Ryzen Threadripper PRO 5965WX と Ryzen 3 3100 を比較

2023-06-04 01:33:57

Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 3 3100
Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 3 3100
Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 3 3100
Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 3 3100
総合評価:

70.9/100

(総合順位: 1026/3283)

48.5/100

(総合順位: 256/3283)

TDP
5/100
63/100
通常利用時の最大周波数
86/100
82/100
ブースト時の最大周波数
71/100
52/100
二次キャッシュ
78/100
42/100
三次キャッシュ
91/100
44/100
コア数
82/100
26/100
スレッド数
82/100
28/100

スペック

Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 3 3100
Ryzen Threadripper PRO 5965WXRyzen 3 3100
基本情報
ソケットの形状Socket sWRX8Socket AM4
TDP280W65W
CPU性能
通常利用時の最大周波数3.8GHz3.6GHz
ブースト時の最大周波数4.5GHz3.9GHz
二次キャッシュ対応
二次キャッシュ12MB2MB
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ128MB16MB
コア数24コア4コア
マルチスレッド対応
スレッド数48スレッド8スレッド

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

比較レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Ryzen 3 3100の通常利用時の最大周波数は3.6GHzとなっている一方Ryzen Threadripper PRO 5965WXの通常利用時の最大周波数は3.8GHzです。Ryzen 3 3100とRyzen Threadripper PRO 5965WXの違いは全く存在しないと言っていい程無く同等の通常利用時の最大周波数と言えます。

通常利用時の最大周波数が高いCPUの最大のメリットは、長期間にわたってパフォーマンスが持続することです。高周波数での処理ができるため、使用中にパフォーマンス低下を感じることがほとんどありません。また、電源管理機能により、省電力モードに切り替えた際にも高速な処理が可能です。長時間にわたってのデータ処理には最適なCPUといえるでしょう。

実際に使用することを考えるとRyzen Threadripper PRO 5965WXもRyzen 3 3100も殆ど同水準と思います。他の側面で選ぶほうが良いです。商品選択において、通常利用時の最大周波数の情報はほとんど意味がないといえるでしょう。

通常利用時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
3.8GHz86/100
Ryzen 3 3100
3.6GHz82/100

ブースト時の最大周波数

ブースト時の最大周波数について比較すると、Ryzen Threadripper PRO 5965WXは4.5GHzであるのに対して、Ryzen 3 3100は3.9GHzというデータです。0.6GHzのそこそこ大きな違いがRyzen 3 3100とRyzen Threadripper PRO 5965WXに存在し、Ryzen 3 3100のほうがブースト時の最大周波数は比較的低いということが分かるでしょう。ブースト時の最大周波数が高いCPUのメリットは、高いパフォーマンスが得られることです。

ブースト時の最大周波数が高いCPUは、マルチタスキングにも優れています。高いクロック数により、ユーザーが同時に複数のアプリケーションを実行している場合でも、プロセスの実行速度が損なわれません。これにより、仕事が忙しいビジネスマンや、同時にスキャンやコピーを行うオフィスの方々にとって非常に便利です。

実際に必要な観点から判断するとRyzen Threadripper PRO 5965WXはRyzen 3 3100のブースト時の最大周波数より比較的良いと感じられるでしょう。Ryzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 3 3100において違いは比較的存在します。そのためブースト時の最大周波数に注目する場合Ryzen Threadripper PRO 5965WXは採用すべきということができるかもしれません。

ブースト時の最大周波数評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
4.5GHz71/100
Ryzen 3 3100
3.9GHz52/100

二次キャッシュ対応

Ryzen 3 3100とRyzen Threadripper PRO 5965WXは、二次キャッシュに対応しているといえます。これらのCPUは、二次キャッシュに完璧に対応しています。そのため、高速なデータの読み込みと処理を実現し、スムーズな作業環境を提供することができます。また、この二次キャッシュに対応している点は、CPUのパフォーマンスを向上させるために非常に重要です。

二次キャッシュに対応しているCPUのメリットは多岐にわたります。まず第一に、CPUの処理速度が向上することが挙げられます。二次キャッシュはCPUにとって重要な一時的なメモリーであり、処理の際に一般的なメモリーよりも高速にアクセス可能です。そのため、二次キャッシュに対応しているCPUはより迅速な処理が可能となります。次に、二次キャッシュによってアプリケーションの実行に必要なデータを高速で取得し、ストレスなく快適に使用することができます。最後に、二次キャッシュに対応しているCPUは、省エネルギーであり長時間の使用に耐えることができます。

二次キャッシュ

Ryzen Threadripper PRO 5965WXの二次キャッシュは12MBである一方、Ryzen 3 3100は2MBになります。Ryzen Threadripper PRO 5965WXの方が二次キャッシュは極端に多いと言うことができます。10MBもの大幅な違いがRyzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 3 3100にあります。二次キャッシュが多いCPUを使用することで、処理速度の向上が見込めるため、ストレスフリーな作業環境を実現できます。

多くのメーカーは、二次キャッシュが多いCPUを開発することに注力しています。この理由は、二次キャッシュが多いCPUのメリットが非常に大きいからです。二次キャッシュが多いCPUは、処理速度が高くなるため、ユーザーがより快適な使用体験を得られることができます。

実際に活用する場面を考えると、二次キャッシュについて、Ryzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 3 3100に関して違いは非常に大きいというデータです。このためRyzen Threadripper PRO 5965WXは二次キャッシュに配慮したい人の場合適していると言うことができそうです。

二次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
12MB78/100
Ryzen 3 3100
2MB42/100

三次キャッシュ対応

Ryzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 3 3100は、両方とも三次キャッシュに対応しているCPUであると言うことができます。これらのCPUは、高速で信頼性があり、最新の三次キャッシュに対応しています。このため、パフォーマンスが必要なタスクに優れた結果を提供しています。また、処理速度の向上と省電力技術の採用により、より効率的な作業環境を実現できます。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、高速なデータアクセスと高速なデータ転送が実現できることです。これにより処理速度が飛躍的に向上し、PCの作業効率も向上します。また、高速データアクセスにより、ビジネスやクリエイティブな作業でも快適に作業することができます。

三次キャッシュ

Ryzen 3 3100の三次キャッシュは16MBとなっているのに対し、Ryzen Threadripper PRO 5965WXは128MBというデータとなっています。Ryzen 3 3100の方が断然三次キャッシュは少ないといえ、Ryzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 3 3100の違いは112MBということができます。三次キャッシュが多いCPUを利用することで、CPUの処理能力が向上し、高速な作業が可能になります。処理待ち時間の短縮により、作業の効率化が見込めます。

三次キャッシュが多いCPUのメリットは、高速処理能力が向上することです。これは、大容量のキャッシュにより、プロセッサがデータへのアクセスを効率的に行えるためです。また、多くのアプリケーションと同時に動作させる場合にも、快適に動作することができます。

実際に利用することを考えると、Ryzen 3 3100の方がRyzen Threadripper PRO 5965WXに比べてひときわ下回っているといえそうです。従ってRyzen Threadripper PRO 5965WXは強力な選択肢の一つとなります。三次キャッシュは欠かせない指標になります。

三次キャッシュ評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
128MB91/100
Ryzen 3 3100
16MB44/100

コア数

Ryzen 3 3100のコア数は4コアで、Ryzen Threadripper PRO 5965WXは24コアというデータとなっています。顕著な差があり、まったく異なるものです。Ryzen 3 3100のほうが一回りコア数が少ないということが分かるでしょう。コア数が多いCPUを選ぶことで、複雑な処理を行う場合においても高速な処理が可能となり、作業時間の短縮につながります。

コア数が多いCPUを選ぶことで、マルチタスクがスムーズになることが期待できます。特に、複数のプログラムを同時に起動する場合や、ストリーミングや動画編集などの高負荷なタスクを行う場合に有効です。また、コア数が多いことで、周波数を低く抑えながら高性能を実現できる場合があります。

この比較情報で明確なようにRyzen Threadripper PRO 5965WXのコア数はRyzen 3 3100よりかなり秀逸と感じると思います。従って、コア数に配慮する人にとっては、Ryzen 3 3100はいまいちな選択と考えられます。

コア数評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
24コア82/100
Ryzen 3 3100
4コア26/100

マルチスレッド対応

Ryzen 3 3100とRyzen Threadripper PRO 5965WXはマルチスレッドに対応しているCPUとなっています。マルチスレッドに対応しているこれらのCPUは、マルチタスクを実行するための強力なツールです。そのため、ゲーム、ビデオ編集、3Dモデル作成など、より具体的な用途に最適です。

マルチスレッドに対応しているCPUは、複数のタスクを同時に処理できるため、データの処理や解析などの大量の作業を効率的に処理することが可能です。これにより、業務効率や生産性が向上するだけでなく、エンターテインメント分野でも高度なグラフィックスや音声処理を実現できるようになります。今後ますます需要が高まるであろうマルチタスク中心の世界で、マルチスレッドに対応しているCPUが重要な役割を果たすことが予想されます。

スレッド数

スレッド数において比較するとRyzen Threadripper PRO 5965WXは48スレッドというデータになっており、Ryzen 3 3100は8スレッドとなっています。この比較で明確に分かるように、スレッド数に関して考えると、Ryzen Threadripper PRO 5965WXのほうがはるかに多いと言えます。Ryzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 3 3100はまったく違うものだと言うことができるでしょう。

実際に利用することを考慮すると、Ryzen 3 3100のスレッド数と比べるとRyzen Threadripper PRO 5965WXは体感的に、非常に秀逸であると思います。このためRyzen 3 3100はスレッド数を優先する人にとってはいまいちな選択と考えられそうです。いずれにしてもスレッド数に着目して比較することは後悔しない判断を下す上で必要不可欠な基準と思います。

スレッド数評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
48スレッド82/100
Ryzen 3 3100
8スレッド28/100

基本情報

TDP

Ryzen 3 3100のTDPは65Wとなっているのに対して、Ryzen Threadripper PRO 5965WXは280Wです。215Wものはるかに大きな差がRyzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 3 3100にありRyzen 3 3100はTDPがはるかに小さいということが分かるでしょう。TDPが小さいCPUは、熱を発生させず、静音性に優れるため、作業中の騒音を低減することができます。

TDPが小さいCPUについて、そのメリットについてご紹介いたします。TDPが小さいということは、電力消費が少なくなるため、省エネになります。また、冷却が必要なくなるため、ファンレスの設計が可能になるため、騒音が少なく快適に使用できます。

TDPにおいてRyzen Threadripper PRO 5965WXとRyzen 3 3100は飛び抜けて際立って違います。従って、Ryzen 3 3100は一つの有力な候補になります。TDPは、商品選択において不可欠な基準の1つになります。

TDP評価
Ryzen Threadripper PRO 5965WX
280W5/100
Ryzen 3 3100
65W63/100

価格をチェックする

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。