリング、プログラミングなど、高度な処理が必要となる作業に最適です。また、ゲームプレイにおいても、より高速かつスムーズなプレイができるため、よりリアルなゲーム体験を実現することができます。このように、ブースト時の最大周波数が高いCPUは、幅広い用途において優れたパフォーマンスを発揮するため、非常に有用なパーツの一つとして認知されています。

これらの比較から明白にわかるようにRyzen Threadripper PRO 5965WXもRyzen 5 5600Gも非常によく似ています。Ryzen Threadripper PRO 5965WXもRyzen 5 5600Gも違いは、全くありません。ブースト時の最大周波数の情報を確認しても参考にならないと言えるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
4.5GHz71/100
Ryzen 5 5600G
4.4GHz68/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 5 5600GとRyzen Threadripper PRO 5965WXは、二次キャッシュに対応しているといえます。これらのCPUは、二次キャッシュに完璧に対応しています。そのため、高速なデータの読み込みと処理を実現し、スムーズな作業環境を提供することができます。また、この二次キャッシュに対応している点は、CPUのパフォーマンスを向上させるために非常に重要です。

また、二次キャッシュに対応しているCPUは、マルチタスク処理に向いています。このため、同時に複数のアプリケーションを起動している場合でも、なめらかに処理を行うことができます。特に、グラフィック性能を要求される作業には、二次キャッシュに対応しているCPUが非常に適しています。

二次キャッシュ

二次キャッシュの視点において比べてみるとRyzen 5 5600Gは3MBに対してRyzen Threadripper PRO 5965WXは12MBというデータになっています。Ryzen 5 5600GとRyzen Threadripper PRO 5965WXの差は9MBです。Ryzen Threadripper PRO 5965WXの方がひときわ二次キャッシュが多いことがわかるでしょう。二次キャッシュが多いCPUは、データの読み込み速度が向上するため、処理能力が高まります。また、快適な作業環境を実現することができます。

最近では、二次キャッシュの容量が多いCPUが注目を集めています。その理由は、処理速度の向上や正確性の向上に加え、省電力化にも繋がることが期待されるためです。例えば、二次キャッシュの容量が小さいCPUでは、頻繁にメモリアクセスが発生するため、処理速度が低下することがあります。そのため、二次キャッシュの容量を増やすことで、高能率なCPU設計が可能となるのです。

実際の使用を考えると、Ryzen Threadripper PRO 5965WXはRyzen 5 5600Gよりも秀逸であると言うことができそうです。体感上の違いは極めて際立って開いています。Ryzen 5 5600Gは二次キャッシュに配慮する人の場合微妙な選択肢と考えられそうです。そうでなくともRyzen Threadripper PRO 5965WXを使用した方が良い一つの決め手になるでしょう。ともあれ二次キャッシュは判断を下す際に欠かせない要素になると言えます。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
12MB78/100
Ryzen 5 5600G
3MB50/100

三次キャッシュ対応

Ryzen 5 5600GもRyzen Threadripper PRO 5965WXも三次キャッシュに対応しているCPUとなっています。パソコンを使用する上でストレスとなるのは、処理速度が遅いことです。しかし、これらのCPUは三次キャッシュに対応しているため、卓越した性能を持っています。三次キャッシュを備えたCPUは速い処理速度を誇り、快適なパソコンライフを実現できます。

三次キャッシュ対応のCPUは、高性能な処理を可能にするため、ビューティフルなグラフィックスやスピーディーな読み込み処理を実現できます。CPUが速くなるほど、快適性と使いやすさが向上します。また、多くのアップグレードアップデートなども行われており、今後も高度な機能が期待されます。

三次キャッシュ

Ryzen 5 5600Gの三次キャッシュは16MBとなっているのに対してRyzen Threadripper PRO 5965WXは128MBというデータです。Ryzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 5 5600Gの違いは112MB存在し、その違いは極めてずば抜けて開いています。Ryzen 5 5600Gに比べてRyzen Threadripper PRO 5965WXは断然三次キャッシュは多いと言うことができるでしょう。三次キャッシュが多いCPUを選ぶことで、大規模なデータ処理作業にも対応できます。高速な処理により、作業時間を短縮することができます。

三次キャッシュが多いCPUは、多くのゲーマーやエンジニアに人気があります。ゲームなどの高負荷なタスクにおいても、大容量のキャッシュを持つCPUは優れたパフォーマンスを発揮することができます。また、エンジニアのような複雑な処理を必要とする人たちにとっても、高速なデータ処理は欠かせないものであり、三次キャッシュが多いCPUはそのニーズに応えてくれます。

実用上の意味合いで言えば、三次キャッシュにおいて、Ryzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 5 5600Gの違いは著しく際立って開いていると考えることができます。このため、Ryzen Threadripper PRO 5965WXを考慮する決め手の一つになります。三次キャッシュを見ておくことで、より正確な決定につながるでしょう。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
128MB91/100
Ryzen 5 5600G
16MB44/100

コア数

コア数という観点についてRyzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 5 5600Gを比較すると、Ryzen Threadripper PRO 5965WXは24コアであるのに対してRyzen 5 5600Gは6コアというデータになっています。Ryzen 5 5600GはRyzen Threadripper PRO 5965WXより一回り少ないと言えます。Ryzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 5 5600Gは全く異なるものであると考えることができます。18コアもの飛び抜けた差が見られます。コア数が多いCPUは処理の速度に優れ、作業効率を大幅に向上させることができます。

コア数が多いCPUには、多数のアプリやプログラムを同時に処理する際に優れた性能があります。そのため、ビデオメディア編集やゲームプレイなどで高いパフォーマンスを発揮し、快適に作業や遊びを楽しむことができます。また、CPUに含まれるコア数が多いほど、CPUの処理速度が向上するため、処理時間が短縮されるため、作業の効率が向上します。

実際に使うことを考えるとコア数においてRyzen Threadripper PRO 5965WXはRyzen 5 5600Gに比べてかなり有利に感じとれると思います。このため、コア数を重要視する場合、Ryzen 5 5600Gを採用するべきでないと言うことができます。そうでなくともRyzen Threadripper PRO 5965WXを選ぶ方が良い判断材料と言えるかもしれません。

コア数評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
24コア82/100
Ryzen 5 5600G
6コア34/100

マルチスレッド対応

両方ともマルチスレッドに対応しているCPUとなっています。これらのCPUはマルチスレッドに対応しているため、より高度な作業が可能です。プログラマーやデザイナーなど、多くの処理能力を必要とする専門家には特におすすめです。

マルチスレッドに対応しているCPUは、タスクの実行速度を向上させることができます。例えば、ビデオ編集や写真編集を行う場合、大量のデータを処理する必要があります。こういった作業において、マルチスレッドCPUを使用することで、同時に複数のタスクを処理することができます。これにより、作業の効率性が向上し、短時間で作業を完成させることができます。

スレッド数

スレッド数において比較するとRyzen Threadripper PRO 5965WXは48スレッドというデータになっており、Ryzen 5 5600Gは12スレッドとなっています。Ryzen 5 5600Gのほうがはるかにスレッド数は少ないといえ36スレッドもの比べ物にならないくらいの違いがRyzen 5 5600GとRyzen Threadripper PRO 5965WXに存在します。

実際に利用することを考えると、Ryzen 5 5600Gの方がRyzen Threadripper PRO 5965WXのスレッド数より物足りないレベルと感じるでしょう。Ryzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 5 5600Gにおいて体感上、相当な差が存在しています。そのためスレッド数を優先するのであればRyzen 5 5600Gにするべきではないと思います。Ryzen Threadripper PRO 5965WXは有力候補の一つであることがわかります。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
48スレッド82/100
Ryzen 5 5600G
12スレッド34/100

基本情報

TDP

TDPにおいて比較してみると、Ryzen Threadripper PRO 5965WXは280Wというデータであるのに対してRyzen 5 5600Gは65Wです。Ryzen 5 5600GとRyzen Threadripper PRO 5965WXの差は215Wあり、Ryzen 5 5600Gの方がひときわTDPが小さいことが分かるでしょう。TDPが小さいCPUには、エコな面があります。消費電力が少ないため、省エネに貢献することができます。

TDPが小さいCPUのメリットとしては、電力消費が少なくエコロジカルであることが挙げられます。また、それに伴い発熱量も少ないため低騒音化が図れ、冷却に必要なファンや散熱器も小型にできるという利点があります。これらのメリットから、モバイルデバイス向けや省エネ性が求められる環境において、その需要は年々高まっています。

実際に使用する場合Ryzen Threadripper PRO 5965WXのほうがRyzen 5 5600GのTDPより体感的にかなり物足りない水準と感じとれると思います。従って、Ryzen Threadripper PRO 5965WXは候補の一つから外れるかもしれません。TDPを考えることは、合理的な決定をする上で不可欠な指標と言えるでしょう。

TDP評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
280W5/100
Ryzen 5 5600G
65W63/100

CPUランキング

カテゴリ一覧

人気CPU

関連人気記事

新着情報