シャープ KI-PX75 と シャープ KI-PX100 の違いを徹底比較。広い点からまとめました!

作成日時: 2021-11-25 22:50:51、更新日時: 2021-11-25 23:14:05

シャープ KI-PX75シャープ KI-PX100
シャープ KI-PX75シャープ KI-PX100

「シャープ KI-PX100」と「シャープ KI-PX75」選ぶならどっちがおすすめ? よく注目される特徴を幅広く網羅・解説。どちらを選んだ方がいいのか、選ぶことに慣れていない人でもわかるでしょう。

シャープ KI-PX75シャープ KI-PX100
シャープ KI-PX75シャープ KI-PX100
総合評価:

59.2/100

(総合: 1132位)

61.7/100

(総合: 1072位)

騒音レベル
37/100
33/100
対応面積
75/100
97/100
フィルターの寿命
90/100
90/100
1分間あたりの最大風量
56/100
97/100
PM2.5除去率
30/100
30/100
木造建物の最大畳数
97/100
97/100
洋室使用時の最大畳数
97/100
97/100
1時間あたりの加湿量
97/100
97/100
タンク容量
69/100
97/100

シャープ KI-PX75は、騒音レベルが52dBであり、本体重量は13kgです。色はブラウンまたはホワイトで、対応面積は34畳です。フィルターの寿命は10年で、1分あたりの最大風量は5.9m³です。PM2.5除去率が99%であり、木造建物の最大畳数は15畳で、洋室使用時の最大畳数は25畳です。ニオイセンサー、温度センサー、ホコリセンサー、湿度センサー、照度センサーが備わっており、HEPAフィルター対応で、プラズマクラスターも搭載しています。1時間あたりの加湿量は900mLで、タンク容量は3.2Lです。加湿機能と脱臭機能があり、花粉モードにも対応しています。スマホとの連携も可能です。

シャープ KI-PX100は、騒音レベルが53dBであり、本体重量は16kgです。色はホワイトで、対応面積は46畳になります。フィルターの寿命は10年で、1分あたりの最大風量は10m³です。PM2.5除去率が99%であり、木造建物の最大畳数は17畳で、洋室使用時の最大畳数は28畳です。ニオイセンサー、温度センサー、ホコリセンサー、湿度センサー、照度センサーが備わっており、HEPAフィルター対応で、プラズマクラスターも搭載しています。1時間あたりの加湿量は1000mLで、タンク容量は4.3Lです。加湿機能と脱臭機能があり、花粉モードにも対応しています。スマホとの連携も可能です。

シャープ KI-PX75の騒音レベルは、ほとんど気にならないレベルであり、音は非常に静かです。また、本体重量が軽く、移動が簡単です。しかしながら、対応面積が34畳と比較的小さく、フィルターの寿命が10年ということで、費用対効果について考える必要があります。

一方、シャープ KI-PX100は、さらに広い面積に対応できるだけでなく、加湿量も大きく、タンク容量も大きいので、長時間使用することができます。脱臭機能や花粉モードなど、オプションも充実しています。しかし、本体重量がやや重たく、移動が少し面倒です。

総じて、どちらの空気清浄機も高い性能と機能を備えていますが、使用目的や環境に合わせて選ぶ必要があると言えます。シャープ KI-PX75は、小さめの部屋やオフィスで使用するのに適しています。シャープ KI-PX100は、大きな部屋や家庭で長時間使用するのに適しています。

おすすめ度としては、シャープ KI-PX75は、費用とパフォーマンスを考慮すると、やや抑えめです。シャープ KI-PX100は、高性能でありながら、若干の欠点もありますが、総合的に高い評価を得ています。よって、環境や使用目的により、選択を慎重にすることをお勧めします。

シャープ KI-PX100 と比較して シャープ KI-PX75 を選ぶメリット

  • 空気清浄能力

    31.9点 vs 0点

シャープ KI-PX75 と比較して シャープ KI-PX100 を選ぶメリット

  • 対応面積

    75.8点(34畳) vs 97.8点(46畳)

  • 最大風量

    56.1点(5.9m³) vs 97.8点(10m³)

  • タンク容量

    69.7点(3.2L) vs 97.7点(4.3L)

「シャープ KI-PX75」と「シャープ KI-PX100」を徹底比較する

便利機能について「シャープ KI-PX75」と「シャープ KI-PX100」を比較

花粉モード対応について

花粉モードに対応している空気清浄機は多くの空気を循環させ、細かい花粉も除去することできる点で優れています。例えば玄関や部屋の入口に置いて室内に花粉を持ち込まないようにするのに最適です。

シャープ KI-PX100もシャープ KI-PX75も花粉モードに対応している空気清浄機です。そのためフィルターの目がとても細かいので、しっかりと花粉を除去できる点で秀でています。どちらも朝のモーニングアタックを予防するのに向いています。

スマホ連携について

スマホと連携できる空気清浄機は外出先などから遠隔で操作できる点で使い勝手が良いです。例えば外出先などから遠隔で操作するのにおススメです。

シャープ KI-PX100もシャープ KI-PX75もスマホと連携できる空気清浄機です。そのため稼働状況を遠隔で把握できる点で使い勝手が良いです。どちらも色々な場所から稼働状態を管理するのにおすすめです。

センサーについて「シャープ KI-PX75」と「シャープ KI-PX100」を比較

ニオイセンサー搭載について

ニオイセンサーを搭載している空気清浄機はニオイに応じた効率の良い循環ができる点で秀でています。特に生活臭をセンサーが感知し除去するといったようなケースで役立ちます。

シャープ KI-PX100もシャープ KI-PX75もニオイセンサーを搭載している空気清浄機です。そのため自分では臭っているかどうか分からない人でも、一般的に臭っているかどうかを、機器の動作によって判断できる点で使い勝手が良いです。どちらも室内のイヤな匂いを除去するのにオススメです。

温度センサー搭載について

温度センサーを搭載している空気清浄機は温度に合わせて快適に動作できる点で優れています。特に部屋の温度感知し、それに応じた運転をするのにおススメです。

シャープ KI-PX100もシャープ KI-PX75も温度センサーを搭載している空気清浄機です。そのため室内の温度が分かりやすく確認できる点で使い勝手が良いです。どちらも温度と湿度を調整し、エコ運転するのにオススメです。

ホコリセンサー搭載について

ホコリセンサーを搭載している空気清浄機は浮遊ウイルスや浮遊しているホコリを除去できる点で使い勝手が良いです。特に掃除のあとの部屋のホコリの多さを検知し空気を綺麗にするようなケースで役に立ちます。

シャープ KI-PX100もシャープ KI-PX75もホコリセンサーを搭載している空気清浄機です。そのためハウスダストを除去することができる点で使い勝手が良いです。どちらも人の動きを検知し、埃が舞い上がるのを感知するのに適しています。

湿度センサー搭載について

湿度センサーを搭載している空気清浄機は部屋の中の湿度を検知し、ウィルス対策として加湿できる点で秀でています。特に部屋の湿度感知し、それに対応した運転をするようなケースに適しています。

シャープ KI-PX100もシャープ KI-PX75も湿度センサーを搭載している空気清浄機です。そのため適切な湿度に保つことができる点で秀でています。どちらも室内の湿度を快適なものに調節するのにオススメです。

照度センサー搭載について

照度センサーを搭載している空気清浄機は夜間に自動で動作音を静かにできる点で使い勝手が良いです。例えば暗室での稼働を自動調節してくれるため、就寝の際に寝室で使用するのに適しています。

シャープ KI-PX100もシャープ KI-PX75も照度センサーを搭載している空気清浄機です。そのため明かりを自動的に探知できる点で秀でています。どちらも寝室などの夜間も稼働するような室内で利用するのに適しています。

空気清浄機能について「シャープ KI-PX75」と「シャープ KI-PX100」を比較

HEPAフィルター対応について

HEPAフィルターに対応している空気清浄機は花粉やPM2.5の除去が期待できる点で優れています。特により細かい塵やウイルスなどを空気中から除去するといったときで重宝します。

シャープ KI-PX100もシャープ KI-PX75もHEPAフィルターに対応している空気清浄機です。そのため空気中のゴミや塵を除去できる点で使い勝手が良いです。どちらも従来よりもより高性能なフィルターを採用しており、ウィルス対策や空気中のにおい成分を除去するのにおすすめです。

プラズマクラスター搭載について

プラズマクラスターを搭載している空気清浄機は空気中の菌の抑制や消臭できる点で秀でています。例えば菌やウイルスを除去するのにおすすめです。

シャープ KI-PX75もシャープ KI-PX100もプラズマクラスターを搭載している空気清浄機です。そのためアレルギー物質の作用を抑制できる点で優れています。どちらも空気中のカビ菌やウィルスを抑えたいアレルギー体質の人が使用するのに向いています。

加湿機能について「シャープ KI-PX75」と「シャープ KI-PX100」を比較

1時間あたりの加湿量について

1時間あたりの加湿量が多い空気清浄機は短時間で加湿することができる点で使い勝手が良いです。例えば短時間でなるべく早く加湿するのに適しています。

1時間あたりの加湿量についてシャープ KI-PX75とシャープ KI-PX100を比較するとシャープ KI-PX75は900mLであるのに対してシャープ KI-PX100は1000mLです。シャープ KI-PX100もシャープ KI-PX75も加湿能力について差はほぼ無いと言えるでしょう。体感上の違いはありません。他の観点で比べる方が良いでしょう。

1時間あたりの加湿量評価
シャープ KI-PX75
900mL97/100
シャープ KI-PX100
1000mL97/100

タンク容量について

加湿機能で使うタンク容量が大きい空気清浄機は長時間稼働させておくことができる点で優れています。特に在宅ワークなどで一日中つけっぱなしにするといったようなケースで役立ちます。

加湿機能で使うタンク容量を比べるとシャープ KI-PX75は3.2Lでありシャープ KI-PX100は4.3Lです。1Lもの差があります。シャープ KI-PX75よりシャープ KI-PX100の方がかなり容量が大きいです。シャープ KI-PX100は長い時間、水を補給せずに使用できる点でシャープ KI-PX75よりも秀でていると言えます。シャープ KI-PX100は長時間空気清浄と加湿をするのに非常にオススメです。実際の利用を想定したときシャープ KI-PX75と比較してシャープ KI-PX100はとても優れていると言えます。シャープ KI-PX100に決めるための重要な理由の一つとなると思います。

タンク容量評価
シャープ KI-PX75
3.2L69/100
シャープ KI-PX100
4.3L97/100

加湿機能について

加湿機能を搭載している空気清浄機は空気洗浄だけではなく、部屋の湿度を上げることができる点で優れています。特に空気を綺麗に保ちながら、湿度を適切に管理するのに適しています。

シャープ KI-PX75もシャープ KI-PX100も加湿機能を搭載している空気清浄機です。そのため乾燥したお部屋に潤いを与えることができる点で秀でています。どちらも部屋の湿度の管理を手軽にするのにおすすめです。

空気清浄性能について「シャープ KI-PX75」と「シャープ KI-PX100」を比較

空気清浄能力について

空気清浄能力が高い空気清浄機はより空気を綺麗にすることができる点で優れています。例えば小さなチリやホコリ、花粉などを吸気するような場合で重宝します。

空気清浄能力についてシャープ KI-PX100と比較してシャープ KI-PX75はかなり高い能力です。広い屋内でも空気清浄ができる点でシャープ KI-PX75の方がシャープ KI-PX100よりも秀でているでしょう。持ち込んでしまった花粉など部屋の空気を素早くかつ綺麗にするのにシャープ KI-PX75は非常に向いています。実際の利用を想定したときシャープ KI-PX75とシャープ KI-PX100は体感上とても大きい差があります。シャープ KI-PX75に決めるための主な理由の一つになります。

対応面積について

対応面積が広い空気清浄機は広い空間の空気をきれいにできる点で優れています。特に広い部屋の空気をきれいにするような場合で役に立ちます。

対応面積をシャープ KI-PX75とシャープ KI-PX100を比較するとシャープ KI-PX75は34畳でありシャープ KI-PX100は46畳です。12畳の差があります。シャープ KI-PX100の床面積はシャープ KI-PX75と比較して比較的広いです。シャープ KI-PX100は広いスペースを対象に利用できる点でシャープ KI-PX75よりも多少優れているかもしれません。部屋の大小を選ばず大きな部屋でも使用するのにシャープ KI-PX100は多少おススメです。実際の利用を想定したときシャープ KI-PX75とシャープ KI-PX100は体感上比較的大きい差があります。シャープ KI-PX100の方がいいと言えます。しかし決め手になるほどの違いはないでしょう。

対応面積評価
シャープ KI-PX75
34畳75/100
シャープ KI-PX100
46畳97/100

フィルターの寿命について

フィルターの寿命が長い空気清浄機はフィルターにかかるコストを抑えることができる点で優れています。例えばより長く空気清浄機を使用するのに最適です。

フィルターの寿命について比べるとシャープ KI-PX100は10年に対してシャープ KI-PX75は10年です。シャープ KI-PX75もシャープ KI-PX100も寿命の違いはほぼゼロです。体感上の違いはありません。別の角度から決める方がよさそうです。

フィルターの寿命評価
シャープ KI-PX75
10年90/100
シャープ KI-PX100
10年90/100

1分間あたりの最大風量について

1分間あたりの最大風量が大きい空気清浄機はより速く空気を入れ替えることができる点で秀でています。特により短時間で空気を綺麗にするのに向いています。

1分間あたりの最大風量についてシャープ KI-PX100とシャープ KI-PX75を比べるとシャープ KI-PX100は10m³であるのに対してシャープ KI-PX75は5.9m³です。4.1m³もの違いがあります。1分間あたりの最大風量についてシャープ KI-PX100はシャープ KI-PX75に比べてとても大きいです。シャープ KI-PX100は広範囲で早い段階での清浄をできる点でシャープ KI-PX75よりも優れていると言えます。シャープ KI-PX100は極めて短時間で室内の空気を清浄するのにかなりオススメです。実際に利用する上でシャープ KI-PX100の方がシャープ KI-PX75よりも非常に優れています。シャープ KI-PX100を選ぶ主な理由の一つとなります。

1分間あたりの最大風量評価
シャープ KI-PX75
5.9m³56/100
シャープ KI-PX100
10m³97/100

PM2.5除去率について

PM2.5を含む有害物質やチリやホコリの除去率が高い空気清浄機は幼い子供を育児中、花粉症などアレルギーの対策できる点で秀でています。例えばアレルギー体質の人が使用するのに向いています。

PM2.5を含む有害物質やチリやホコリの除去率を比べるとシャープ KI-PX100は99%であるのに対してシャープ KI-PX75は99%です。シャープ KI-PX100の除去率はシャープ KI-PX75と差がほぼゼロです。感覚的にわかるほどの違いは無いです。他の視点から決めることをおすすめします。

PM2.5除去率評価
シャープ KI-PX75
99%30/100
シャープ KI-PX100
99%30/100

木造建物の最大畳数について

木造の建物で使う場合の対応畳数が広い空気清浄機は湿度が高くなる畳でもきちんと綺麗な空気を提供できる点で優れています。特により広範囲で使用するといったような場合で役立ちます。

木造の建物で使う場合の対応畳数についてシャープ KI-PX100とシャープ KI-PX75を比べるとシャープ KI-PX100は17畳であるのに対してシャープ KI-PX75は15畳です。木造の建物で使う場合の対応畳数という視点で見てみるとシャープ KI-PX75もシャープ KI-PX100も同じくらいと言えるでしょう。感覚的にわかるほどの差はありません。別の視点で比較した方がいいでしょう。

木造建物の最大畳数評価
シャープ KI-PX75
15畳97/100
シャープ KI-PX100
17畳97/100

洋室使用時の最大畳数について

洋室で使う場合の対応畳数が広い空気清浄機はLDKの間取りや大勢が集まることができる広間などで使用よりできる点で秀でています。例えばリビングなどの広い部屋で使用するような場合で重宝します。

洋室で使う場合の対応畳数について比較するとシャープ KI-PX75は25畳であるのに対してシャープ KI-PX100は28畳です。シャープ KI-PX75もシャープ KI-PX100も面積についての違いはほぼ無いです。体感できるほどの差は無いです。他の視点で比較する方がよいでしょう。

洋室使用時の最大畳数評価
シャープ KI-PX75
25畳97/100
シャープ KI-PX100
28畳97/100

デザインについて「シャープ KI-PX75」と「シャープ KI-PX100」を比較

騒音レベルについて

騒音レベルが低い空気清浄機は寝室など音が気になる場所でも安心して使用できる点で使い勝手が良いです。特に睡眠時の使用や在宅ワーク時に使用するといったような場合で役に立ちます。

騒音レベルを比べるとシャープ KI-PX75は52dBでありシャープ KI-PX100は53dBです。騒音レベルという視点においてシャープ KI-PX75もシャープ KI-PX100も同じくらいです。体感できるほどの違いはありません。別の角度から比べたほうが良いでしょう。

騒音レベル評価
シャープ KI-PX75
52dB37/100
シャープ KI-PX100
53dB33/100

本体サイズについて

サイズが小さい空気清浄機は持ち運びができてどこでも使用できる点で優れています。特にせまい居室で使用するといったような場合に適しています。

サイズをシャープ KI-PX100とシャープ KI-PX75を比べるとシャープ KI-PX100は横:70cm、縦:42.7cm、厚さ:345mmでありシャープ KI-PX75は横:65cm、縦:395mm、厚さ:305mmです。サイズという点で見てみるとシャープ KI-PX75はシャープ KI-PX100に比べて比較的小さいです。シャープ KI-PX75は設置場所を考えず使用できる点でシャープ KI-PX100よりもよいです。シャープ KI-PX75は収納やスペースを使わずに設置するのにやや適しています。実際に使うことを想定したときシャープ KI-PX75とシャープ KI-PX100の実用上の違いはどちらかといえば大きいです。シャープ KI-PX75がいいと思われます。しかし決め手になる程の差はないでしょう。

本体サイズ評価
シャープ KI-PX75
横:65cm、縦:395mm、厚さ:305mm15/100
シャープ KI-PX100
横:70cm、縦:42.7cm、厚さ:345mm0/100

本体重量について

重量が軽い空気清浄機は持ち運びが楽でどこにでも使用できる点で秀でています。例えば持ち運んで気軽に使用するといったようなケースで役に立ちます。

重量を比べるとシャープ KI-PX75は13kgに対してシャープ KI-PX100は16kgです。3kgの差があります。シャープ KI-PX75はシャープ KI-PX100よりやや重さが軽いです。シャープ KI-PX75は掃除機をかけるときに移動が簡単にできる点でシャープ KI-PX100よりもよいです。持ち運びが楽なので複数の部屋で使用するのにシャープ KI-PX75は多少向いています。実際の利用においてシャープ KI-PX100と比較してシャープ KI-PX75はどちらかといえばよいです。シャープ KI-PX75はシャープ KI-PX100より良いです。ただ非常に優れているとまでは言えないでしょう。

本体重量評価
シャープ KI-PX75
13kg9/100
シャープ KI-PX100
16kg0/100

メンテナンスについて「シャープ KI-PX75」と「シャープ KI-PX100」を比較

脱臭機能について

脱臭機能を搭載している空気清浄機は部屋の嫌な臭いを解消できる点で使い勝手が良いです。例えば梅雨の時期など洗濯物を部屋干しするようなときで役に立ちます。

シャープ KI-PX75もシャープ KI-PX100も脱臭機能を搭載している空気清浄機です。そのため自動的に異臭を感知して脱臭する事ができる点で使い勝手が良いです。どちらもペットを室内で飼っていてペット臭を緩和するのにおすすめです。

「シャープ KI-PX75」と「シャープ KI-PX100」の違いを表で比較する

シャープ KI-PX75シャープ KI-PX100
シャープ KI-PX75シャープ KI-PX100
デザイン
騒音レベル52dB53dB
本体サイズ横:65cm、縦:395mm、厚さ:305mm横:70cm、縦:42.7cm、厚さ:345mm
本体重量13kg16kg
ブラウン/ホワイトホワイト
空気清浄性能
対応面積34畳46畳
フィルターの寿命10年10年
1分間あたりの最大風量5.9m³10m³
PM2.5除去率99%99%
木造建物の最大畳数15畳17畳
洋室使用時の最大畳数25畳28畳
センサー
ニオイセンサー
温度センサー
ホコリセンサー
湿度センサー
照度センサー
空気清浄機能
HEPAフィルター対応
プラズマクラスター
加湿機能
1時間あたりの加湿量900mL1000mL
タンク容量3.2L4.3L
加湿機能
メンテナンス
脱臭機能
便利機能
花粉モード対応
スマホ連携

類似の空気清浄機を探す

他の空気清浄機と比較する

価格をチェック

類似の空気清浄機を探す

他の空気清浄機と比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

シャープ KI-PX75 の関連記事
シャープ KI-PX100 の関連記事

シャープ KI-PX75 と評価が同程度の空気清浄機を探す

ダイキン MC80R

本体サイズ:横:57.6cm、縦:40.3cm、厚さ:241mm, 本体重量:8.5kg, 対応面積:29畳, フィルターの寿命:10年, PM2.5除去率:99%

ナショナル EH3150

本体サイズ:横:40cm、縦:176mm、厚さ:156mm, 本体重量:2.5kg, 対応面積:12畳, フィルターの寿命:12年, 1分間あたりの最大風量:0.5m³, 洋室使用時の最大畳数:12畳

三菱電機 MA-WPV90B

騒音レベル:56dB, 本体サイズ:横:54.7cm、縦:42.5cm、厚さ:244mm, 本体重量:9.8kg, 対応面積:42畳, フィルターの寿命:8年, 1分間あたりの最大風量:9m³, PM2.5除去率:99%, 洋室使用時の最大畳数:42畳

acerpure pro AP551-50W

騒音レベル:56dB, 本体サイズ:横:57.6cm、縦:253mm、厚さ:253mm, 本体重量:4.22kg, 対応面積:30畳, フィルターの寿命:1年, 洋室使用時の最大畳数:27畳

パナソニック F-GMU01 (2022)

騒音レベル:32dB, 本体サイズ:横:170mm、縦:90mm、厚さ:90mm, 本体重量:400g, 対応面積:1畳, 1分間あたりの最大風量:0.065m³, 洋室使用時の最大畳数:1畳

シャープ KC-40TH5

タンク容量:2.5L, 騒音レベル:47dB, 本体サイズ:横:61.3cm、縦:399mm、厚さ:230mm, 本体重量:7.5kg, 対応面積:18畳, フィルターの寿命:2年, 木造建物の最大畳数:7畳, 洋室使用時の最大畳数:11畳, 1時間あたりの加湿量:400mL

もっと見る ▼

シャープ KI-PX75 の関連記事
シャープ KI-PX100 の関連記事

シャープ KI-PX100 と評価が同程度の空気清浄機を探す

ダイキン MC80R

本体サイズ:横:57.6cm、縦:40.3cm、厚さ:241mm, 本体重量:8.5kg, 対応面積:29畳, フィルターの寿命:10年, PM2.5除去率:99%

ナショナル EH3150

本体サイズ:横:40cm、縦:176mm、厚さ:156mm, 本体重量:2.5kg, 対応面積:12畳, フィルターの寿命:12年, 1分間あたりの最大風量:0.5m³, 洋室使用時の最大畳数:12畳

三菱電機 MA-WPV90B

騒音レベル:56dB, 本体サイズ:横:54.7cm、縦:42.5cm、厚さ:244mm, 本体重量:9.8kg, 対応面積:42畳, フィルターの寿命:8年, 1分間あたりの最大風量:9m³, PM2.5除去率:99%, 洋室使用時の最大畳数:42畳

acerpure pro AP551-50W

騒音レベル:56dB, 本体サイズ:横:57.6cm、縦:253mm、厚さ:253mm, 本体重量:4.22kg, 対応面積:30畳, フィルターの寿命:1年, 洋室使用時の最大畳数:27畳

パナソニック F-GMU01 (2022)

騒音レベル:32dB, 本体サイズ:横:170mm、縦:90mm、厚さ:90mm, 本体重量:400g, 対応面積:1畳, 1分間あたりの最大風量:0.065m³, 洋室使用時の最大畳数:1畳

もっと見る ▼

空気清浄機ランキング

カテゴリ一覧

人気空気清浄機

関連人気記事

新着情報