AC-22PFT と CS-50RJX2 を詳しくレビュー。違いを比べました

作成日時: 2022-05-13 20:33:20、更新日時: 2022-05-13 22:48:20

AC-22PFTCS-50RJX2
AC-22PFTCS-50RJX2

「AC-22PFT」と「CS-50RJX2」について重要な観点から比較してみました。どういう面で違いや差があるのか?「AC-22PFT」と「CS-50RJX2」のどっちを選んだらいいのかについて選ぶのに慣れてない人でも簡単にわかります。

AC-22PFTCS-50RJX2
AC-22PFTCS-50RJX2
AC-22PFTCS-50RJX2
総合評価:
室内機重量rating-image3.6
9kg
rating-image1.5
12.5kg
室外機重量rating-image3.6
26kg
rating-image2.3
34kg
冷房能力rating-image1
2.2kW
rating-image3.7
5kW
冷房COPrating-image4.1
4.49
rating-image2.7
3.65
冷房利用時の消費電力rating-image4.4
490W
rating-image1
1850W
暖房COPrating-image2.7
4.42
rating-image3.5
4.81

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

「CS-50RJX2」より「AC-22PFT」を選ぶべき理由

  • 室内機重量が並外れて軽い
    71.2点(808位) vs 30.2点(2513位)
  • 非常に軽い室外機重量
    72.2点(958位) vs 45.6点(2064位)
  • 極めて高い冷房COP
    81.2点(747位) vs 53.2点(1648位)
  • 極めて小さい冷房利用時の消費電力
    88.1点(372位) vs 17.6点(4609位)
  • 100Vに対応している
  • 新冷媒R32を採用している
  • プラズマクラスターを搭載している
  • 内部乾燥機能を搭載している

「AC-22PFT」より「CS-50RJX2」を選ぶべき理由

  • とても高い冷房能力
    73.2点(1923位) vs 10.9点(5170位)
  • 暖房COPがとても高い
    70.3点(531位) vs 53.9点(867位)
  • 空気清浄機能がある
  • 衣類乾燥機能を搭載している

「AC-22PFT」と「CS-50RJX2」の特性や特色

「AC-22PFT」と「CS-50RJX2」の基本情報の比較評価について

室内機重量について

AC-22PFTとCS-50RJX2の室内機重量について比べるとCS-50RJX2は12.5kgでありAC-22PFTは9kgです。3.5kgものとても大きい違いがあります。AC-22PFTの重量はCS-50RJX2に比べてとても軽いです。

実際に使うことを想定したときAC-22PFTはCS-50RJX2に比べて遥かに秀でていると言えます。AC-22PFTを選ぶための一つの主な判断材料となると思います。

室内機重量評価
AC-22PFT
9kg71/100
CS-50RJX2
12.5kg30/100

室外機重量について

室外機重量をCS-50RJX2とAC-22PFTを比較するとAC-22PFTは26kgに対してCS-50RJX2は34kgです。室外機重量という視点で見るとAC-22PFTはCS-50RJX2よりとても軽いです。

実際に利用する上でAC-22PFTはCS-50RJX2よりかなり秀でていると言えます。AC-22PFTを選ぶ上で一つの主な決め手になるでしょう。

室外機重量評価
AC-22PFT
26kg72/100
CS-50RJX2
34kg45/100

空気清浄についての比較評価

脱臭機能について

嫌な匂いを抑えることができるため、脱臭機能があるエアコンは優れていると言えるでしょう。特に嫌な臭いお抑制したいならおすすめです。

CS-50RJX2もAC-22PFTも脱臭機能があるエアコンです。エアコンからのニオイが気になる方に、 エアコン内部のカビを抑制できる点でどちらも秀でた部類に入るかと思います。空気の匂いを除去したいような場合にどちらもおすすめと言えるかもしれません。

除菌機能について

除菌機能があるエアコンはお部屋の中に浮遊している菌やアレルギー物質を除菌・抑制することができるといった点で秀でた部類に入るでしょう。室内に浮遊する菌を除去するようなときにお勧めと言えそうです。

CS-50RJX2もAC-22PFTも除菌機能があるエアコンです。そのため室内を浮遊している有害な菌を除去して安全な室内を維持できる点においてAC-22PFTもCS-50RJX2も良いといえなくもないでしょう。カビの発生、アレル物質、菌などを抑制し、部屋の中をきれいに保持したいときにどちらも向いています。

乾燥機能について

除湿機能について

除湿機能を搭載しているエアコンはジメジメした湿度を取り除き部屋を快適にできるといった点で秀でた部類に入るかと思います。例えば部屋の温度を下げすぎずに湿度を調整したいようなときにお勧めと言えるでしょう。

AC-22PFTもCS-50RJX2も除湿機能を搭載しているエアコンです。そのため除湿機を使用しなくても除湿できる点でどちらも優れています。除湿機を使用しなくても除湿するときAC-22PFTもCS-50RJX2もお勧めです。

「AC-22PFT」と「CS-50RJX2」の冷房を徹底的に比較する

冷房能力について

すぐに室内を冷却できる為、冷房能力が高いエアコンは優れていそうです。部屋を一気に冷却するのにオススメです。

冷房能力についてAC-22PFTとCS-50RJX2を比較するとCS-50RJX2は5kWでAC-22PFTは2.2kWです。2.8kWもの大きな違いがあります。冷房能力という角度で見るとAC-22PFTよりCS-50RJX2の方がかなり高い冷房能力です。短時間で部屋を冷やすことができる為CS-50RJX2の方がAC-22PFTよりも極めて秀でているといえそうです。CS-50RJX2はAC-22PFTより酷暑の時期に使用したいようなときにかなりお勧めだと思います。

実際に使うことを想定したときCS-50RJX2とAC-22PFTの体感値としての差は非常に大きいです。CS-50RJX2を選ぶための重要な理由の一つになります。

冷房能力評価
AC-22PFT
2.2kW10/100
CS-50RJX2
5kW73/100

冷房COPについて

高い冷房COPのエアコンは冷房効率が高く節電できるため優秀です。冷房時にエネルギーを効率的に使用するような時におすすめです。

冷房COPについて比べるとAC-22PFTは4.49に対してCS-50RJX2は3.65です。比較的違いはあります。冷房COPという視点においてAC-22PFTはCS-50RJX2よりやや高いです。冷房時に効率的にエネルギーを使用できる点でCS-50RJX2よりAC-22PFTの方がどちらかといえばよいと言えるでしょう。AC-22PFTはCS-50RJX2よりエネルギー効率がいいので、安く、環境に優しく部屋を適温にする場合にどちらかと言うとお勧めと言えるかもしれません。

CS-50RJX2よりAC-22PFTが良いですが、すごく優れているというわけではありません。

冷房COP評価
AC-22PFT
4.4981/100
CS-50RJX2
3.6553/100

冷房利用時の消費電力について

冷房利用時の消費電力が小さいエアコンは長時間の使用でも経済的負担を削減できるという点で優秀です。夏場に電気代を節約するようなとき、お勧めと言えそうです。

冷房利用時の消費電力を比べるとCS-50RJX2は1850WでありAC-22PFTは490Wです。1360Wの大きい差があります。冷房利用時の消費電力という角度で見てみるとAC-22PFTはCS-50RJX2と比較してとても小さい消費電力です。電気代を削減できる為CS-50RJX2よりAC-22PFTの方がよい部類に入るでしょう。AC-22PFTはCS-50RJX2よりより安い電気代で、部屋を涼しくする時にとてもおすすめだと思います。

AC-22PFTを選ぶ上で重要な理由の一つになると思います。

冷房利用時の消費電力評価
AC-22PFT
490W88/100
CS-50RJX2
1850W17/100

「AC-22PFT」と「CS-50RJX2」の暖房についての徹底評価

暖房COPについて

暖房COPが高いエアコンは暖房のエネルギー消費効率を向上できるので優れていそうです。効率が良いので、冬場の電気代を削減したいときにお勧めです。

CS-50RJX2とAC-22PFTを暖房COPを比べるとAC-22PFTは4.42に対してCS-50RJX2は4.81です。CS-50RJX2とAC-22PFTはとても差があります。CS-50RJX2のエネルギー効率はAC-22PFTに比べてとても高いです。暖房費を節約できるのでCS-50RJX2の方がAC-22PFTよりも極めて秀でているといえなくもないでしょう。CS-50RJX2はAC-22PFTより暖房時のエネルギーを効率的に使用するのにかなりおすすめだと思います。

CS-50RJX2に決める上で主な理由の一つになります。

暖房COP評価
AC-22PFT
4.4253/100
CS-50RJX2
4.8170/100

暖房利用時の消費電力について

小さい暖房利用時の消費電力のエアコンは暖房使用時の電気代を節約できる為、優れていると言えるかもしれません。特に冬季に節電効果が高く早朝に前もって部屋を暖房したいようなときに向いていると言えるでしょう。

CS-50RJX2とAC-22PFTを暖房利用時の消費電力について比較するとAC-22PFTは565Wに対してCS-50RJX2は2900Wです。2335Wの非常に大きな違いがあります。CS-50RJX2と比べてAC-22PFTはとても消費電力が小さいです。節電している人が電気代をかけずに使用できるのでAC-22PFTの方がCS-50RJX2よりも秀でていると思います。消費電力の節約をする場合AC-22PFTはCS-50RJX2より適しています。

実際の利用を想定したときAC-22PFTはCS-50RJX2に比べてとても秀でています。AC-22PFTに決めるための重要な判断材料の一つとなります。

暖房利用時の消費電力評価
AC-22PFT
565W80/100
CS-50RJX2
2900W0/100

「AC-22PFT」と「CS-50RJX2」を表で情報一覧をくらべる

AC-22PFTCS-50RJX2
AC-22PFTCS-50RJX2
基本情報
室内機サイズ横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm -
室内機重量9kg12.5kg
100V対応 -
通年エネルギー消費効率(APF)5.8 -
室外機サイズ横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm -
室外機重量26kg34kg
壁掛け対応
冷房
木造和室の最大冷房面積6畳 -
鉄筋洋室の最大冷房面積9畳 -
冷房能力2.2kW5kW
冷房COP4.493.65
冷房利用時の消費電力490W1850W
新冷媒R32対応 -
暖房
木造和室の最大暖房面積6畳 -
鉄筋洋室の最大暖房面積7畳 -
寒冷地での暖房能力2.7kW -
暖房COP4.424.81
暖房利用時の消費電力565W2900W
空気清浄
空気清浄機能 -
脱臭機能
除菌機能
プラズマクラスター搭載 -
メンテナンス
内部乾燥機能 -
乾燥機能
衣類乾燥機能 -
除湿機能

類似のエアコンを探す

他のエアコンと比較する

価格をチェック

類似のエアコンを探す

他のエアコンと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

AC-22PFT の関連記事
CS-50RJX2 の関連記事

AC-22PFT と評価が同程度のエアコンを探す

室内機サイズ:横:78cm、縦:280mm、厚さ:215mm, 室内機重量:8kg, 通年エネルギー消費効率(APF):4.9, 室外機サイズ:横:78cm、縦:280mm、厚さ:215mm, 室外機重量:23kg, 木造和室の最大冷房面積:10畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:15畳, 冷房能力:3.6kW, 冷房COP:2.71, 冷房利用時の消費電力:1330W, 木造和室の最大暖房面積:9畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:12畳, 寒冷地での暖房能力:3.4kW, 暖房COP:3.53, 暖房利用時の消費電力:1190W

室内機サイズ:横:78cm、縦:280mm、厚さ:215mm, 室内機重量:8kg, 通年エネルギー消費効率(APF):4.9, 室外機サイズ:横:78cm、縦:280mm、厚さ:215mm, 室外機重量:33kg, 木造和室の最大冷房面積:11畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:17畳, 冷房能力:4kW, 冷房COP:2.8, 冷房利用時の消費電力:1430W, 木造和室の最大暖房面積:11畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:14畳, 寒冷地での暖房能力:5.3kW, 暖房COP:3.38, 暖房利用時の消費電力:1480W

室内機サイズ:横:79.7cm、縦:369mm、厚さ:295mm, 室内機重量:12.5kg, 通年エネルギー消費効率(APF):6.7, 室外機サイズ:横:79.7cm、縦:369mm、厚さ:295mm, 室外機重量:34.5kg, 木造和室の最大冷房面積:8畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:12畳, 冷房能力:2.8kW, 冷房COP:5, 冷房利用時の消費電力:560W, 木造和室の最大暖房面積:8畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:10畳, 寒冷地での暖房能力:6.1kW, 暖房利用時の消費電力:690W

室内機サイズ:横:79.7cm、縦:369mm、厚さ:295mm, 室内機重量:13kg, 通年エネルギー消費効率(APF):5.7, 室外機サイズ:横:79.7cm、縦:369mm、厚さ:295mm, 室外機重量:43.5kg, 木造和室の最大冷房面積:15畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:23畳, 冷房能力:5.6kW, 冷房COP:3.26, 冷房利用時の消費電力:1720W, 木造和室の最大暖房面積:15畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:18畳, 寒冷地での暖房能力:7.8kW, 暖房利用時の消費電力:1595W

室内機サイズ:横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm, 室内機重量:9kg, 通年エネルギー消費効率(APF):5.8, 室外機サイズ:横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm, 室外機重量:26kg, 木造和室の最大冷房面積:7畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:10畳, 冷房能力:2.5kW, 冷房COP:3.97, 冷房利用時の消費電力:630W, 木造和室の最大暖房面積:6畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:8畳, 寒冷地での暖房能力:3kW, 暖房COP:4.38, 暖房利用時の消費電力:640W

室内機サイズ:横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm, 室内機重量:9kg, 通年エネルギー消費効率(APF):5.8, 室外機サイズ:横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm, 室外機重量:29kg, 木造和室の最大冷房面積:8畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:12畳, 冷房能力:2.8kW, 冷房COP:4.06, 冷房利用時の消費電力:690W, 木造和室の最大暖房面積:8畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:10畳, 寒冷地での暖房能力:3.3kW, 暖房COP:4.04, 暖房利用時の消費電力:890W

室内機サイズ:横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm, 室内機重量:9kg, 通年エネルギー消費効率(APF):4.9, 室外機サイズ:横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm, 室外機重量:29kg, 木造和室の最大冷房面積:10畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:15畳, 冷房能力:3.6kW, 冷房COP:3.21, 冷房利用時の消費電力:1120W, 木造和室の最大暖房面積:9畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:12畳, 寒冷地での暖房能力:3.5kW, 暖房COP:3.68, 暖房利用時の消費電力:1140W

室内機サイズ:横:77cm、縦:283mm、厚さ:230mm, 室内機重量:8kg, 通年エネルギー消費効率(APF):4.9, 室外機サイズ:横:77cm、縦:283mm、厚さ:230mm, 室外機重量:31kg, 木造和室の最大冷房面積:11畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:17畳, 冷房能力:4kW, 冷房COP:2.96, 冷房利用時の消費電力:1350W, 木造和室の最大暖房面積:11畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:14畳, 寒冷地での暖房能力:4.8kW, 暖房COP:3.21, 暖房利用時の消費電力:1560W

室内機サイズ:横:77cm、縦:283mm、厚さ:230mm, 室内機重量:9kg, 通年エネルギー消費効率(APF):5, 室外機サイズ:横:77cm、縦:283mm、厚さ:230mm, 室外機重量:38kg, 木造和室の最大冷房面積:15畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:23畳, 冷房能力:5.6kW, 冷房COP:2.49, 冷房利用時の消費電力:2250W, 木造和室の最大暖房面積:15畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:18畳, 寒冷地での暖房能力:6.3kW, 暖房COP:3.32, 暖房利用時の消費電力:2020W

室内機サイズ:横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm, 室内機重量:9kg, 通年エネルギー消費効率(APF):5.8, 室外機サイズ:横:77cm、縦:290mm、厚さ:230mm, 室外機重量:26kg, 木造和室の最大冷房面積:6畳, 冷房能力:2.2kW, 冷房COP:4.49, 冷房利用時の消費電力:490W, 寒冷地での暖房能力:2.7kW, 暖房利用時の消費電力:565W

室内機サイズ:横:75cm、縦:360mm、厚さ:230mm, 室内機重量:22kg, 通年エネルギー消費効率(APF):2.5, 室外機サイズ:横:75cm、縦:360mm、厚さ:230mm, 木造和室の最大冷房面積:4.5畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:7畳, 冷房能力:1.6kW, 冷房利用時の消費電力:660W, 鉄筋洋室の最大暖房面積:0畳

室内機サイズ:横:80.4cm、縦:42.5cm、厚さ:393mm, 室内機重量:30kg, 室外機サイズ:横:80.4cm、縦:42.5cm、厚さ:393mm, 木造和室の最大冷房面積:7畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:10畳, 冷房能力:2.5kW, 冷房利用時の消費電力:810W, 暖房利用時の消費電力:785W

AC-22PFT の関連記事
CS-50RJX2 の関連記事

CS-50RJX2 と評価が同程度のエアコンを探す

室外機重量:30kg, 木造和室の最大冷房面積:6畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:9畳, 冷房利用時の消費電力:440W, 木造和室の最大暖房面積:6畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:7畳, 暖房利用時の消費電力:450W

室外機重量:34kg, 木造和室の最大冷房面積:14畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:21畳, 冷房利用時の消費電力:1960W, 木造和室の最大暖房面積:14畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:17畳, 暖房利用時の消費電力:2620W

木造和室の最大冷房面積:11畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:17畳, 冷房COP:3.74, 冷房利用時の消費電力:1360W, 木造和室の最大暖房面積:11畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:14畳, 暖房COP:4.46, 暖房利用時の消費電力:2785W

木造和室の最大冷房面積:7畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:10畳, 木造和室の最大暖房面積:6畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:8畳

木造和室の最大冷房面積:6畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:9畳, 冷房能力:2.2kW, 冷房COP:5.57, 冷房利用時の消費電力:395W, 木造和室の最大暖房面積:6畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:8畳, 寒冷地での暖房能力:4.6kW, 暖房COP:6.29, 暖房利用時の消費電力:445W

室内機重量:12.5kg, 室外機重量:32kg, 鉄筋洋室の最大冷房面積:12畳, 冷房能力:2.8kW, 冷房COP:6.29, 冷房利用時の消費電力:1020W, 木造和室の最大暖房面積:7畳, 暖房COP:6.67, 暖房利用時の消費電力:1980W

木造和室の最大冷房面積:8畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:12畳, 冷房能力:2.8kW, 冷房利用時の消費電力:620W, 木造和室の最大暖房面積:7畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:8畳, 暖房利用時の消費電力:565W

室外機重量:29kg, 木造和室の最大冷房面積:10畳, 冷房能力:3.6kW, 冷房COP:3.56, 冷房利用時の消費電力:1290W, 鉄筋洋室の最大暖房面積:12畳, 暖房COP:4.26, 暖房利用時の消費電力:1700W

木造和室の最大冷房面積:15畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:23畳, 冷房能力:5.6kW, 冷房利用時の消費電力:1925W, 木造和室の最大暖房面積:15畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:18畳, 暖房利用時の消費電力:1925W

木造和室の最大冷房面積:7畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:10畳, 冷房利用時の消費電力:1080W, 木造和室の最大暖房面積:6畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:7畳, 暖房利用時の消費電力:1015W

室外機重量:34kg, 木造和室の最大冷房面積:10畳, 鉄筋洋室の最大冷房面積:15畳, 冷房能力:3.6kW, 冷房利用時の消費電力:1240W, 木造和室の最大暖房面積:11畳, 鉄筋洋室の最大暖房面積:13畳, 寒冷地での暖房能力:4.2kW, 暖房利用時の消費電力:1900W

エアコンランキング

カテゴリ一覧

人気エアコン

関連人気記事

新着情報