Core i5 12500 と Core i5 9500 を比較

2023-06-04 01:36:16

Core i5 12500Core i5 9500
Core i5 12500Core i5 9500
Core i5 12500Core i5 9500
Core i5 12500Core i5 9500
総合評価:

53.3/100

(総合順位: 1087/3283)

47/100

(総合順位: 329/3283)

通常利用時の最大周波数
62/100
62/100
ブースト時の最大周波数
74/100
68/100
三次キャッシュ
50/100
28/100
コア数
34/100
34/100
スレッド数
34/100
26/100

スペック

Core i5 12500Core i5 9500
Core i5 12500Core i5 9500
基本情報
シリーズ名Alder LakeCoffee Lake
内蔵グラフィックスIntel UHD Graphics 770Intel UHD Graphics 630
ソケットの形状 - LGA1151
TDP - 65W
CPU性能
通常利用時の最大周波数3GHz3GHz
ブースト時の最大周波数4.6GHz4.4GHz
二次キャッシュ対応 -
二次キャッシュ7MB -
三次キャッシュ対応
三次キャッシュ18MB9MB
コア数6コア6コア
マルチスレッド対応 -
スレッド数12スレッド6スレッド
インテル クリアー・ビデオ・テクノロジー対応 -
機能性
インテル クイック・シンク・ビデオ対応 -
インテル クリアー・ビデオ HDテクノロジー対応 -
インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応 -

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

類似のCPUを探す

他のCPUと比較

価格を見る

比較レビュー

CPU性能

通常利用時の最大周波数

Core i5 12500の通常利用時の最大周波数は3GHzである一方Core i5 9500の通常利用時の最大周波数は3GHzになります。Core i5 12500とCore i5 9500の極めてよく類似しています。従って通常利用時の最大周波数においてまったくと言っていいほど同じくらいにあると思われます。

通常利用時の最大周波数が高いCPUのメリットについて通常利用時の最大周波数が高いCPUは、処理速度が非常に高くなっており、ユーザーの操作がよりスムーズになることができます。また、高速な処理が可能なため、複数のアプリケーションを同時に使用しても、快適に動作することができます。さらに、高速な動作が可能なため、ゲームや動画編集など、高負荷な業務にも対応することができます。

通常利用時の最大周波数についてCore i5 12500もCore i5 9500も体感上全くと言えるほど同程度であるといえます。他の観点を見て考慮した方が良さそうと言うことができるでしょう。判断を下す際に、通常利用時の最大周波数の情報はほぼ役に立ちません。

通常利用時の最大周波数評価
Core i5 12500
3GHz62/100
Core i5 9500
3GHz62/100

ブースト時の最大周波数

Core i5 9500のブースト時の最大周波数は4.4GHzでありCore i5 12500は4.6GHzというデータとなっています。Core i5 9500とCore i5 12500は非常によく似ているブースト時の最大周波数と言うことができるでしょう。

CPUの性能を重視するユーザーにとって、ブースト時の最大周波数が高いCPUは、業務処理や重いタスクの実行に適しています。高い最大周波数により、数多くのプロセスを迅速に処理することができ、効率的な作業環境を実現することができます。また、高い最大周波数によって、ゲームやビデオコンテンツの再生もスムーズに行うことができます。

ブースト時の最大周波数という点について、Core i5 12500もCore i5 9500も違いはまったく存在しないと言える程見られません。ほかの角度から決めることを是非おすすめします。ブースト時の最大周波数の情報を確認しても商品を選択するうえでほぼ意味がないといえるでしょう。

ブースト時の最大周波数評価
Core i5 12500
4.6GHz74/100
Core i5 9500
4.4GHz68/100

三次キャッシュ対応

Core i5 9500とCore i5 12500は、両方とも三次キャッシュに対応しているCPUであると言えるでしょう。三次キャッシュに対応しているこれらのCPUは、処理速度の向上において大きな役割を果たす。そのため、高いパフォーマンスを求めるユーザーには必須となる存在となるだろう。

三次キャッシュに対応しているCPUのメリットは、高速なデータアクセスと高速なデータ転送が実現できることです。これにより処理速度が飛躍的に向上し、PCの作業効率も向上します。また、高速データアクセスにより、ビジネスやクリエイティブな作業でも快適に作業することができます。

三次キャッシュ

三次キャッシュに関してCore i5 9500とCore i5 12500を比較すると、Core i5 9500は9MBとなっています。一方でCore i5 12500は18MBとなっています。Core i5 12500とCore i5 9500の違いは9MB存在し、Core i5 12500のほうが非常に三次キャッシュが多いということがわかります。三次キャッシュが多いCPUは、スムーズで高速な処理を可能にし、作業の効率性を大いに高めることができます。また、より多くのデータを扱うことができるため、高い生産性をもたらすことができます。

三次キャッシュが多いCPUには、処理速度が向上し、高負荷下でも安定した動作が可能になります。また、マルチタスクでのスムーズな動作も期待でき、より快適な使用感を実現できます。

実践的な見地から考えると三次キャッシュにおいてCore i5 9500の方がCore i5 12500よりもひときわイマイチな水準にあると感じとれるでしょう。Core i5 9500とCore i5 12500において違いは体感上ひときわあります。このためCore i5 12500を有力選択肢に考えるべきであると言うことができるでしょう。また三次キャッシュに配慮したい場合Core i5 9500を選ぶべきではないと考えられるかもしれません。

三次キャッシュ評価
Core i5 12500
18MB50/100
Core i5 9500
9MB28/100

コア数

コア数という点に関して比べてみると、Core i5 12500は6コアとなっているのに対して、Core i5 9500は6コアになります。コア数をみてみるとCore i5 12500とCore i5 9500の差はほとんど無いデータとなっており全くと言っていいほど同じレベルと思われます。

Intel Core i9-9900KなどのCPUがコア数が多いことでメリットが得られます。マルチタスク処理、レンダリングやエンコーディングなど高負荷処理が可能になり、より効率的に作業を進めることができます。また、ゲームなどでの高画質表示も可能になり、より滑らかなゲームプレイができます。

実際に使用することを考えるとCore i5 12500もCore i5 9500も感覚上類似しています。コア数の情報を考えても全くといっていいほど役に立たないでしょう。

コア数評価
Core i5 12500
6コア34/100
Core i5 9500
6コア34/100

スレッド数

スレッド数に関してみてみるとCore i5 12500は12スレッドというデータになっており、Core i5 9500は6スレッドというデータであると言えます。Core i5 9500はスレッド数は比較的少ないといえ、6スレッドのある程度の差がCore i5 9500とCore i5 12500に存在しています。

これらの比較情報で明白なように、Core i5 9500のスレッド数のほうが感覚的にまあまあ物足りない水準であると感じるでしょう。したがって、Core i5 9500を候補から取り除くべきと思います。スレッド数にこだわる人の場合、Core i5 12500のほうが良いと考えることができるかもしれません。ともあれスレッド数は、不可欠な要素になります。しかし、絶対的といえる差は存在しないため気を付ける必要があると言えるでしょう。

スレッド数評価
Core i5 12500
12スレッド34/100
Core i5 9500
6スレッド26/100

価格をチェックする

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。